美智子さま、愛子さまに「雅子さま“悪口”」を吹き込む 「あなたのお母さんは…」



文/小内誠一(宮内庁OB)

美智子さまお誕生日を迎えて

10月20日、美智子さまが86歳のお誕生日を迎えた。初の庶民からの皇太子妃として国民の寵愛を一身に受け、「国民に寄り添う皇室」を体現された美智子さまはまさに偉大な「女優」だったと言えるだろう。そんな美しく偉大な美智子さまのエピソードを紹介したい。

平成という時代を通じて、天皇家と秋篠宮家は親密だった。秋篠宮ご夫妻のみならず、眞子さま、佳子さま、悠仁さまも、公式・非公式を問わず、頻繁に皇居に訪れていた。いまではイロイロあったため、眞子さまがだけが頻繁に美智子さまに御会いになり歓談されているという。祖母と初孫の愛情は令和になっても堅固だ。「目に入れても痛くない」とはまさにこのことだろう。

しかしその一方、天皇家と東宮家には溝があった。「皇太子」という重い立場を鑑みれば、秋篠宮家よりも皇居への出入りが多くて然りのはずである。だが、適応障害で苦しまれていた雅子さまのみならず、皇太子殿下までも皇居にいらっしゃるのは必要最低限であり、ご両親との間には深い溝があった。

この溝の深さを象徴するのは、皇太子殿下の「人格否定発言」だ。雅子さまの人格やキャリアを否定するような動きがある――。この衝撃的な発言は、ご両親である天皇皇后両陛下に相談されることなく発せられた。

メディアは犯人捜しをすぐに始めた。あわてて天皇陛下は文章を発表し、(火消しのため)その真意を明らかにするよう殿下を促した。しかし冷静に考えれば、「ご両親に相談しなかったた」という事実は、そこにこそ人格否定発言の原因があると告白しているようなものだ。

端的に回答を言えば、美智子さまが雅子さまの人格を否定されていたのだ。「石女」だの「無銭飲食女」だのと雅子さまの悪口を酒の肴にして、毎週のようにお茶会が開かれていた。

美しすぎる美智子さま。出発の朝の写真。

美智子さま「美しい私を国民が待っている」の確信 上皇さま泡吹く「ミテコ復帰論」が再燃

慈愛・慈悲に満ちた美智子さま?

このような平成皇室の異様さ、言い換えれば「陰口体質」の酷さを考慮すれば、皇太子殿下が頑なに皇居を訪れなかった理由は明白であろう。そう、これは雅子さまを守るための無言の抵抗だったのである。だが当時はこれと真逆の報道が続いた。

たとえば上皇陛下のご学友で、美智子さまの懐刀として名高い橋本明さんは(共同通信記者)は、自著『平成皇室論』(新潮社、2009)のなかで、「皇太子妃が一人で両陛下とお会いするのは、年一回の誕生日のみ。現実離れし過ぎている」と疎遠を嘆きながらも「温和なお人柄の皇后が皇太子のお妃をいじめるはずがない」と述べている。

しかし冷静に考えてみて欲しい。もし美智子さまが温和で人柄であったならば、雅子さまが適応障害でオランダ療養された際に、上皇陛下(当時、天皇)が「私的に外国を訪問したことは一度もありません」と発言されるはずがないだろう(2007年12月20日お誕生日会見)。慈愛・慈悲の美智子さまがどうしてこれを止めなかったのか?

慈愛・慈悲に満ちた美しき美智子さま——。だが侍従たちの日記を読むとイメージは異なる。入江相政侍従長(1905-1985)は、「東宮妃が予の書くものについて恨んでいらつしやるから当分内廷のことについては書かない方が無難と長官が云った由。あきれたことである」と述べている(昭和38年3月22日)。

また山田康彦侍従長(1907-1967)は、美智子さまにご実家(正田家)のべったり具合を諌言したところ「そこまで自由を縛るのか、顔も見たくない」と言われ、左遷されてしまったという(橋本明『美智子さまの恋文』新潮社、2007)。

これが美智子さまの本当の姿だったのだ。

愛子さまに雅子さまの悪口を吹き込む

少なくとも美智子さまは雅子さまを一方的に邪険にされていた。ここで驚くべき出来事を紹介したい。愛子さまが小学校に進学される少し前の事に起きたことだ。愛子さまの進学を記念して、皇太子ご一家は挨拶のために皇居に訪れ、陛下と美智子さまを交え歓談となった。歓談といってもどこか他人行儀で緊張感のある空気が漂う。

途中、雅子さまが席を立ち化粧室に行かれたときに事件は起きた。美智子さまは愛子さまを近くに抱き寄せると「あなたのお母さんは弱い人なの。お母さんみたいに育っちゃだめよ~」と仰った。その場の空気が凍った。天皇陛下も皇太子殿下も何が起こったのか理解できず唖然とされていた。

お解りだろうか? 平成の時代、皇太子ご一家が皇居に行かなかったのは、愛子さまを守るためなのである。いつぞやの会見で、上皇陛下が(当時天皇陛下)が、愛子さまと会う機会が少ないことを嘆いていたが、その原因は美智子さまにあると言わざるを得ない。

美智子さまのお見合い写真。この美しさに上皇陛下は一目ぼれだったという。

 

美智子さま「美しい私を国民が待っている」の確信 上皇さま泡吹く「ミテコ復帰論」が再燃