眞子さま「圭くんに録音されちゃった…」 秋篠宮さま“絶句”に、小室母子の高笑い「大勝利!」


美智子さまお誕生日と、眞子さまお誕生日

10月20日は美智子さまの誕生日、10月23日は眞子さまの誕生日である。慶事が続くことに多くの国民は心躍らせている。コロナ禍につき祝賀のお食事会などは開催されなれないことになっているが、宮内庁は警戒を怠らない。なぜか。

「宮内庁は、眞子さまが小室圭さんとの結婚宣言をゲリラ的に発表する可能性を恐れているようです。2019年7日の定例記者会見で、秋篠宮家を補佐する宮内庁の加地隆治・皇嗣職大夫は今後の見通しについて『何らかの発表があるのだろうとは思っている』との見方を示したものの発表の時期は『何とも申し上げられない』としました。ですが2020年10月15日の定例記者会見では、加地大夫から『行事などのバランスを見て、近く発表されるのではないか』と前向きな発言が飛び出しました。

多くのメディアは、この“行事”を11月8日に挙行される“立皇嗣の礼”と見て、その後に発表があるだろうと予想していますが、一部関係者からはこれを“眞子さまのお誕生日”と見て『10月23日に結婚宣言する可能性がある』という話まで出てきています」(皇室ジャーナリスト)

だが、“立皇嗣の礼”の前に結婚発表することは、父・秋篠宮殿下の晴れ舞台に泥を塗りかねない。そんなことは本当に起こりえるのだろうか? 宮内庁に務めるさる関係者は次のように語る。

「現在、秋篠宮家で結婚に前向きでないのは秋篠宮殿下だけのようです。紀子さまは9月11日の誕生文章で『長女の気持ちをできる限り尊重したい』と結婚を容認されました。また佳子さまは既に昨年3月のICU卒業文章において『姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい』と述べられ、当初から結婚を認める立場です。ですから交渉カードとして、眞子さまが『結婚を認めないなら、“立皇嗣の礼”に被せるぞ』と殿下に迫っていてもおかしくないでしょう」(宮内庁職員)

昨年行われたお誕生日会見にて、秋篠宮殿下は「(眞子さまと小室圭さんが)何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と述べられた。眞子さまも秋篠宮殿下も、誕生日会見では何を発表するのであろうか。

小室圭さんによる暴露本と録音

秋篠宮ご夫妻は、11月8日に行われる「立皇嗣の礼」を前に、眞子さまの結婚問題に目処つけておきたかったようだが、未解決のままこの儀式の日を迎えることになる。さらに現在では、より大きな懸念も存在するようだ。

「秋篠宮殿下の本心としては、可能であればすぐにでも破談の決断を下したいとお考えのようですが、眞子さまの結婚のご意思は固く、本人のご意思を尊重する必要もあります。また度重なる心労のため、秋篠宮殿下の発言が二転三転することも多く、まだまだ予断を許さない状況です。

また最近では結婚が破談となった場合に小室圭さん、もしくは小室佳代さんが暴露本を出版するのではないか、という懸念も囁かれているため、容易に破談の決定を下せない状況にあるようです」(皇室関係者)

また近頃では、眞子さまが小室圭さんが眞子さまや紀子さま、秋篠宮殿下などとの会話をテープで録音していたことを紀子さまに打ち明けたという。

「今年4月末、食事の席で眞子さまは秋篠宮さまに対してはっきりと『圭くんに私たちとの会話は録音されちゃっています』と打ち明けられました。

この告白に秋篠宮さまは思わず絶句しておられました。おりしも宮内庁が小室圭さんと暴露本出版の阻止や、破談交渉に本格的に乗り出したのは、この眞子さまのご発言の直後のことでしたから、相当大きなインパクトがあったことは間違いないでしょう」(前出の皇室関係者)

眩しい笑顔の小室圭さん。2017年9月3日の婚約内定記者会見(宮内庁提供)

 

小室圭さんが暴露する家庭内の秘密

小室圭さんが秋篠宮家での会議を録音していた——。

ここで思い出されるのは『週刊文春』2019年6月27日号の記事「小室圭さんが眞子さまに打ち明けた隠し録音」だ。小室家はこれまでの様々な修羅場を生き抜いてきており、重要な交渉は必ず録音や録画をしているというのだ。秋篠宮家との会話も当然録音されていると見るのが筋だろう。平成時代のの末まで宮内庁に務めていた小内誠一さんは次のように回顧する。

「もちろん宮内庁は小室母子が録音している可能性を考慮し、核心部分については触れないように努めてきました。秋篠宮家でも同様の対応がなされていることと思いますが、脇の甘い秋篠宮ご夫妻ですから、いろいろ口が滑ってしまい重要な機密が多数録音されてしまっていることは容易に想像できます。そうなると外交カードは向こうの手にあるので、こちらから下手に動くことはできません。小室母子の『大勝利!』という高笑いが聞こえてくるようです」(小内誠一さん)

現在、秋篠宮殿下は「秋篠宮家のある秘密」を暴露されることを大変恐れていると噂されている。結婚問題に関する発表の予定が延期となった背景には、この小室圭さんが出版する可能性があるとされる暴露本のことも影響しているようだ。

最強と噂高い小室母子。

 

7件のコメント

圭さんの母親がすべてのストーリを書いている。大学で真子様に後ろの席から声をかけたのも母親の指導。普通の親なら知り合った時点で息子を止めているはず。むしろ発破をかけているように見える。すべてが親の考えるストーリーどうりに圭さんは動いている。おそらく母親は人を動かす念力が強いのだろう。母親の人形だから真子様が幸せにはなれない。こんな母親とは一緒になれないと思う。

106
4

匿名で申し訳有りませんが、私はこのお二人と圭氏の母親も含め、皇族としての権利を無くして開放すれば良いと思います。これは、警護及びメデアも含めたすべての特措を無効化するということです。完全なる一般国民になるということ。なぜなら、皇族は日本の象徴として血税にて守られてくている訳ですし、当然、一般の方と同じように、収入と地位とプライベートを相関的影響を持って選択しなければならないと思う。過保護と売名を上手く利用して、この話題のある間に有名地位を手に入れ、皇族親子の絆をも利用しようとしている。振り回され公費まで拠出し我々納税者は祝福なと出来ようはずもない。

84
4

高笑いでしょうね。無念です。梅宮アンナの二の舞にならなければいいですが

37
5

違うでしょう。小室母子はすべての幸運は圭が眞子をゲットしたからと考えている。2人してどんなに眞子を持ち上げるだろうかは想像に難くない。その下心のいやらしさを見抜ける眞子ではない。秋篠宮家の教育が人間の深い在り方を追求する中身を持たなかったのだから、仕方がないのだと思う。小室家は母子家庭でよくやったアー?!他人にたかりまくり有難いとも思わず、何という親子だとしか思えない!見ている方が恥ずかしくなる!でもね、当人の出来の悪さはどうにもできないが、イギリスを見よ!王室はメーガン夫妻を追放している!あれでいいのだと思う❣

70
4

眞子さまのこれからの心労を考えると、秋篠宮家に戻って欲しい。 圭さんと別れる事が現実的でなかったら、皇族を離れる時の支度金授受がなかったので、全く離れたとは言えない、むしろ眞子さまを守る責務があると思います。 眞子様の婿として分家の形でもいいから許して、圭さんが拒否したら、生活費を出さない夫には離婚理由として成り立つから、主たる収入がどちら側かで決まると考える。 眞子様には倖せになって欲しい。 皇族に戻られるしかない。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。