佳子さま「もう小室圭のことは忘れて!」に、眞子さま「一夫多妻でもだめ?」と驚きの回答 紀子さま失神



文/佐藤公子

眞子さまのご結婚を応援され続けた佳子さま

“立皇嗣の礼”がいよいよ11月8日に執り行われる。同月30日には秋篠宮殿下55歳の誕生日であり、その会見は20日に開かれる予定だ。この日程を受け、11月8日から20日までに間に眞子さまが「小室圭さんとの今後の見通し」について何か発表するものと見込まれている。

「眞子さまの結婚の意思はダイヤモンドのように硬い。小室家の代理人である上芝直史弁護士は取材に『圭さんと眞子さまは連絡を取り合い、すぐにでも結婚したいと考えているが、実際に結婚するのは状況が整ってから』と答えています。よって眞子さまが何かを発表するとすれば、来年7月に小室圭さんがフォーダム大学を卒業するまで結婚延期——という内容になるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮殿下が2018年の誕生日会見(11月22日)に述べられた「多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況」には程遠いのが現状だ。だが、紀子さまは9月11日に発表した誕生日文章にて「長女の気持ちをできる限り尊重したい」と、消極的にながらも結婚容認に向きを変えたことは国民に衝撃を与えた。そして眞子さまと小室圭さんの結婚を積極的に後押しするのは佳子さまだ。

「昨年3月にICUの卒業に際し、宮内記者会の質問に回答された文書にて、佳子さまは『結婚は当人の気持ちが重要』『姉の希望がかなう形に』と答え、眞子さまのご結婚を応援されておりました。その後も多少の衝突はありながらも、基本的に一貫して眞子さまのご結婚を願っているようです」(同前、皇室ジャーナリスト)

小室家が『おめでたい感覚』のまま母・佳代さんの金銭トラブルがぐずつき、父殿下が求めた「国民の理解と祝福」が達成されいまま、結婚は強行されるのであろうか? 秋篠宮殿下と眞子さまの“公式見解”は11月中に発表される見込みである。

小室圭さん、眞子さま誕生日に「衝撃のプレゼント」 紀子さま泣き崩れるも、宮内庁「厳戒態勢」で対応

眞子さまへの応援も想いが揺らぐ佳子さま

このように秋篠宮家のなかで、眞子さまのご結婚を最も応援されていた佳子さま。だが秋篠宮家の奥に通じる関係者によれば「そんな単純なものではない」ようだ。

「仲睦まじい姉妹ですから、姉・眞子さまの幸せを佳子さまは願われていることは間違いありません。ですが“小室圭さんとの結婚=眞子さまの幸せ”という等式に疑義を持つことも多いご様子だと拝察いたします。

昨年3月のICU卒業に際しての文書では『メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています』と述べられていましたが、次第に『小室家についてメディアは事実しか述べていない』と気付かれたご様子です。

秋篠宮家に対して何の説明もせず、誠意を見せることもない小室家の態度から、次第に不信感を募らせていったようです」(秋篠宮家付き職員)

眞子さまのご両親である秋篠宮ご夫妻に対して、ほとんど何の説明もなくアメリカへ留学し、その後、国民からのバッシングに苦しむ眞子さまを一人日本に残して、アメリカで一人特別待遇を享受しながら快適な留学生活を送り続ける小室圭さんに対して佳子さまが不信感を抱くのもやむを得ないことといえるだろう。

美しすぎる佳子さま。皇室随一の美貌は海外からも「完璧すぎる」「モデルのようだ」と大絶賛されている。

ついに破談へ向け眞子さまを説得も、仰天返答

さらに、佳子さまのお考えを完全に転換させるに至る決定打となったのが、『女性セブン』2019年10月24日号で公表された「婚約は白紙状態」とする宮内庁見解であったようだ。

「当然ながら、佳子さまは、秋篠宮ご夫妻やその他の皇室関係者等がどれだけ強く結婚に反対しているかを重々承知しております。これまでは、“それでも姉が望むなら……”とあくまで応援する姿勢を貫いてきましたが、さすがに今回、「婚約は白紙状態」とする宮内庁の見解は公表されたことで、“どうしても結婚は不可能である”と思われたのでしょう。

“立皇嗣の礼”の挙行が決まった10月上旬には、ついに、眞子さまに対して『もう圭さんのことは忘れて!』と結婚を諦めるよう声をかけておりました。これに対し眞子さまは、何を勘違いされたのか『佳子の気持ちはわかる。圭くんは最高の男だもんね。一夫多妻だとだめかな? そういう制度の国に引っ越して一緒に幸せになろうよ!』と回答されていました。

もし紀子さまが聞かれていたら泡を吹かれて失神されていたこと間違いありません。眞子さまの心身の健康をお祈りしております」(同前、秋篠宮家付き職員)

今回の佳子さまの心境の変化により、ついに最後まで結婚を応援し続けてくれた妹の支持まで失うこととなった。当然、佳子さまのお言葉は、眞子さまの幸せを想って語られたのだと、承知ではあるはずだが、それでも最後の味方を失った眞子さまは大変なショックを受けられたようだ。

小室圭さん、眞子さま誕生日に「衝撃のプレゼント」 紀子さま泣き崩れるも、宮内庁「厳戒態勢」で対応