紀子さま「小室家の面倒は、愛子さんが見てください」のご慈愛  佳代さん「秋篠宮とは親戚」の勝利宣言



文/高山麻子

秋篠宮家に注目集まる

10月24日、天皇家の長女・愛子さまが学習院大学に初登校された。長引くコロナ禍も落ち着き、国民にも皇室にも「平穏な日常」が戻ってきたことに、多くの国民は喜びの声を上げている。これも愛子さまへの期待が、単なる皇女にとどまるものではなく、ぜひ即位していただきたいという国民の熱意が昇華した証左だろう。

一方、この前日10月23日に、秋篠宮家の長女・眞子さまが29歳のお誕生日を迎えられた。立皇嗣の礼を11月8日に、秋篠宮殿下のお誕生日を11月30日に控え、年内にも眞子さまの婚約について大きな進展があるのではないかと見られている。週刊誌各社は、同家関連の報道に熱を込め始めている。

姉妹仲良くセルフィーも

「『週刊新潮』(10月22日号)では、“佳子さまの熱心なご活動にも応援の声が寄せられていない”、小室圭さんのおめでたい認識は、現実と大きく乖離している”と冷嘲的です。また、『女性自身』(11月3日号)では、“眞子さま、佳子さま以外応援ゼロで菅首相に急接近”などと報じ、秋篠宮家が菅氏に結婚式の主賓スピーチを依頼し、政権との距離を縮め、国民の反発の抑え込みにかかっているなどとしています。

また、『週刊女性』(11月3日号)でも、“眞子さま、400日後に紡ぐ“潔白”花婿”との見出しで、佳代さんの金銭授受に関するすべての時効成立と、小室圭さんが正式に弁護士資格を取得できる’22年1月の訪れを待って、今年の11月には再延期を発表、’22年中に結婚するおつもりだとの予測を立てています。いずれにしても各社、結婚については既定路線であると見ている状況です」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

紀子さま「悠仁のほうが優秀でイケメン!」 愛子さま「幼馴染」に向けた“修羅”

久子さまのコラムが話題

昨年に続き、今年の年末も秋篠宮家のお家騒動が世間を賑わせそうな状況。同家以外の皇族方はこの期間も熱心なご活動を続けておられ、その明暗ぶりは“くっきり”といった状況だ。

天皇、皇后両陛下は8月15日の「全国戦没者追悼式」以来、外出公務は控えておられるが、ほぼ毎週のように御所に専門家らを招いて話を聞かれ、関係者らを労い続けている。貧困や虐待に苦しむ子供や、要介護のお年寄りなど、より多くの助けを必要としている人々に光を当てて、励まし続けるお姿には多くの国民が感動し癒やされていることだろう。

国民文化祭で、障害者アートの展覧会を鑑賞する天皇、皇后両陛下

また、高円宮妃の久子さまが今月12日に奈良県の春日大社を訪問され、近代彫刻の名匠として知られる森川杜園の特別展をご鑑賞されたが、これに合わせて隔月で連載を持つ「婦人画報」(11月号)に、コロナ禍で懸命に頑張る人々にメッセージを寄せられた。

「医師、看護師に加え、病院・製薬・医療関係者の皆さま、またボランティアや関係者のご家族など、目に見えない形で一所懸命につとめていらっしゃるすべての方に、この場をお借りして敬意を表したいと思います。」

国民の目に見える形で、コロナ禍で熱心な活動ぶりをアピールする秋篠宮家には冷笑が浴びせられているものの、両陛下や久子さまの控えめなご発信、人々を思いやる温かいメッセージは大きな歓迎を受けている。SNS上などでは、久子さまのコラムについての感想として「胸が熱くなった」「儀式を何が何でもやろうとする秋篠宮家とは品性が違う」などのコメントが寄せられた。

紀子さまの佳代さんへの指示

眞子さまの一件について先送りを続けてきたため、昨年よりも追い込まれている秋篠宮家。宮内庁OBの小内誠一氏は、紀子さまのご心情をこう察する。

「コロナという大きな試練を前に、紀子さまは熱心なご活動を続けてこられました。おそらく、500着の手作りガウン寄贈や、佳子さまの手話メッセージ動画、紀子さまが『肺の健康世界会議』に寄せた英語メッセージは、何とかこの苦境を脱したい、国民に真摯な活動を理解して欲しいという思いがにじみ出たものであったと思います。思ったような声援がない中でも、皇族である以上何らかの発信は続けていく必要がある、紀子さまは大きなジレンマを抱えていらっしゃることでしょう」(小内誠一氏)

そんな中、渦中の小室佳代さんにも新たな動きがあったようだ。横浜市港北区の小室邸の近隣住民はこう話す。

「佳代さんは、圭さんがNY留学に発った2018年8月以降、勤務していた人気洋菓子店を休職していました。しかし、今年4月に圭さんの代理人弁護士を務める上芝直史氏が間に入り、職場復帰していたんです。復職時に佳代さんは店長さんに“経済的な理由”と話して、職場でも“頑張ってくれるなら”と快く迎えたそうです。応援を受けて順調に勤務していたと聞いていたんですが…。最近になって“一身上の都合”ということで正式に退職したと聞きました」(近隣住民のAさん)

佳代さんの急な復職と退職。この背景には、紀子さまが佳代さんに出したある指示があるようだ。

「佳代さんが言うには、今年初め頃の紀子さまとのやり取りで『復職して、借金問題に向き合っている姿勢を人々に示してください。ウチ(秋篠宮家)に頼るといろいろと週刊誌が騒ぎます。愛子さんが面倒見が良いので、そちらに頼って面倒を見てもらってください』と指示を受けたとか。紀子さまは眞子さまの心が圭さんに向かい続けていることから、昨年末頃から破談路線でなく、小室家のイメージ回復を図っていこうとあれこれアイディアを佳代さんに投げてきたそうなんです。

でも佳代さんの脇が甘くて『週刊女性に通勤をキャッチされちゃった! 海外セレブみたいじゃない?』って…。その記事を見てみたら“1日で4回のタクシー利用”、“スターバックスの4000円以上するステンレスボトルを利用”なんて書いてありました。

セレブへの強い憧れを持っているとも

佳代さんが話すには、紀子さまはこの一件があってから『これ以上あれこれと広まるよりかは』と、生活面は皇室で支援すると申し出てきたとか。しばらくはおとなしくしておいて欲しいってことでしょうね。

佳代さんも『私達もう皇室と親戚も同然だから~』と高笑いが止まらないって感じで、悠々自適な生活を送ってらっしゃいますよ」(近隣住民のAさん)

10月24日、学習院大学に初登校された愛子さま。完全無欠の皇女として「女性天皇へ!」という期待は高まるばかりだ。

 

 

紀子さま「悠仁のほうが優秀でイケメン!」 愛子さま「幼馴染」に向けた“修羅”