美智子さま「眞子への誕生日プレゼント」が物議 「立皇嗣の礼には私が代わりに出ましょう」



文/伊藤友香子

皇室の近況

24日、天皇、皇后両陛下の長女・愛子さまが初めて大学に登校された。愛子さまは今回、新型コロナウイルスの影響により実施が見送られていた新入生向けのガイダンスを受けられたとのこと。

紺のジャケット、グレーのスカートという爽やかな装いに、マスク姿でお出ましになった愛子さまは、集まった報道陣の問いかけに対し「半年遅れではありますが、先生方や学生の皆さんにお会いできることをうれしく思います」と笑顔でお答えに。国民に対しても「新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、皆様が普段どおりの生活や活動ができるようになることを心より願っております」と温かく呼びかけた。

凛々しき愛子さま。マニッシュな装いが美しい。国民から絶大な人気を誇るスーパープリンセス。

 

皇室の公務自粛が続いた今年も残り2ヶ月となった。徐々に外出公務解禁の兆しが見える中、23日には来日していた英国のトラス国際貿易相が、両陛下の訪英について「来年の訪英日程の再調整がかなうのであれば、それを切望する」とした。両陛下は今年5月、英国のエリザベス女王の招待を受け、同国への国賓訪問が決まっていたが、新型コロナの影響により日程再調整となっていた。両陛下の海外公式訪問を待ち望む声は多く、この報道に対しては多くの喜びと期待の声があがった。

紀子さま6億円で買い取る、小室圭さん「極秘・録音テープ」の存在 佳代さん「すべてを握っていますよ」と薄笑い

眞子さま「立皇嗣の礼」辞退宣言

また、秋篠宮家の発信も続く。24日、秋篠宮殿下は福井県で開かれた「みどりの愛護のつどい」に動画でのメッセージを寄せられた。同家では紀子さま、佳子さまがそれぞれ「肺の健康世界会議」、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」「国際ガールズメッセ」に動画でのメッセージを寄せられており、訪問がかなわない中での発信方法の模索が続いている。

一方で、秋篠宮家関連の報道に対しては、天皇ご一家や他の皇族方のような温かい声は寄せられていない。11月8日に秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」を控えているが、これが終わればいよいよ眞子さまから小室圭さんとの婚約問題について何らかの発表をされると見られている。

大多数の国民が、皇族のお相手として、金銭トラブルを抱える小室家はふさわしくないのではないか? という思いを抱えている一方で、眞子さまのお心は現在も小室圭さんに向かい続けているという。国民の関心は高く、秋篠宮家への信頼感は薄れる一方だ。

「2年半以上にも渡る期間の中で、秋篠宮ご夫妻は眞子さまの説得に成功しなかったということです。両殿下と眞子さま、佳子さまの対立構造は進行し、皇室内部では一家離散を危ぶむ声も挙がっています。秋篠宮殿下は愛する娘を小室さんの元に送ることに、納得できずにいらっしゃいます。時には強い言葉で諭されることも多く、連日のように宮家ではケンカが勃発しています。最近では眞子さまが『圭くんをもっと応援して。そうしないと、立皇嗣の礼を祝う気はありません。欠席させていただきます!』と迫ることもあるほどです」(秋篠宮家関係者)

美智子さまから眞子さまへのプレゼント

秋篠宮殿下にとって「立皇嗣の礼」は、ご自身が皇位継承順一位となったことを国内外に示す一世一代の晴れの舞台だ。殿下はかねてより「できるだけ沢山の祝福を受けたい」という想いをお持ちであったとのことで、規模の縮小に加え、愛する娘までもが不在という事態はあまりにも辛いことに違いない。

「眞子さまを応援し続ける佳子さままで、殿下にこういったお言葉を投げかけられることもあるのです。殿下のお悩みは深まるばかりです」(同前)

その秋篠宮殿下が、妻である紀子さまよりも信頼し、相談を寄せるのが上皇后美智子さまである。美智子さまは今年3月末に皇居から現在のお住まいである仙洞仮御所に引っ越しされ、長期間に渡り巣ごもり生活を続けておられる。悩み深き秋篠宮殿下、眞子さまのお悩み相談に乗られることが現在の生きがいとなっており、眞子さまが殿下に投げた「立皇嗣の礼欠席宣言」についても重く受け止められているようだ。ある仙洞仮御所関係者はこう話す。

「23日、眞子さまが29歳のお誕生日を迎えられました。例年であれば宮邸に招かれ、ご一家と誕生日パーティーを楽しまれますが、今年はこれを見送られました。代わりに、プレゼントを贈られ、眞子さまにお電話を入れられたのです。

美智子さまは殿下と眞子さまのお悩みを、同時に解消されたいと考えられたのでしょう。『眞子、立皇嗣の礼には私が代わりに出ますよ』と提案されたのです。美智子さまは、儀式に前向きになれない状況で眞子さまが出席されるよりも、ご自身が出席し、殿下に直接祝を伝えるほうが、場がうまく収まるとお考えになったのでしょう。決して、眞子さまのお言葉を利用してご自身が目立とうとされたわけではございません」(仙洞仮御所関係者)

紀子さま6億円で買い取る、小室圭さん「極秘・録音テープ」の存在 佳代さん「すべてを握っていますよ」と薄笑い