週刊誌の彬子さま批判に、雅子さま困惑 記者「紀子さまから貴重な助言を参考に」



文/木下聡

両陛下の捧げられた平和への祈り

終戦からちょうど75年が経過した今月15日。東京都千代田区にある『日本武道館』にて開かれた『全国戦没者追悼式』に天皇皇后両陛下が臨席された。

昨年同様、正午に参列者全員で1分間の黙祷した後、天皇陛下がおことばを述べられた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、青森や大阪、沖縄など約20府県の遺族代表が欠席したため、参列者は来賓を含めて約500人のみ。昨年の1割弱の人数で、過去最少となった。

政府関係者の間からは、「コロナウィルスの第二波が到来しているこうした状況で、開催することは妥当であるか?」といった疑問の声も上がる中での開催となったようだ。

「毎年行われる『全国戦没者追悼式』の式典は、両陛下にとって“最重要公務”と位置づけられております。関係者の間からは、“秋篠宮家のようにリモートで見守られては?”といった意見もあったようですが、おそらく、両陛下には“直接参加して祈りをささげ、追悼の言葉を述べたい”といった思いがあったのではないでしょうか」(全国紙社会部記者)

戦没者追悼式が初めて行われたのは1952年で、日中戦争以降の戦没者を悼むための式典である。昨年、追悼式に参加し兵庫県代表として献花した森本堅介さん(79)は、両陛下が参列された際の感動について『週刊女性PRIME』の取材に答え次のように述べている。

「昨年は献花という重責を感じながら参加させていただきました。しかも、ちょうど両陛下の目の前の席となり、手足が震え、言葉に言い表せないほどありがたい体験で、献花した際には涙が出ましたね。

 上皇ご夫妻は平成時代、世界各地の戦争地にまで足を運んで慰霊され、戦争体験を語り継がれました。われわれも同じように親から子、子から孫に、戦争の悲惨さを絶対に語り継がなければなりません。今後も両陛下には、追悼式へのご出席を通じて、平和の大切さを国民に伝えていただきたいと思います」

『週刊女性PRIME』(2020年8月20日)

コロナウィルスの感染者が増加して以降、国民の前に姿を見せられることがほとんどなかった天皇皇后両陛下であるが、この式典に関しては特別な思い入れを持たれていたようだ。また、同時に、遺族らにとっても両陛下が臨席されることは特別に重要な意味を持つ。

美智子さま「彬子さまバッシング」に歓喜! 「雅子さんは宮家に文句ばかりで心が狭い」のお言葉

【必見!】紀子さま「黙って見守って」 小室問題を2年半「放置」で焦れる国民に“慈愛のアドバイス”

外出を繰り返す女性皇族

天皇ご一家や、秋篠宮家のコロナウィルスの問題に対する意識や警戒心は極めて強く、今年行われる両陛下の外出を伴う公務は追悼式への出席が、“今年最初で最後”となると言われており、また秋篠宮ご一家も、多くの公務を直接出席されるのではなく、リモートなどで参加されることが多くなっている。

しかし、そうした中にあっても奔放に外出を繰り返し、関係者らを困惑させている皇族もおられるようだ。今週発売された『女性セブン』では、外出自粛が求められる中、故・寛仁親王の長女彬子さまが、NPO活動のためにしばしば地方へ移動されていることに関して、批判的に報じている。

「彬子さまはNPOのご活動のため、不急不要の異動の自粛が訴えられている間にも、何度も地方に出かけられています。もちろん、ご活動自体は素晴らしいことなのですが…。他の皇族方が自粛されている中でたびたび出かけられることを疑問視する声もあるようです」

『女性セブン』(2020年9月3日号)

記事では、彬子さまの地方と都内との間の移動により、皇室内にクラスターを発生させ得るというようなことが書かれ、さらに続けてこうした彬子さまの身勝手に対して、雅子さまが唖然とされていると報じている。

しかし、こうした記事に関して天皇ご一家とも近い関係にある宮内庁関係者は次のように否定する。

「雅子さまは、彬子さまのご活動の意義も十分に理解されておりますから、週刊誌に書かれているように、彬子さまが不急不要の外出を繰り返していると感じて唖然とされる、などということがあるわけがありません。

ところが、この報道では、こうした批判が起こることを先回りして予想してか、表紙に“雅子さまあ然の女性皇族「コロナ無視」の奔放”などというタイトルを掲載していながら、実際の記事中では、コロナ無視の彬子さまの振る舞いに“唖然とされていてもおかしくないのではないだろうか”と記者の主観的な感想のみが書かれているのです。

残念ながら、私には、こうした記事から、雅子さまを他の宮家から孤立させようという悪意しか感じられません(宮内庁関係者)

記者に悪質な記事を書かせた紀子さまの一言

実は、週刊誌の記者がこうした悪質とも思える記事を書くことになったのは偶然ではないようだ。別の宮内庁関係者は次のように語る。

「紀子さまは、普段からジャーナリストなどのメディア関係者らと付き合いが多いのですが、実は、ある時雑誌記者の前で『雅子さんはこんなにしっかりと自粛してコロナに気を使っているのに、外出ばかりしている彬子さんにはお困りなのではないでしょうか』と仰られたことがあったのです。

現在は、天皇陛下やその他の皇族方らは自粛生活を続けており、ご皇室に目立った活動が見られないなか、週刊誌等の皇室記者らは記事のネタ探しに必死になっている状況です。

ですので、おそらく先の紀子さまの一言を聞いていた記者は、まさに『これ幸い』とばかりに飛びつき、すぐさまこのアイディアを社内に持ち帰り、『雅子さまが自由奔放な彬子さまに唖然としている』といった記事を書き上げたことでしょう」(別の皇室関係者)

現在、こうした報道に対して雅子さまは大変困惑されているという。紀子さまがどういった意図で先のような発言をされたかは分からないが、少々不用意であったのではないだろうか。

美智子さま「彬子さまバッシング」に歓喜! 「雅子さんは宮家に文句ばかりで心が狭い」のお言葉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です