秋篠宮さま“大失態”に宮内庁が騒然 「新嘗祭の前に新米たべちゃった!」のご謀反



文/高山麻子

立皇嗣の礼が迫る

11月8日、秋篠宮殿下が皇位継承順1位の皇嗣となったことを宣言する「立皇嗣の礼」が行われる。9月6日には悠仁さま、11日に紀子さま、10月23日に眞子さま、11月30日に秋篠宮殿下がお誕生日を迎え、儀式のあとに眞子さまの「結婚宣言」を控えるなど、秋篠宮家への関心は非常に高い。

今年前半は、外出を伴う公務が軒並み見送りとなり、一時は皇室と国民との交流機会も失われつつあった。しかし、天皇、皇后両陛下は毎週のように専門家を御所に招き、コロナ禍での国民生活に心を寄せ続けている。そんな皇室の中でも、特に目立ったご活動を続けられるのが秋篠宮家だ。

「医療機関への手作りガウン寄贈や、佳子さま、紀子さまに続き秋篠宮さまも『みどりの愛護』のつどいにメッセージ動画を寄せられるなど、画期的なお取り組みをされています。眞子さまのお相手の小室圭さんの件をめぐり、国民からの信頼を失いつつある宮家ですが、コロナ禍に入ってからはより一層国民の目線を意識したパフォーマンスにも力を入れられているように感じます」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

「家庭円満」を強調する秋篠宮家

こういった秋篠宮家のお取り組みは、必ずしも国民の歓迎を受けているとは言い難い。一方、紀子さまは宮家の威厳回復のため、連日のように職員らとの会議を行い、今後の発信方法について模索を続けられているという。

天皇陛下「愛子を天皇にするのはやめてください」衝撃の肉声をついに公開!

お車代は貴重な収入源

また、秋篠宮家の熱心なご活動の背景には、国民からの信頼回復という意味の他に、公務に伴う謝礼、いわゆる“お車代”の回収の意味合いもあるという。

「天皇、皇后両陛下と上皇ご夫妻は、5名で年間で3億2400万円を私費である『内廷費』として受け取っています。これに対し、秋篠宮家の5名には平成の間『皇族費』が年間5490万円が支給されていました。

御代替わりに伴い、秋篠宮家は内廷外皇族でありながらも、東宮同等の皇族費約1億2,300万円を受け取れるようになりました。さらに、公務には『謝礼』を受け取れるものもあり、これは紀子さまにとっても極めて重要な収入源となっているのです」(秋篠宮家関係者)

しかし、コロナでの公務減に、紀子さまは「家計が苦しい…」と嘆いておられたという。

「紀子さまは、悠仁さまを育てるためにかかる費用について『この金額で家計をやりくりするのは困難』とおっしゃるのが口癖です。というのも、宮家を支える宮務官の他にも、主に悠仁さまの英才教育を担う部門に私的に雇った職員をさらに拡充したいとお考えなのです。

このため、出席予定だった式典やイベントの中止が相次いだときには『動画や文書を寄せるので、お車代は例年通り』とのご要望を団体側に投げておられたのです」(秋篠宮家関係者)

東大進学を噂されるほど優秀な悠仁さま

「新米を先に食べちゃった」に騒然

悠仁さまの教育において、非常に熱心なことで知られる紀子さま。一家総出で様々な公務にお出ましになり、動画メッセージを寄せられた背景には、悠仁さまの教育資金を潤沢にしたいという一人の母としての愛情がお有りだったようだ。

「殿下と紀子さまは、多忙な日々の合間にお忍びでご旅行に行かれることが多く、その殆どがいわゆる“グルメツアー”“酒蔵ツアー”などです。紀子さまはお忍びで訪れた店などでめぼしいものがあれば、『ぜひ献上して!』とお声をかけられるようです。皇族からのお声がけはお店や生産者にとって誉れですし、宮家の食料品は常に献上品で賄われていると言っても過言ではありません。

先日、新潟県の米問屋から宮邸に特Aランクの魚沼産コシヒカリが献上されました。通常、皇室では『新嘗祭』が行われるまで新米はお召し上がりにならないことになっているのですが、両殿下とも、そのことをすっかり失念なさっていたようです。解禁前に召し上がってしまうという失態を…。宮内庁は一報を聞き一事騒然となり、『大事な神事の前に…』と驚きの声が挙がりましたが、紀子さまは責められているとお感じになったのでしょう。『秋篠宮家は将来の天皇家ですから問題ありません!』と想定外のお返事を。来年以降は、くれぐれもお気をつけていただきたいものです」(宮内庁関係者)

天皇陛下「愛子を天皇にするのはやめてください」衝撃の肉声をついに公開!