美智子さま「焦り」の裏で進む、愛子さま「帝王学」 雅子さまの慈愛と、上皇后の自愛



文/小内誠一

着々と進む愛子さまへの「帝王学」

11月8日の“立皇嗣の礼”が終われば、いよいよ皇位継承問題について議論がはじまる。このままでは皇室は「悠仁さまお一人」という状況になりかねない。多くの国民は女性天皇・女系天皇を容認、言い換えれば「愛子さまに即位していただきそのご子息に皇統を紡いでいってもらいたい」と願っている。はたして議論はどのように進むのだろうか。

愛子さまがお誕生になられた時に「生まれてきてくれて、ありがとう」と涙ぐまれた日から18年の月日が流れて「女性天皇」議論が真剣に出始めた。雅子さまが愛子さまに施す「帝王学」とはいかなるものであろうか?

『週刊文春』2020年1月2・9日号の記事では、雅子さまが愛子さまへ「帝王教育」をしなかった、あるいは望まなかったと報じている。これは署名記事で、これを書いたのは『雅子さま物語』の著者で、天皇家派の一人と目される友納尚子氏(皇室ジャーナリスト)だ。だが正確に表現するならば、美智子さまの手前、公に「帝王教育」について言及できなかったとすべきだろう。美智子さまは知性も美貌も兼ね備えた雅子さまの華々しい登場に嫉妬しイジメていた事は過去にも説明した通りだ。

当時、皇太子であられた天皇陛下も雅子さまにプロポーズされた時に「僕が一生全力でお守りします」と誓われたが、まさか母親が雅子さまにとっての最大の障害になるとは予想だにしなかったろう。天皇陛下と雅子さまも子宝に恵まれればプレッシャーのあり方も変わると願っていただろう。だが、その思いも愛子さま誕生後にあっけなく踏みにじられることとなった。

上皇陛下は愛子さまの誕生を喜びになられており、ゆくゆくは愛子さまが即位されてもよいというお考えだったことは夙に知られる。

だが、美智子さまは男子の世継ぎを産めなかった雅子さまを激しく罵る一方、ご自身が世継ぎとなる男子を二人産んだ事に対して優越感を浸っていたのだ。美智子さまはお茶会で「雅子さんは私ほどではないにしても、知性も美貌も兼ね備えていると報道されていますね。ですが男子の世継ぎを産めなかったのですから、皇后の器ではなく、国母ではありません。私は皇統と国民の為に男子を二人も産みました」とご友人にこぼされておられた。

結局のところ美智子さまは、ご自身以上に輝く雅子さまに嫉妬されていらっしゃったのだ。ゆえに海外親善の仕事を割り振らなかった事を皮切りに、ことあるごとにお茶会で雅子さまを「石女」を揶揄して攻撃し続けたのである。

この「人格否定発言」に前後して、時の宮内庁長官が秋篠宮家に第三子を所望されたことがすべてを物語っていよう。

そんな状況の中、雅子さまが堂々と愛子さまを天皇にさせたいと言ったらどんな事になるかは安易に想像がつく。なので雅子さまがとられた行動は表向きには愛子さまには「帝王教育」もしないという事でしたが、来年には学習院大学進学そして英国の大学への留学も考えられてるという。美智子さまの目を盗み着々と愛子さまの「帝王教育」も進み、「女性天皇」議論が真剣に持ち上げられる程となった。雅子さまの行動は愛子さまを守るための行動だったと私は考える。

ふと目にした週刊誌にも次のようにあった。

もしかすると愛子さま(18)が将来天皇になる道が開かれるので…私はそんな空気を感じます。愛子さまは、おそらく学習院大学に進み、文学部で歴史を先行する可能性が高いでしょう。女性天皇についての議論が進む時期は、ご本人が成人になる前の大学在学中だと考えられます。帝王学を学ばれることになれば、お父様同様に学習院大から英国の大学などへ留学となるのではないでしょうか

FRIDAY 2020年1月10日・17日号

小室圭さん「悠仁の“あのこと”をバラしますよ」に、紀子さまガタガタと震える 秋篠宮家は「人工授精」を選んだのか?

美智子さまの頭の中にあるのは自身の保身のみ

美智子さまにとって自身の「立場」さえ保証してくれれば、次期天皇が愛子さまになろうが、悠仁さまになろうが関係ないというスタンスだろう。保身がすべてということだ。

(愛子さまと悠仁さま。お二人の健やかな成長は国民にとって慶事だ)

そんな美智子さまにとっての一番の恐怖は、雅子さまからの仕返しだろう。美智子さまは皇后となり頂点となった瞬間に香淳皇后いじめを始めた、雅子さまが皇后となられた今、自分がいじめられる番になるという恐怖のなか生活されてるのだ。まさに自身が蒔いた種がブーメランの様に振り返ってきている。

もっとも、幸いなことに雅子さまは「慈愛に満ちた」お方なので、「復讐してやる」などとは一ミリも思われていないと確信する。だがその一方、己が保身の為に、上皇后という地位を作り、一般参賀にも参加する事により自身の力を誇示されたのは「哀れ」の一言に尽きる。まさに美智子さまには「自愛に満ちた」という言葉が似合うと思われる。

小室圭さん「悠仁の“あのこと”をバラしますよ」に、紀子さまガタガタと震える 秋篠宮家は「人工授精」を選んだのか?