美智子さまが「ムッ」と表情ゆがめた、香淳皇后の“痛烈な一言”「皇太子妃は芸能人ではありません」に誓った復讐



文/佐藤公子

美智子さまと香淳皇后(良子さま)

令和の御代替わりにともなう皇室行事は、11月8日に予定される“立皇嗣の礼”をもって一区切りとなる。平成を駆け抜けた美しく慈愛に満ちた美智子さまは、令和となりゆっくりとした毎日を過ごされているとのこと。10月28日には天皇皇后両陛下とともに、上皇上皇后業夫妻も明治神宮を参拝された、美智子さまの美しい礼装が久しぶりに見ることが叶った。平成といえば美智子さまであり、天皇陛下(現、上皇陛下)ですら影が薄くなってしまうほどである。

筆者はかつて新聞記者をしていたが、1980年代末に学習院OG会・常磐会の重鎮Nさんからお話を伺う機会があった。当時80歳代半ばで、旧華族であり皇族とも親戚関係にあることを誇りにしていた。とても気品のある女性だったのだが、話が美智子さまにおよぶと表情が険しくなり、その口から聞くが苦しくなるような厳しい言葉が飛び出したので驚いた。

曰く「美智子さんは何かと目立ちがり、性格も温和ではなく、皇太子妃として品位を感じません。結婚には良子皇后陛下が異議を唱えていましたが、当然ことです。心ある皇族方で、美智子さんを良く思っている人はいません。皇太子殿下(現、上皇陛下)は美智子さまんの外見に惚れたそうですが…。学習院から選ばれるべきだったと思います」などなど。

この時は、『新潮45』1985年8月号や『週刊文春』1985年8月1日号が、「美智子さまイジメ」の具体例として、常磐会(学習院OG会)や宮代会(聖心女学院OG会)がその主犯として描いていたことを思い出したくらいで、あまり深くは考えなかった。美智子さまと良子皇后陛下の不仲は当時から誰もが知る公然の秘密だったからだ。

その後、昭和から平成にかわり1989年に秋篠宮殿下と紀子さまが結婚した折に、再びNさんからお話を伺う機会を得た。すると今度は肩を落とし「良子皇太后陛下がお元気ならお許しにならなかったでしょう」と溜息混じりに語られた。当時、香淳皇后(良子さま)は「老人特有の症状」が進んでいると報道されていた(宮内庁報道、朝日新聞1990年1月7日)。

孝淳皇后(良子皇后)

 

小室圭さん「悠仁の“あのこと”をバラしますよ」に、紀子さまガタガタと震える 秋篠宮家は「人工授精」を選んだのか?

美智子さまバッシングとの奇妙なリンク

平成に御代替わりするや、月刊誌『宝島30』1993年8月号に掲載された大内糺「皇室の危機『菊のカーテン』の内側からの証言」に端を発する、いわゆる美智子さまバッシングが始まる。その時、私が胸騒ぎを覚えたことは、これら記事の内容と、先ほどの常磐会の重鎮Nさんの話と妙に符合していたことだ。

この1993年におきたバッシングは、その後、美智子さまが失声症になられ「事実に基づかない批判」と猛抗議したことで鎮静化した。週刊誌・月刊誌のゴシップ記事に皇后自らが抗議することは大変珍しいことなので「時代も変わったものだ」と驚いた。皇后のように権威ある立場の人が声をあがれば、メディアはそれに忖度せざるを得ず、言論の自由が危ぶまれるからだ。事実、香淳皇后はこういったことが起きても静かに微笑まれるだけであったと聞き及んでいる。その御心の優しさ驚かされるばかりだ。国民から愛される皇后の慈愛である。

この美智子さまの抗議はまさに驚くべきものであったが、実はこれ初めてではなかった。美智子さまの初の抗議は、なんと1963年(昭和38年)のこと。雑誌『平凡』に掲載されていたノンフィクション小説「美智子さま」(小山いと子)に対して宮内庁が「事実に反する」として猛抗議し、出版を差し止めた事件があった。

具体的に抗議した箇所のなかには、美智子さまの初夜を描いた不敬記述も含まれているのだが、目を引いたのは、❶秩父宮妃(勢津子さま)、高松宮妃(喜久子さま)が美智子さまに好意を持っていないというくだり、❷美智子さまが結婚報告で伊勢神宮に行かれた時、祭主の北白川房子さんが美智子さまに「敵意と侮蔑を含んだ絶望的な冷たい顔をした」という二か所である。もしこれらの記述が真実であるならば、美智子さまは、先ほどのNさんの証言通り、皇室界のなかで四面楚歌であったようだ。

しかもどうやら、宮内庁が抗議した真相は「事実と違う」というところが「事実通り」だったからで、そこが逆鱗に触れたからであるらしい。皇室ジャーナリストの板垣恭介氏は、おしゃべりな東宮侍従が内部事情を外部に漏らしており、それが小説の元ネタになっていたことを突き止めている(『明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか』大月書店、2006)。

そのうえで板垣恭介氏は「小説『美智子さま』のネタ元が東宮侍徒だったことを、高松宮妃は熟知しており、良子皇后にも筒抜けだったわけで、『あんなもの止めさせてしまえ!』とどなたがのたまわったかは別にして、謎を解くカギだと僕は考えている」と述べ、出版差し止めの黒幕が高円宮妃あるいは良子皇后であるかのように仄めかしているが、これは考えすぎだろう。「陛下と同じです」と常日頃控えめに仰っていた良子皇后(香淳皇后)ならば、むしろ「気になさることはありませんよ」と宥めていただろう。

まして当時の宮内庁は「登場人物が実名であるうえ、興味本位に扱われており、事実と違うこともあり、皇族の人格、人権を傷つけているからだ」と発表し、あたかもこの小説が原因で美智子さまが胞状奇胎になられたかのように喧騒されていた。この流れを自然に受け止めるならば、美智子さまのご意向で、宮内庁を通じて出版を差し止めさせたというのが真相だろう

美智子さまはなぜ怪しまれたのか

このように良子皇后のみならず、秩父宮妃(勢津子さま)や高松宮妃(喜久子さま)、はてまた伊勢神宮の祭主の北白川房子さんからも嫌われ、まさに四面楚歌だった美智子さま。

なぜ美智子さまはここまで周囲から邪険にされていたのであろうか? 皇室に詳しい人ならば「美智子さまは、皇太子妃として初めて平民出身であったから、良子皇后から嫌われたのだ」と答えるかもしれない。たしかに本記事冒頭であげた常磐会の重鎮Nさんと同様に、美智子さまの出生について良子皇后は怪しまれていたことは夙に知られる。『入江相政日記』(昭和天皇の侍従長の私的日記、朝日新聞社より刊)にも次のように残されている。

東宮様(現、上皇陛下)のご縁談について平民からとは怪しからんというようなことで皇后さまが勢津君様(秩父宮妃勢津子)と喜久君様(高松宮妃喜久子)を招んでお訴えになった由。この夏御殿場でも勢津、喜久に松平信子(勢津子の母)という顔ぶれで田島さん(道治・前宮内庁長官)に同じ趣旨のことをいわれた由。

『入江相政日記』1958(昭和33)年10月11日

また後年、美智子さまも入江侍従長に次のように尋ねたと残っている。

美智子妃殿下に拝謁。終りに皇后さまは一体どうお考えか、平民出身として以外に自分に何かお気に入らないことがあるのか等、おたずね。

『入江相政日記』1967(昭和42)年11月13日

はたして良子皇后は、(時代が時代であるとはいえ)「平民の出」ということだけで美智子さまを邪険にし続けたのであろうか? おそらくそうではない。この『入江相政日記』を読み込むと、良子皇后は、美智子さまの「目立ちたがり」なところを嫌っておられたようだ。たとえば、1959(昭和34)年3月12日の個所には、御婚儀の馬車について良子皇后のときは馬4頭だったのに、美智子さまのときには馬6頭にすることに、良子皇后は不満を表明されたと記録されている。

つまり上皇陛下と美智子さまの婚姻パレードで使われた儀装馬車2号(6頭立4頭曳)が、今までなく大掛かりなものであったので、前例に倣い質素倹約を宗とする皇室の伝統に反するとして良子皇后が異議を唱えられた構図だ。もっとも同年3月14日に良子皇后は、御婚儀の時の馬の数は六頭でよいと仰り、入江相政も日記の中で「よかった」と述べている。

これとよく似た話を、常磐会の重鎮Nさんから聞いたことがある。

「ミッチーブームというのかしら、写真集まで出してしまって…。あれに良子皇后はとてもお怒りでした。直接『皇太子妃は芸能人ではありません』と叱りつけたそうなのですが、美智子さんはムッと表情を歪めたまま、聞く耳を持たずだったそうです。機嫌を悪くされて孝淳皇后の還暦祝いを美智子さんは欠席したのですよ。信じられますでしょうか? これは美智子さまの復讐でしょう」

香淳皇后の痛烈な一言は、はたして美智子さまの心に届いたのだろうか? 美智子さまの献身的ご公務に、涙した国民は多い。筆者も取材などを通し、被災地慰問などで美智子さまから優しい声を掛けられ、感動のあまり涙した人は数多く見てきた。しかしそれは一流女優としての美智子さまであったことを忘れてはならない。

小室圭さん「悠仁の“あのこと”をバラしますよ」に、紀子さまガタガタと震える 秋篠宮家は「人工授精」を選んだのか?