美智子さま、週刊誌「護摩焚き」で、雅子さま退散供養!「石女の分際で…」と恨み節



文/佐藤公子

燃え盛る週刊誌の山

“立皇嗣の礼”が11月8日に迫る中、仙洞仮御所の一角では沸々と“情念”が沸き起こっているという。ほかでもない。美智子さまの“情念”だ。

天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下、ならびに秋篠宮同妃両殿下は10月28日、創建100周年となる明治神宮を参拝された。もちろん主役は美智子さまだった。

「マスクにサングラスといういでたちに、現場は『ヤクザの姉さんが来たのか?』と騒然となりました。上皇職から話を伺いましたが、雅子さまにだけは負けたくないという想いから、コロナ禍での外出自粛を打ち切られたようです」(皇室ジャーナリスト)

いったい美智子さまに何があったのか? 側近は率直に次のように教えてくれた。

「どうも美智子さまは、雅子さまを絶賛する週刊誌記事ばかりなのにご立腹のようです。『まだまだ私は現役でなければなりません。雅子さんはコロナ禍なのに沈黙を守っていますね。私ならビデオメッセージをすでに出しています。男子を産めなかった石女(うまずめ、子供に恵まれなかった女性の意)の分際で、どうしてメディアは雅子さんを褒めたたえるのでしょうか?』と毅然と仰る姿には、まだまだ時代は平成——という想いがにじみ出ています。

実はこの10月に美智子さまは、過去の週刊誌を読み返して過去の栄光に思いを致そうとされました。ですが過去の週刊誌は今年3月に皇居から引っ越される折に焼却してしまい手元にはゼロ。そこで新しく週刊誌を取り寄せたのですが、雅子さま絶賛論調に驚かれたそうです。これが今回のお出ましの直接原因です」(上皇職)

美智子さま「雅子は恩知らず!」に、天皇陛下「老害はいいかげんに」の慈悲

美智子さまの週刊誌断ち

今年2月某日夜、吹上御所の一角で紅蓮の炎が上がった。引っ越し作業のため毎晩のように紅蓮の炎が上がっていたのだが、その日だけはまさに特別だったという。関係者は次のように振り返る。

「皇族方のプライベートなゴミは、情報流出を防ぐために敷地内で焼却処分をすることが通例です。もちろん専用の焼却炉も置かれており、目立たぬよう夜の間に焼却されます。

上皇ご夫妻のお引越しが間近に控えているため、連日、私物が山と積まれていました。ですが、その日のことはよく覚えています。美智子さま秘蔵の週刊誌コレクションに『償却』のシールが貼られ庭先に積み上げられていました。およそダンボール箱300箱分ほどの週刊誌の束を焼却いたしました。

奇しくもその数日後、宮内庁が『美智子さまが週刊誌を読み過ぎて吐血された』と発表しました。美智子さまはいわば中毒とも噂されるほど週刊誌がお好きでしたので、断捨離は大切だと思います。週刊誌を遠ざけることで美智子さまの健康が回復されますことを心よりお祈りいたします」(上皇后関係者)

美智子さまお出ましで護摩焚き

皇后として歩まれた30年余のあいだに集められた週刊誌。それは美智子さまにとって人生の一部であったに違いない。週刊誌が燃やされる段になるや、美智子さまが現れ、ご自身の手で涙ながらに数冊の週刊誌を焼却炉に放り入れたという。

「美智子さまが突然現れて驚きました…。やはり週刊誌には深い思い入れがあったのでしょう。数冊の週刊誌を手にされ、その中をパラパラめくりながら涙されていました。その後、目頭を押さえながら、手にされた週刊誌を火の中に…。

あまりの崇高なお姿に周りの上皇職からもすすり泣く声が漏れ出ました。これは美智子さまにとって、単なる週刊誌の処分だったのではなく、未来へ向かうための護摩焚きだったのです」(同前・上皇后関係者)

そう語るとこの上皇后関係者もハンカチで目頭を押さえた。国民との結びつき以上に、美智子さまと週刊誌との結びつきは強いのだ。週刊誌と共に歩まれた美智子さまの人生を振り返れば、関係者が涙するのも当然だろう。

美智子さま。その美しさは永遠に。

美智子さまの想いと愚痴

秘蔵の週刊誌コレクションを火にくべる美智子さま。高輪皇族邸で自粛されるその心中では何が燃え滾っているのだろうか? ある宮内庁関係者は次のように推測する。

「美智子さまはここの所の週刊誌の“手のひら返し”に複雑な心境のようです。『雅子さんは、なにやっても褒めらて羨ましいわ』とまで…。やはりここ最近の雅子さまブームに思いは色々とあるようです。週刊誌護摩焚きは、雅子さま人気を超えてみせるという美智子さま流の“悪霊退散”だったのかもしれません」(宮内庁関係者)

この他、関係者の話を総合すると美智子さまは「人気復活」のために様々な計画を練っており、それが今回の明治神宮参拝に繋がっていると識者は見ている。はたして美智子さまの人気は復調するのだろうか?

美智子さま「雅子は恩知らず!」に、天皇陛下「老害はいいかげんに」の慈悲