美智子さま「雅子は恩知らず!」に、天皇陛下「老害はいいかげんに」の慈悲


文/木下聡

86歳のお誕生日を迎えられた美智子さま

今月20日、上皇后美智子さまは86歳の誕生日を迎えられた。美智子さまは、体調不良に加え、新型コロナウィルスの感染拡大に対する懸念から、今年は初めのころから極力外出を控える自粛生活を続けられていた。

上皇ご夫妻は、今年3月末に皇居から東京都港区の仙洞仮御所に転居された。仙洞仮御所に転居されて以降、美智子さまは毎日長い時間を上皇陛下と過ごされており、朝夕にはお二人で庭を散策することを日課とされているという。

美智子さま、86歳に 医療従事者らの努力に心寄せる(朝日新聞) - goo ニュース
上皇陛下と笑顔でお話される美智子さま
現在は仙洞仮御所にて穏やかな日々を過ごされている

 

美智子さまは昨年、白内障と乳がんの手術を受けられているが、現在も体調は優れないようだ。宮内庁によると、今年の5月以降、ほぼ毎日午後には体温が37度を超え、翌朝平熱に戻る症状が続いているという。

「美智子さまは、現在体調こそ優れませんが、上皇陛下と共に静かで心穏やかな日々を過ごされております。名前の通り、美しく知的な美智子さまは、今も健在です。いつ現場復帰しようとかとワクワクされています。

朝夕にお二人で庭を散策される際には、仲良く談笑され、とても幸せそうなご様子で共に過ごす時間を楽しまれているようです。大変素晴らしいことです」(宮内庁関係者)

時に強いストレスを感じられることも

このように、穏やかな日々を過ごされている美智子さまだが、体調不良や、自粛のためにお出掛けや、知人や友人らとの交流が出来ないことに強いストレスを感じられてもいるという。

また、そうしたストレスから、周囲に厳しくあたられることが多くなっているようだ。『女性セブン』の記事では、次のような皇室記者の言葉が紹介されている。

お体の異変に加えて、長引くおこもりの生活。夏頃には美智子さまのご様子も“限界”と感じられることが少なくなかったという。

「終わりの見えないコロナ禍に不安が募るのも無理はありません。特に美智子さまは国民の模範であろうとされ、非常に厳しく生活を制限されてきました。いつもは穏やかで冷静な美智子さまが、その生活の厳格さのあまり、周囲に強いお言葉で接されることもあったそうです。やはり強いストレスを抱えておられ、このままでは心身にも重大な影響があるのではないかと周囲は震撼したそうです」

『女性セブン』(2020年10月8日号)
まばゆい美しさを放つ美智子さま。

 

お誕生日に雅子さまを非難される美智子さま

こうした強いお言葉は、周囲の職員のみならず、時に皇后雅子さまに向けられることもあるようだ。今年のお誕生日に、両陛下は「上皇ご夫妻にコロナウィルスを感染させてはならない」という配慮から挨拶に伺うことを控えられたのだが、そのことに関して美智子さまは強い不満を抱かれたという。

「昨年、上皇后美智子さまがお誕生日を迎えられた日には、台風19号による大雨災害で多くの人々が被災していたため、当日予定されていた祝賀行事はすべて取りやめとし、ご一家での昼食会のみを行われました。

しかし、今年は、昼食会もなく、また両陛下が挨拶にも来られなかったため、美智子さまには複雑な感情が沸き起こったようです。特に雅子さまに対しては、『雅子さんも偉くなりましたね。恩知らずとはこういうことでしょう』『国民から大人気になったら、私に対する恩も忘れてしまったのかしらね』などと強いお言葉を用いられました。もっとも天皇陛下からすれば『雅子は皇后です。当然です。老害はいいかげんに』と仰りたいところでしょうが。

一方で、紀子さまは、上皇ご夫妻に対して、電話にて挨拶をされていたようです。ですが、通話中のほとんど時間、美智子さまは、如何に雅子さまが目上に人間に対する敬意を欠いたけしからん人物であるか、ということについて紀子さまに向かって滔々と語られていたそうです」(前出の宮内庁関係者)

平成の時代には、慈愛の心に満ちた偉大な皇后陛下としてカリスマ性を発揮されてきた美智子さま。しかし、常に優雅で穏やかな物腰や言動により、周囲の者からの尊敬を集めてきたのも、もはや過ぎ去った過去の話のようだ。

残念なことではあるが、体調不良や、厳格な自粛生活に伴うストレスにより、現在では、周囲に強い言葉を用いられることが多くなっており、職員の中にはそうしたご様子に辟易する者も少なくないという。

3件のコメント

美智子様も充分お年寄りに貢献して来た方ですが、やはり時代は変わったので国民は雅子様に心を寄せております。
あの様なキャリアを持つインテリが人間力も備わった素晴らしい方で、国民は本当に安心して日本を見守って頂ける方です。
本当にお気持ちがお優しい雅子様だったから皇室に入り、お悩みになり精神を病んでいった事はある意味、当たり前の精神をお持ちだったからこそだと思う。
自分の力と努力でハーバード、東京大学、外務省に貢献されていた方でしたね。
社会人として、当たり前の様に仕事をしていたのです。
皇室は異質な所だったのです。
合わせて日々過ごして行くのは、大変だったと思います。
その点、紀子さんは仕事をした事も無く大学時代から秋篠宮と付き合って王室を出入りしていた人間とは、同じLINEで考えたら、それは間違いです。
やっと、雅子様の時代が来ましたね。
30年間皇室特権乱用して来た、秋篠宮夫婦とは違います。御清潔です。
何もかも美しく、世界の皇室と信頼尊敬し合い、晩餐会の時の雅子様は優美でしたね。
それに引き換え、紀子さんは恥ずかしいです
恥さらしだから、参加しないで下さい。
世界の皇室も見てますよ。
美智子様は、雅子様の素晴らしい人間性を信じて、任せれば良いのです。
これが民意ですよ。

33

私も、雅子様万歳さまのご意見に大賛成です。
雅子様は、女性のキャリアとしては最高のものを持っておられましたが、当時の皇太子さまの熱烈なプロポーズを受け入れる決心して、一般人では想像もできないくらいの大決心をして皇室に入られました。
その後は想像に難くないお世継ぎの期待や、ご結婚までの世界とは全く違ったしきたりに悩んで、心の病に罹ってしまわれました。
でも、今、ようやく少しずつ自信を取り戻されたのか、明るい表情が見られるようになったのはとても嬉しい事です。即位の日のパレードで流された涙を拝見し、これまでどれだけの重圧に苦しんでおられたのか…と、こちらも涙を誘われました。本当にご立派だと思います。
しかしながら、今後、皇室を継続するためには、皇室そのものが変わっていかなければならないのではと思います。
美智子様、雅子様がなさったご苦労を今後の皇太子妃や皇后にも課して良いのでしょうか? 現代の教育を受け、情報社会、特にSNSなども自由にされている皇室の方々には無理であり酷であると思います。
眞子さまの結婚問題も含めて、今後の皇室の在り方を考えなければならない時期に来ているのだと思います。

15

私も、雅子様万歳さまのご意見に大賛成です。
雅子様は、女性のキャリアとしては最高のものを持っておられましたが、当時の皇太子さまの熱烈なプロポーズを受け入れる決心して、一般人では想像もできないくらいの大決心をして皇室に入られました。
その後は想像に難くないお世継ぎの期待や、ご結婚までの世界とは全く違ったしきたりに悩んで、心の病に罹ってしまわれました。
でも、今、ようやく少しずつ自信を取り戻されたのか、明るい表情が見られるようになったのはとても嬉しい事です。即位の日のパレードで流された涙を拝見し、これまでどれだけの重圧に苦しんでおられたのか…と、こちらも涙を誘われました。本当にご立派だと思います。
しかしながら、今後、皇室を継続するためには、皇室そのものが変わっていかなければならないのではと思います。
美智子様、雅子様がなさったご苦労を今後の皇太子妃や皇后にも課して良いのでしょうか? 現代の教育を受け、情報社会、特にSNSなども自由にされている皇室の方々には無理であり酷であると思います。
眞子さまの結婚問題も含めて、今後の皇室の在り方を考えなければならない時期に来ているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。