美智子さま豪華絢爛ファッションショー「眞子を元気にしたい」 タイ王室報道を受け決意



文/伊藤友香子

悩み深き秋篠宮家

秋深まる中、国内の観光需要喚起策「Go To トラベル」が好調で、行楽地は賑わいを見せているそうだ。特に、開放感溢れ三密回避ができるアウトドアは大人気を博しており、皇室ゆかりの那須も毎週のように登山客で賑わっているという。

復調する国内情勢の中、11月8日には秋篠宮殿下が皇位継承順1位となったことを宣明する「立皇嗣の礼」が行われる。秋篠宮家においては、9月に紀子さま、悠仁さま、10月に眞子さまがお誕生日を迎えられるなど、喜びが続いている。しかし同家には、慶事続きとは思えない陰惨な空気が漂い続けているという。

「言うまでもなく、この空気は眞子さまと小室圭さんの婚約延期問題が運んできたものに他なりません。両殿下と眞子さまは、小室家の金銭トラブルの向き合い方に関して意見を異にしています。秋篠宮殿下は、眞子さまに身ぎれいなまま嫁いで欲しいと願われています。しかし殿下から小室家と元婚約者側との話し合いについて問うと『もう解決済ですと何回言えば良いですか?』と切り返されてしまうのです。

紀子さまは既に眞子さまの説得を諦められ、悠仁さまのご成長だけが心の拠り所といったご様子です。ご両親と眞子さま、佳子さまの対立、悠仁さまの母子密着など、懸念が山積しているのです」(秋篠宮家関係者)

秋篠宮家は美しい家族愛を取り戻せるのか

眞子さま“立皇嗣礼を欠席”で「皇籍離脱」か 秋篠宮さま「うえ~ん、ママー」と号泣! 紀子さま「実家に帰らせていただきます」

眞子さまと美智子さまの距離

このような状況の中、かつて紀子さまと非常に親密な関係を築き、眞子さまを大変可愛がってきた美智子さまは、秋篠宮家と距離を置かれているそうだ。

「小室圭さん関連報道が過熱するとともに、美智子さまのご発言がリークされ週刊誌に載ったことがありました。この事がきっかけとなったようです」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

宮内庁は報道に過敏に反応して、2018年5月25日付で、以下のように熱のこもった抗議文を発表している。

皇后さまは、ご自分の名のもとに、両陛下としてあれ程までにお守りになろうとされた眞子さまや秋篠宮両殿下の周辺で、静かな熟考のために保たれるべき環境に思いも寄らない様々な雑音が立てられていることを驚き、悲しんでおられ、陛下もまたそのことに深くお心を痛めておられます。

皇后さまは、これまでもご家族のどなたかが苦しい状況におありの時は必ず、それは家族全体の苦しみだからと言われ、心配しつつ見守ってこられました

眞子内親王殿下に関する最近の週刊誌報道について

もちろんこれは、美智子さまのご意向が反映されたものであり、美智子さまの推敲が入ったものだった。美智子さまは、ご自身の発言が秋篠宮家にとっての雑念とならないように、十分に配慮なさっているのだ。

だが、元宮内庁職員の小内誠一氏は、宮家への配慮だけではなく、美智子さま自身のホンネとして「距離を置きたい」のだと指摘する。

美智子さまの本心としては、小室圭問題について『もうどうしようもない』と嫌気がさしていらっしゃるのでしょう」(小内誠一氏)

美智子さま、眞子さまのためにファッションショーを

長引く小室問題に嫌気がさしているのは、どうやら国民だけではないようだ。しかし、ある仙洞仮御所の関係者は「美智子さまが眞子さまを“見捨てた”というわけではない」と断言する。

「美智子さまはいつも眞子さまのことを案じられています。眞子さまは幼い頃から笑顔がお可愛らしく、また孫の中で最も美智子さまの面影があるということで、将来は皇室に残り、宮家当主として皇室を支えてほしいと強く期待をかけられていたのです。小室家の問題についてお知りになるまで、『将来小室夫妻が住めるように高輪を今のうちに改修しちゃいましょう』とおっしゃり、高輪皇族邸の改築案を自らご提案されたほどでした。

美智子さまは、最近眞子さまとお会いできておりません。赤坂から秋篠宮家のご様子についてお聞きになる度にお心を痛められています。先日、タイのシリワンナワリー王女が、自身が手掛けるファッションブランドのために国家予算4,300万円を投じてショーを行ったことが報じられましたが、美智子さまはこの報道をご覧になりながら『眞子のために、こういった催しがあると良いかもしれませんね』とおっしゃいました。表立って眞子さまを庇えない代わりに、様々な方法で眞子さまを元気づけられていと考えられているのでしょう」(仙洞仮御所関係者)

眞子さま“立皇嗣礼を欠席”で「皇籍離脱」か 秋篠宮さま「うえ~ん、ママー」と号泣! 紀子さま「実家に帰らせていただきます」