秋篠宮さま「盗聴器が付いている!」の疑心暗鬼 紀子さま「私が付けました」の慈愛 “立皇嗣の礼”リハーサルにて大事件



文/木下聡

立皇嗣の礼で人気回復を狙う紀子さま

今月2日、「立皇嗣の礼」のリハーサルのため、天皇皇后両陛下は、皇居に入られた。この日、皇居・宮殿では、「立皇嗣の礼」の儀式の中の一つで、両陛下と秋篠宮殿下が言葉を交わされる「朝見の儀」のリハーサルが行われ、儀式の所作などを慎重に確認されたという。

リハーサルは大変な緊張に包まれた雰囲気の中で行われたようだ。「立皇嗣の礼」は秋篠宮殿下が皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを国内外に広く示す儀式であり、秋篠宮家にとってまさに最大の晴れ舞台である。それだけに動作の確認も非常に念入りになされた。

また、この日のリハ―サルでは、天皇皇后両陛下が参加されたことも緊張感を強める大きな要因となったという。

「紀子さまは雅子さまをライバル視し、強い対抗心を持たれていることで知られておりますが、そうしたライバルの前で儀式の所作を見せられるのですから、たとえリハーサルであっても失敗は許されません。

リハーサル当日は、そうした紀子さまのやる気と緊張感が職員らに伝わったこともあり、会場全体が、かつてないほどピリピリとしたムードに包まれておりました」(宮内庁関係者)

眞子さまのご結婚が延期となって以来、秋篠宮家は世間からの強い逆風に晒されているが、紀子さまは、今回の「立皇嗣の礼」を見事に成功させることで、国民からの人気回復を企図されているという。

秋篠宮さまは「浮気の子」なのか? 美智子さま漏らされた「背徳の夜」

「立皇嗣の礼」リハーサルで秋篠宮殿下に異変も

このように紀子さまは大変な意欲と熱意をもって儀式の準備を進められているが、実は、一方で儀式の主役である秋篠宮殿下には、近ごろ様々な異変がみられるという。

最初に異変がみられたのは、先月10月23日に行われたリハーサルであった。この日は、秋篠宮殿下が極度の精神的緊張のため体調を崩され、指先の震えが止まらなくなる症状に見舞われたため、リハーサルが中断となった。

その後、同様の症状が再発することはなかったようだが、先月30日に行われたリハーサルでは、それとはまた違う別の問題が発生したようだ。

「30日のリハーサルでは、当日の衣装を着て実際の動きを確認されたのですが、装束を召される際に、秋篠宮殿下は突然『この装束には盗聴器がついている!』と絶叫され、職員一同驚きました。確認しましたところ、留め金の一つを電子機器と早合点されたようです。ですが秋篠宮殿下の疑心暗鬼は晴れず、別の衣装を用意するよう所望され『この装束は大丈夫なのか?』などと仰られ、側近の職員に念入りにチェックを行い、安心していただきました。

最近では、殿下が強いプレッシャーを感じられ、精神的なストレスを受けられていると聞き及んでおりましたが、突然このような理解しがたい発言をされた際には、周囲の職員らも大いに困惑したようです」(前出の宮内庁関係者)

秋篠宮殿下と紀子さま。悠仁さまを抱く紀子さまの笑顔が美しい。

情報流出に疑心暗鬼の秋篠宮殿下

秋篠宮殿下がこのように盗聴や盗撮について懸念されたのは、どうやら、この時が初めてではないようだ。近年では、内部関係者しか知り得ない情報が週刊誌やネットメディアに頻繁に掲載されることから、宮邸内に盗聴器が仕掛けられているに違いないと判断されているようだ。

「秋篠宮家の内部事情は、録音機などではなく職員らから外部に出ています。録音機の心配よりも、まずは職員の忠誠心をつかむことが重要です。ここまで殿下が録音機の存在を気になされた理由は、小室圭さんが眞子さまとの会話を録音していたとする週刊誌報道(週刊文春2019年6月26日号)が大きな要因となっているのではないかと思います。

こうした秋篠宮殿下の反応をご覧になられた紀子さまも、始めは困惑した様子を見せられたのですが、その後は落ち着いた様子で殿下を宥められ、『安心してください。それは私が付けた留め金です。何も問題はありませんよ。集中して習礼(リハーサル)に取り掛かりましょう』と声をかけられておりました(同前)

このように、深い思いやりのこもった慈愛の眼差しを向けながら、殿下に優しい声をかけられる紀子さまのご様子に周囲の職員らはいたく感心し、中には「さすがは、皇嗣家を支えられる皇嗣妃さまだ」と口にする者もいたという。

現在、世間からの逆風にさらされている秋篠宮家であるが、こうした深い慈愛のお心と、見事なエスプリ、そして冷静な判断力を備えられている紀子さまのお力があれば、きっと近い将来、再び国民からの信頼と尊敬の気持ちを回復することが出来るのではないだろうか。

見事なエスプリで秋篠宮殿下を安心させた紀子さま。

秋篠宮さまは「浮気の子」なのか? 美智子さま漏らされた「背徳の夜」