紀子さま「悠仁が次世代の天皇です」“立皇嗣の礼”で満面の笑み 関係者“皇室私物化”懸念



文/木下聡

大成功に終わった「立皇嗣の礼」

今月8日、秋篠宮殿下が皇位継承順位1位の「皇嗣」となられたことを国内外に広く示す「立皇嗣の礼」が皇居・宮殿にて行われた。今回、この儀式が行われたことで昨年4月から続いた代替わりに伴う関連儀式が全て終了した。

当初開催が予定されていた4月から長らく延期となっていた今回の儀式だが、大変な成功となったようだ。多くのメディアが儀式の挙行を大々的に報じ、秋篠宮殿下の「立皇嗣」を広くアピールするという目的は見事に達せられた。

「開催前から、“立皇嗣の礼”の挙行を心待ちにされていた紀子さまは、終了後に、“多くの国民からの多大な祝福のもとに儀式を終えられて、大変嬉しく思います”と仰られ、儀式の成功を心から喜ばれたようです」(宮内庁関係者)

古式に則った衣装が美しい。

雅子さま“睨み”つけた紀子さま「立皇嗣の礼」の逆恨み 「お前さいなければ…」の情念

悠仁さまの存在感をアピールされる紀子さま

また、今回の儀式で紀子さまは、将来天皇となられる秋篠宮家の長男悠仁さまの存在を世間に強くアピールされることも決して忘れなかったようだ。

8日朝には、お住まいの宮邸にて、悠仁さまが車で出発する秋篠宮ご夫妻を見送られたたが、この見送りをされるお姿も、多くのメディアにより写真付きで紹介された。

現在、天皇皇后両陛下の長女愛子さまが健やかに成長され、多くの国民からこよなく愛され尊敬されているが、紀子さまは悠仁さまにも、愛子さまのように多くの国民から愛される皇族となって欲しいと強く願われているようだ。

「悠仁さまにも多くの国民から愛され、尊敬される立派な皇族となって欲しい。そうした願いを実現するには、やはり多くの人々から親しみを感じてもらうことが重要であると紀子さまはお考えになられているようです。

そのため“立皇嗣の礼”という秋篠宮家にとっての最大の晴れ舞台の日を利用して、立派に成長された悠仁さまのお姿を国民に強くアピールしたいと思われたのでしょう。

“立皇嗣の礼”の会場でも、折に触れ悠仁さまの話題を出し、“宮さまの次は、悠仁が天皇となりますからね”としきりにアピールされておりました(前出の宮内庁関係者)

“皇室の私物化”懸念する声も

とはいえ、紀子さまによるこうした一種の演出に関して、「皇室や皇室報道をご自身の意に沿うよう支配されようとしているのではないか」と懸念する声も関係者の間から上がっているようだ。

「実は、昨年の即位礼の際に、両陛下の長女愛子さまも赤坂御所にて両陛下のお見送りと、お出迎えをされておりました。しかし、そうしたお姿の写真や映像などは報道されておりません。

一方、今回、“立皇嗣の礼“にて、悠仁さまのお見送りに関して、マスコミ各紙が写真付きで報道した裏には、紀子さまからの強いご要望があったようです。

とはいえ、紀子さまが、こうしたマスコミを通じた一種の印象操作を積極的に行われたことに関して、“皇室やメディアの私物化ではないか”と懸念する声も一部で上がっております。

仮に、昨年即位礼の儀の朝に、愛子さまのお見送りの姿を写真付きでマスコミに大々的に報道させた上で、両陛下が儀式の会場にて“次の天皇は愛子です”などと口にされれば、大変な非難を受けるでしょう。

今回、紀子さまがなされた行為は、こうしたこととほぼ同様の問題を含んだ行為であり、宮内庁職員の中には“重大なルール違反だ”と厳しい見方をする者も少なくありませんでした」(同前)

このような行為も、間違いなく紀子さまの悠仁さまを想う深い愛情ゆえになされたことなのだろう。

とはいえ、こうした一皇族の越権行為は、愛情の深さといった理由で正当化がなされてはならない重大なルール違反である。悠仁さまを愛する紀子さまの想いは理解出来るものの、皇室のルールやしきたりを守ることが皇族にとって何より重要であることは言うまでない。

雅子さま“睨み”つけた紀子さま「立皇嗣の礼」の逆恨み 「お前さいなければ…」の情念