「承子さん、祝賀会に久子さまはなぜ来ないのかしら?」紀子さま“鬼の形相”に承子さま涙目



文/佐藤公子

立皇嗣の礼、祝賀行事

「立皇嗣の礼」から二晩明けた11月10日。「爽やかな天気は、端正な秋篠宮殿下と、美しき紀子さまを祝福している」「皇居に出発される朝、悠仁さまがお見送りされて感動しました。皇統は秋篠宮家にしっかり受け継がれる。愛子さんはお嫁さんになって幸せになってね♪」——そう語る秋篠宮家ファンは多い。

昨日11月9日は両陛下も秋篠宮ご夫妻も前日の朝から続いた儀式の翌日ということで、予定はなく、一日中自邸でゆっくりとお休みになったという。

本日、11月10日(火)は宮殿にて皇族、元皇族(ご親族)、宮内庁職員らが集まり“祝賀行事”が開催される。

宮内庁から発表をされている予定を見てみると、この祝賀儀式には両陛下の長女・愛子さまと秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまは未成年のため参加されないが、両陛下・秋篠宮ご夫妻の他に参加が予定されているのは、秋篠宮家の眞子さま、佳子さま、そして、常陸宮ご夫妻、三笠宮家からは百合子さま、妃信子さま、彬子さま、瑶子さまの全4方が参加される。

このように基本的に全ての成年皇族方が出席される行事のはずだが、しかし、不自然なことに、高円宮家からは何と長女・承子さまお一人しか参加されないことがわかっている。

高円宮家・当主格の久子妃殿下が皇族方の中で、なんとただ一人欠席をされるのである。

(高円宮妃久子さま)

久子さまがその日に何をなさるのかというと、宮内庁からの発表によれば、奈良県と京都府を訪れ、奈良国立博物館の「正倉院展」鑑賞の公務が入っているとのこと。

11/9、10(月、火)久子さま 奈良県、京都府(第72回正倉院展)

宮内庁発表

これは不可解だ。なぜなら、この「祝賀行事」は、両陛下をはじめ、皇族方全員はもちろんのこと、元皇族、つまり皇籍離脱した次女・千家典子さんや三女・守谷絢子さんらも参加をされる行事だからである。

しかも、「奈良国立博物館の正倉院展」という公共機関(正倉院は宮内庁が管理)の毎年恒例の展覧会を鑑賞するだけなので、「絶対に外せない公務とダブルブッキングした」というわけでもなさそうだ。しかも“正倉院展”自体は10月24日から始まっている。

紀子さま、久子さまへ「悪夢のプレゼント」 祝賀行事を欠席した復讐か 両家の絶縁が決定的に

なぜ久子さまは欠席されるのか

なぜ、久子さまは皇族全員参加の大切な「祝賀行事」に欠席となるに至ったのだろうか。

高円宮家の内実に詳しい宮内庁OBはこう語る。

「今日(11月10日)の『祝賀行事』は”内輪のお祝い会”ではなく、国事行為である『饗宴の儀』ができなくなった代わりに行われるものだと思います。なので、皇室の大切な仕事の一つです。それを考えますと、やはり『参加されない』というのは不可解ですね」

では、なぜ久子さまは欠席されるのだろうか…

「考えられるのは、『誰かと示し合わせた』か、それか、『ご自身の判断で欠席をお決めになった』かのどちらかでしょう。ご承知の通り、祝賀行事に行かない代わりに行く公務が“正倉院展”ですので、ダブルブッキングが理由ではなさそうです

誰かと示し合わせた…とするならば、両陛下から「妃殿下は来ないで良いですよ」という話をされたのだろうか。しかし、“立皇嗣の礼”の強行に難色を示していたとされる両陛下だが、さすがに「儀式を強行した秋篠宮さま・紀子さまへの腹いせのために」という私的な理由で久子さまの欠席を考えたとはあまり思えない。

(次期天皇・皇后となることが確定した秋篠宮さま・紀子さま)

久子さま「愛子さまが皇太子ではないなら…」

「ええ、確かに両陛下と話し合って欠席されたというよりも、やはり、可能性が高いのは後者。両陛下ご一家とは東宮時代から家族ぐるみで仲良く交際された久子さまですので、両陛下へのご忠節や夫である高円宮さまが我が事のように誕生を喜ばれた愛子さまへのご敬愛は並々ならぬものがあると側聞しています。『立皇嗣の礼の“強行開催”』に憤った久子さまが次のようにお考えだったのはあり得ることではないでしょうか。

内親王さまが立太子するのだとばかり思っていました。宮さま(夫・高円宮)が喜んで誕生をお祝いになった敬宮さまの立太子なら喜んで参加しますが、そうでないのなら、全く価値のないことだと存じ上げます』と」

となると、久子さまのご欠席は、立皇嗣の礼への「無言の抗議」だったとなるだろう。

(久子さま、千家典子さん・守谷絢子さんと)

紀子さまがチクリ…

本日10日(火)には皇居・宮殿で祝賀行事が開催される。秋篠宮さまも紀子さまも久子さまがご欠席されることはすでにご存じだろう。

「今日の祝賀行事は高円宮家からは承子さまのみの参加となりますが、聞くところによると、承子さまも参加するか否かを迷っていらっしゃるそうです。

なんでも…

承子さん、どうして妃殿下はいらっしゃらないのかしら…?』

と紀子さまから、詰問されるのが怖いのだとか…

うっかり『申し訳ありません、正倉院に行っておりますので…』などと答えても、『正倉院は木造、ウチの屋根はチタンよ』と、意味不明な禅問答のような返しが待っているそうです」

(承子さま)

イケメン交際相手がスクープされ久しい承子さま。なかなかゴールインに至らないのは、小室さん問題の片付かない秋篠宮家の機嫌を損ねる可能性を恐れているからだとも聞く。

立皇嗣の礼を経て、ますます女帝化の進む紀子さま…久子さまの欠席の理由を真摯に受け止められる日は果たして来るのだろうか。

紀子さま、久子さまへ「悪夢のプレゼント」 祝賀行事を欠席した復讐か 両家の絶縁が決定的に