紀子さま、眞子さまを「合コン漬け」で説得へ 「縁切り行事」が年内に目白押し



文/佐藤公子

小室家問題

2020年まで延期と発表されていた眞子さまの結婚問題。これまでは「時期については何とも言えませんが、立皇嗣の後に“今後の見通し”について眞子内親王が発表なされるのではないでしょうか」(加地皇嗣職大夫、11月5日の定例記者会見)と説明し続けてきたが、11月8日に“立皇嗣の礼”が無事執り行われたことにより、いよいよ眞子さまのお気持ち発表が迫ってきた。

眞子さまの口から何が発表されるのか、それは誰にも解らないという。だが元宮内庁職員の小内誠一さんは「時期を指定しないカタチで延期を発表されるでしょう」と推測する。またさる皇嗣職は「眞子さまは毎日のように小室圭さんと連絡を取り合っているようです。破談はないでえしょう」と語る。だが、この問題に詳しいベテラン皇室ジャーナリストは現状を次のように語る。

「眞子さまは今の外出自粛が続く状況の中、一時的にかもしれませんが小室さんへの思慕を薄められているようにお見受けしております。また、11月10日に“立皇嗣の礼”を記念して、極々身内のかたたちだけで祝賀行事を皇居宮殿で開かれますが、どうやらここには紀子さまが選抜した“独身男性”が来られるようです。

紀子さまも眞子さまに早く次のお相手を見つけて欲しいと考えておられるそうですから、こういった大規模な祝宴で眞子さまの気が紛れ、あわよくば新たなお相手ができれば、と期待もされているでしょう」(宮内庁担当記者)

紀子さまと眞子さま。その親子愛は永遠だ。

雅子さま「結婚は許可していません!」 眞子さま“勝手な結婚宣言”の「皇室利用」に、宮内庁で波紋広がる

紀子さまの奮闘

紀子さまは小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルが明るみになり、婚姻が暗礁に乗り上げてからというもの、眞子さまを何とか小室さんから引き離すべく様々な策を講じられてきた。

「例えば、宮内庁がリストアップしている『お相手候補リスト』をお手に取られ、その内の数名に眞子さまとの『食事会』のご依頼をされたこともあります。皇室と浅からぬ関係の名門一家の御曹司にお声がけをして、そのご友人らの協力を仰いだ形です。

一般的にいうところの“合コン”ですね。眞子さまはとにかく小室さんへの思いを強くお持ちでしたので、紀子さまはまずは多くの方とお会いすることで『他にも素敵な男性はいる』と気付かれてほしかったのかもしれません」(秋篠宮家関係者)

こういった合コン形式の食事会は2回程開かれたが、結局その時は眞子さまのお心は変わるどころか「もう二度と余計な真似はしないで」と紀子さまのお取り計らいを一蹴されるだけの結果となったようだ。

「紀子さまも、なぜ眞子さまがそこまで小室さんに執着をするのか、その深いところが理解できないようで大変苦慮しておられました。何度も説得を試みてこられましたが、取り付く島もないと判断されて、一時期はお二人の関係性も修復不可能と不安視されるほど悪化し…」(同前・秋篠宮家関係者)

秋篠宮殿下と紀子さまの婚約内定記者会見。昭和天皇の喪中のため黒服。

眞子さま、合コン依頼

しかしここ最近、眞子さまの様子が変わってきたという。

「先日紀子さまに、眞子さまの方から『もう一度会ってみたい人がいるんだけど…』とお申し出があったそうで、紀子さまはしばらくの間、今にも踊りだしそうなくらい上機嫌でいらっしゃいました。お相手の方は旧侯爵家のご子息のご友人で、慶応大学卒、現在外資系IT企業に勤務されている30代前半のお方です。紀子さまはこの方との交流を通じて何とか眞子さまのお心を小室さんから切り離したいと、綿密に“初デート”の仔細を計画されておられるようです」(同前・秋篠宮家関係者)

また、この方がもし仮に“NG”だった場合に備え、紀子さまは再び眞子さまの“合コン”を多数企画されているという。

「紀子さまとしては何とか来年1月までに眞子さまに『破談』をご決意してほしいとお考えです。眞子さまが他の男性に興味を示された今を好機と捉えられ、年末にかけて眞子さまにはご公務よりも合コンを優先させるお心づもりでいらっしゃいます」(同前・秋篠宮家関係者)

年内の眞子さまのスケジュールは、「小室さんとの縁切り行事」一色となりそうだ。

雅子さま「結婚は許可していません!」 眞子さま“勝手な結婚宣言”の「皇室利用」に、宮内庁で波紋広がる