信子さま「紀子さん、お黙りなさい!」の一喝に「わたくしは公務をサボったことなどありません!」と涙の応戦



文/高山麻子

立皇嗣の礼が行なわれる

11月8日、爽やかな秋晴れが広がったこの日、秋篠宮殿下が皇位継承順1位の皇嗣となったことを示す「立皇嗣の礼」が行なわれた。中心儀式「立皇嗣の宣明の儀」では、天皇陛下が「本日ここに、立皇嗣宣明の儀を行い、皇室典範の定めるところにより文仁親王が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」と述べられ、続けて秋篠宮殿下が「立皇嗣宣明の儀をあげていただき、誠に畏れ多いことでございます。皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」と決意を述べられた。

新型コロナの影響が残る情勢下であったこと、秋篠宮家においては長女・眞子さまの婚約延期問題が長期化していることなどから、儀式に対しては複雑な思いを抱く国民が多かったようだ。SNS上では「国民の殆どは愛子さまの立太子を心待ちにしています」「おめでたい行事なんでしょうが、小室問題はどうなったんですか?」「身の丈にあったお金の使い方を見せてください」といったコメントが並んだ。今回の儀式の主役は秋篠宮両殿下だったが、天皇、皇后両陛下のお出ましを喜ぶ声が圧倒的という状態となった。

美しく慈愛に満ちた皇后陛下

眞子さま“お気持ち公表”の舞台裏 「私、圭くんの本命なのかな?」の不安 愛子さまも危惧される今後の見通し

既成事実化した文仁天皇

次々と秋篠宮家への皇位委譲の既成事実化が進む印象を受ける中、多くの国民は愛子さまが成年皇族となられた際に、改めて正式に「立太子の礼」を執り行って欲しいと願っている。

一方、政府はこれに及び腰だ。加藤官房長官は9日会見を開き、安定的な皇位継承策を検討する議論に関して「現時点において、具体的な検討の在り方について決定しているわけではないが、政府に速やかな検討を求めている衆参の付帯決議、この趣旨を尊重してしっかりと対応を進めていきたいと考えている」と話したものの、ある政府高官は現在の内情について、女性天皇容認を期待する世論への警戒から「有識者などから非公式にヒアリングをして、秘密裏に議論を進めた方が良い」などと話しているという。

あるベテラン皇室ジャーナリストは「立皇嗣の礼と政府の日和見姿勢により、ますます皇室と国民との間に距離が生まれた。愛子さまこそが将来の天皇にふさわしいお方だ」と話した。

愛子さまの存在は国民の癒やしとなってきた

紀子さま「わたくしは皇嗣妃です」と連呼

そのような状況の中、10日には皇居で祝賀行事が開かれた。祝賀会には両陛下、秋篠宮ご一家ら皇族方に加え、紀子さまのご実家である川嶋家や黒田清子さん夫妻も出席。今年9月に肺炎と心不全で入院した三笠宮百合子さまも出席された。皇室ジャーナリストの佐藤公子氏はこう話す。

「当初、国事行為として行なわれるはずだった“饗宴の儀”は中止となったので、この代わりということで皇室行事として行なわれたそうです。ただ、会食などは感染機会となり得る事が再三報じられており、百合子さままでご出席とは驚きました。宮内庁周辺によれば、秋篠宮殿下は盛大で華やかな儀式を望まれていて、規模縮小にはとても心を痛められていたとか。ご心痛の殿下を励ますために、皇族方が半ば強引に駆り出されたという面が大きかったようです」(佐藤公子氏)

華やかに執り行われた祝宴だが、現場では紀子さまの発言を巡る波乱もあったようだ。ある秋篠宮家の関係者はこう話す。

「祝宴が非公開の中で行なわれて安堵しています。というのも、無事立皇嗣の礼が行われた事で有頂天になっていたのでしょう、紀子さまの言動が平時に増して激しく、気分を害する皇族方が続出したのです」(秋篠宮家関係者、以下同)

紀子さまの“激しい言動”とは一体どのようなものであったのだろうか? 関係者はこう続ける。

「紀子さまはこの日、ご公務で奈良県と京都府を訪問された久子さまに関して不服だったようです。承子さまにピッタリと張り付き、周囲の人にさとられないように“紀子さまスマイル”を作りながらも、耳元で『公務をこの日にぶつけるなんて、何かわたくしたちに言いたいことでもあるのかしら?』などとおっしゃっていたそうなのです。

もしかすると、前日のお疲れが残っていて、少し情緒を崩されていたのかもしれません。あまりの密着ぶりを見かねて信子さまが仲裁に入られたのですが、紀子さまはなおもピッタリと承子さまをマークされていました」

紀子さまスマイル

しかし、信子さまの仲裁もむなしく、紀子さまはますますヒートアップされていったという。

「信子さまに強く出られたことで、気分が高ぶったのかもしれません。雅子さまを差して『あちらに肩入れしてきただけありますわ、私達とは皇族としての覚悟が違うようですね』『わたくしは公務をサボったことはありません!』と言い放ったのです。静かに優しく諭されていた信子さまも思わず『紀子さん、お黙りなさい』と制止を入れられるほどのご発言でした。

紀子さまはこれに対し『私は皇嗣妃です!コウシヒ!コウシヒ!』と涙目で絶叫され、周囲は一時騒然となりました。信子さまも、触れてはいけないものに触れてしまったとばかりに、その後は紀子さまの周囲に近寄ることなく、承子さまをお連れして早々に控えに戻られたのです。今後の皇室はどうなってしまうのでしょうか」

眞子さま“お気持ち公表”の舞台裏 「私、圭くんの本命なのかな?」の不安 愛子さまも危惧される今後の見通し