小室佳代さん「結婚は女性宮家が認められてから」の謙虚さに、眞子さま感涙「理想の義母です」



文/木下聡

結婚実現への決意語られた眞子さま

今月13日、秋篠宮家の長女眞子さまは、延期状態となっていた小室圭さんとの結婚に関するお気持ちを文書にて発表された。

現在、お二人の結婚に関して、多くの国民が複雑な思いを抱いている。しかし、それでも今回のお気持ち発表の文書は、眞子さまの結婚実現に対する固い決意が込められた内容となっていた。

様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。

しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

以前、秋篠宮殿下は、結婚を許可するためには、「多くの国民が納得し、祝福してくれる状況」になる必要があると述べられた。

しかし、今回、発表された文書には「たとえ国民が反対しても結婚は必ず実現させる」という眞子さまの固い決意が伝わってくるような、力強いお言葉が綴られていた。

爽やかな笑顔がはじける小室圭さん。すべては計画通り——と大満足。

紀子さま「信子さまが、悠仁をイジメる!」と雅子さまにご相談 「国母はむり」ご発言に反発か

秋篠宮さま“ご痛飲”「記者会見には影武者を…」“迷言”飛び出した、結婚宣言の舞台裏

小室佳代さんは眞子さまのお気持ち発表に歓喜

今回の眞子さまのお気持ち発表に関して、小室圭さんの母親佳代さんは大変感激されたという。特に、佳代さんが重要だと感じたのは、眞子さまが借金問題に関して一切言及されなかったことのようだ。小室家の問題に詳しいあるジャーナリストは次のように語る。

「小室佳代さんは、これまでご自身の抱える借金問題が結婚実現の障害になっているのではないかと大変気に病んでおりました。

それだけに、今回眞子さまが借金問題に関して一切言及されず、その上で結婚への固い決意を表明されたことに大変感激されたようで、近所の人目も憚らず眞子さまに対する感謝の気持ちに打ち震えながら“眞子ちゃんありがとう”と涙ながらに感謝の言葉を口にしていたそうです。

おそらく、佳代さんは、眞子さまの発表された文書の内容から、“借金問題を解決しなくても結婚は実現させますよ”というメッセージを読み取ったのでしょう(全国紙社会部記者)

佳代さんからの電話に眞子さま涙

今回、お気持ち発表がなされた後に、小室佳代さんは感謝の気持ちを伝えるため眞子さまへ電話をかけたという。

「おそらく、佳代さんは今回の眞子さまへの感謝の気持ちを伝えるにはメールやチャットなどでは不十分で、直接電話で感謝の気持ちを伝える必要があると感じたのでしょう。

どうやら、眞子さまの自室から廊下へと漏れてくる会話を聞いたところ、佳代さんは眞子さまに感謝の想いを伝えると同時に、結婚の時期について“焦らなくても良い”“女性宮家の創設が決まってからでも遅くない”などと語っていたようです。

小室圭さんなどは、“結婚一時金の1億円が今すぐ欲しい”という思いから、眞子さまに対して結婚を急ぐようせっついていたようですから、こうした小室佳代さんの言葉に対して、眞子さまは“なんと謙虚で我慢強い人なのだろう”と感激し、会話の最中、“理想の義母です”と思わず涙をこぼしてしまわれたようです」(宮内庁関係者)

以前は、週刊誌等で「連日続くスカイプでの通話によって、小室圭さんに洗脳されている」などと報じられることもあった眞子さまだが、すでに小室母子に財布かATMのような扱いをされるのは、当たり前のこととして受け入れてしまっているのかもしれない。

現在、小室圭さんは母親の佳代さんの抱える借金に加え、自身の留学費用やフォーダム大学のあるニューヨークでの滞在費のために借りた借金で首が回らない状況となっており、1日でも早く、結婚一時金の1億円を手に入れたいと、眞子さまを急かしているようだ。

しかし、一方で、佳代さんは女性宮家が創設され、小室圭さんを皇室入りさせた方が長期でのリターンは大きいと計算しているようである。

小室圭さんへの愛によって、冷静な判断力を失いかけているようにも思える眞子さまだが、もう少し落ち着いてご自身の置かれている状況について考えを巡らせてほしいものである。

紀子さま「信子さまが、悠仁をイジメる!」と雅子さまにご相談 「国母はむり」ご発言に反発か

眞子さま嫁ぐ小室家の“異様性”「自殺3名」「反社とお付き合い」の驚くべき真相