眞子さま嫁ぐ小室家の“異様性”「自殺3名」「反社とお付き合い」の驚くべき真相



文/佐藤公子

眞子さま“お気持ち”を発表

眞子さまは13日、小室圭さんとの結婚の見通しについて、宮内庁を通じ発表した。その中で眞子さまは「また、様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております」と前置きしたうえで、「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択」と結婚への強い意志を滲ませた。

また同時に眞子さまは、文書の中で「両親の理解を得たうえで」「天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっている」と述べられている。あたかもご両親や天皇陛下が結婚に賛同しているような書きぶりだが、関係者によれば「落ち着くまでそっと見守るという意味にすぎません。眞子さまの今の想いを理解し尊重することと、結婚を認めることは別。眞子さまの暴走に、皆さま心配しておられます」(宮内庁幹部)とのことだ。

だがこの一文をもって「結婚が認められた」と主張するメディアも出てきた。リベラル系の代表・朝日新聞では、斎藤智子記者が「今回、2人の結婚への強い意思が改めて示され、ご夫妻も理解を示しているという。長くご一家を見てきた一人として、温かく見守りたいと思う」(2020年11月13日配信)と述べている。

「眞子さまが公表された文書は、ミスリードを誘う文面になっています。こういった形で天皇陛下や雅子さまを巻き込むのはアンフェアでしょう。宮内庁内でも動揺が広がっています」(同前、宮内庁幹部)

すべてのカギを握る小室佳代さんと小室圭さん。

眞子さま“結婚宣言”に、小室佳代さん「秋篠宮さま、そろそろ私たちも…」のメッセージ! 紀子さま焦燥

かつて愛された秋篠宮家の凋落

眞子さまが強い結婚への意思を表明され、それを止めることができなかった秋篠宮ご夫妻——。この事実に、国民からは様々な声があがった。かつては秋篠宮家派だった人でさえ「娘の暴走を止められない秋篠宮家にはがっかり」「愛子さまに期待するしかない」と主張するに至っている。

また旧宮家に連なる出身が売りの竹田恒泰さん(ラーメン店店主)も、ツイッター上で「(今回の眞子さま文書について国民から)一時金を辞退すべきとの意見も多いが、辞退すれば済む話でもないと思う」と述べ、結婚そのものに怪訝さを隠さない。

かつて国民から愛され、輝いていた秋篠宮家。それを一瞬にして暗闇の中に引きずり込んだ小室家。ここまで国民から嫌われたご一家というのは珍しい。今回はその闇を振り返り、眞子さまのご結婚がどれほど皇室の尊厳を損なわしめるのか迫ってみたい。

幸せそうに微笑み合う眞子さまと小室圭さん。

悠仁さま「お母さま、愛子さまが天皇になるんでしょ?」 衝撃の一言に紀子さま“茫然自失”

親族の自殺

まず、なにより国民が驚いたのは、小室家から自殺者が3人も出ていることだろう。

「2002(平成14)年3月5日に小室圭さんの父・敏勝さんは自宅近くの川辺で縊死しています。敏勝さんの職場では死因が自殺だと伏せられていましたが、同僚らに話を聞くと、華の“みなとみらい21推進部計画推進課”から、“住宅事業課”に左遷になり、出世コースから外れたことがストレスになっていたとのことです」(皇室ジャーナリスト)

また、同じマンションの住民は敏勝さんの私生活について次のように述べる。

「敏勝さんとマンションの管理組合の会合などでよく話をしていました。亡くなる1年くらい前のことですが、敏勝さんは『八王子に二世帯住宅を建てて、妻(佳代さん)の両親の世話をするように迫られているんだけどお金が無くてね。ここのローンもまだだいぶ残ってるし』とよく言っていましたよ」(同マンション住民)

そして敏勝さんが縊死に至った決定的要因は、小室佳代さんにあった可能性が高い。小室佳代さんが懇意にしていた喫茶店のマスターは、文春オンラインの取材に答え、次のように証言している。

「実は、敏勝さんは体調を崩してから、⼀時期、両親の住む藤沢の実家に帰って療養していたそうなんです。しかし、それを佳代さんが無理⽮理、⾃宅に連れ戻した。

敏勝さんが⾃殺したのはそれからすぐのことでした。それで、親戚から『あなたが殺したようなものだ』と責められたそうです。佳代さんは私にそう話すと、泣き崩れました」(喫茶店マスター)

文春オンライン「⼩室⺟⼦が⾒た修羅 「⽗⾃殺」の真相」2019年2月1日

敏勝さんが縊死して一週間後の3月12日、敏勝さんの父・善吉さんも後を追うように縊死。そしてその一年後、敏勝さんの母(小室圭さんの祖母)も自ら命を絶った。相次いだ不幸に、佳代さんと小室本家の関係は複雑になってしまったという。

このように小室家の周りでは相次いで「自死」が起こっている。保守論客として名高い西尾幹二さんをして「足元から恐怖に襲われた」と言わしめるほどだ(WiLL2019年4月号)。

紀子さまとお似合いと名高い小室佳代さん。その美貌は多くの男性をメロメロにしてきた。

 

反社とのお付き合い

ところで先ほど文春オンラインの取材に答えていた、喫茶店のマスター。実は、この方が小室佳代さんの代理人として、敏勝さん・善吉さんの遺産相続の話し合いに臨んだという。

「実は、亡くなった善吉さんの遺産があり、圭くんの相続分があるはずなのに、⼩室家とは連絡が取れないし、弁護⼠を雇うお⾦もない。ついては⾃分たちの代理⼈として話し合いに⾏ってくれないか、というものでした」(同前、喫茶店マスター)

文春オンライン「⼩室⺟⼦が⾒た修羅 「⽗⾃殺」の真相」2019年2月1日

そしてこの喫茶店マスターなる人物、『女性セブン』2019年3月21日号によれば、「暴力団関係者」であることが明らかになっている。

「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”“夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう」(同前、喫茶店マスター)

『女性セブン』2019年3月21日号

ところでこの喫茶店は今は閉店してしまっているが、マスターは今もそこに住む。今回の眞子さま「結婚必要宣言」を受け、改めて話を伺ったところ「あくまで“元”反社ですよ。もうとっくの昔に足を洗って、今では善良な市民です。安心してください」といって、腕の入れ墨を見せてくれた。話によれば背中には見事な竜が彫られているという。

また逮捕歴などを聞くと「クスリと女性に乱暴で計10年くらい(刑務所に)入っていました。昔は刑務所暮らしを経験しないとハクが付かないと思っていた時期もありましたが、今はもう更生しています」と笑顔で答えてくれた。そして眞子さまと小室家さんの結婚について話を伺うと「私も結婚式に呼んで欲しいですね」と不敵な笑みをたたえた。

「罪を憎んで人を憎まず」という素晴らしい言葉があるが、一方で物事には“限度”というものもある。眞子さまが嫁がれる小室家は「普通」のご一家ではない。端的に言って「異様さ」が随所に認められるのだ。

それでも結婚の意志を貫く眞子さま——どうしてご両親はこれを止められないのだろうか。

悠仁さま「お母さま、愛子さまが天皇になるんでしょ?」 衝撃の一言に紀子さま“茫然自失”