眞子さま“結婚宣言”に、小室佳代さん「秋篠宮さま、そろそろ私たちも…」のメッセージ! 紀子さま焦燥



文/木下聡

結婚への決意語られた眞子さま

今月13日、秋篠宮家の長女眞子さまは、現在延期状態となっている小室圭さんとのご結婚についてのお気持ちを文書にて発表された。

発表された文書の内容としては、まだ結婚までに準備が必要であることや、国民からの反対があっても小室圭さんとの結婚を実現したいという眞子さまの強い想いが綴られていた。

小室圭さんと談笑される眞子さま 大変幸せそうなご様子でデートを楽しまれている

 

今回のお気持ちの発表に際して、眞子さまは、秋篠宮ご夫妻ともよく相談されたということを文書の中で述べられている。

新型コロナウイルスの影響が続くなかではありますが、11月8日に立皇嗣の礼が終わった今、両親の理解を得たうえで、改めて私たちの気持ちをお伝えいたしたく思います。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

また、文章の後半には、天皇皇后両陛下ならびに上皇上皇后両陛下にも、事前にこの気持ち発表について報告されたと綴られている。

この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました。

天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております。

同前

しかし、実は秋篠宮ご夫妻はいまだ眞子さまと小室圭さんとの結婚を認められてはいないようだ。秋篠宮家と近い関係にある宮内庁関係者は次のように述べる。

「秋篠宮ご夫妻は、眞子さまと小室圭さんとの結婚をいまだ認められておらず、このようにあたかも結婚を許可したかのように文書で名前を出されたことに大変驚かれているようです。

おそらく、眞子さまは今回の文書にて、秋篠宮ご夫妻や天皇皇后両陛下のお名前を出すことにより、あたかもご両親や両陛下が、結婚を認めてくれたかのような印象を国民に与えようとされたのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

一見、姑息な手段であるようにも思えるが、そのような手段を用いてでも、小室圭さんとの結婚を実現に近づけたいと眞子さまは考えられているのだろう。

眞子さまのことを深く愛し、幸福な道を歩んでいくことを望まれている紀子さまにとって、このご結婚は大変難しい問題であるようだ。

紀子さま“絶叫”「私まで皇室出禁に!?」 信子さま「眞子さんと皇籍離脱して、小室圭と暮らしなさい」の慈愛 

小室佳代さんから秋篠宮殿下へ“意味深”なメッセージも

このように、眞子さまの発表された文書の中には意外な記述も含まれていたものの、全体としては、眞子さまが結婚の再延期を事実上認める内容であったことは間違いない。この点に関しては、秋篠宮家の周辺の人々も皆一安心しているようだ。

しかし、一方で、この眞子さまのお気持ち発表の後にある出来事が発覚し、秋篠宮邸では一波乱起きていたという。

「眞子さまが、このような結婚への決意を綴られた文書を発表された後に、秋篠宮邸では、殿下と紀子さまが激しく口論をされておりました。

どうやら、その原因は、小室圭さんの母・佳代さんが秋篠宮殿下へ送った“一通のショートメール”であったようです。なんとそのショートメールの中には、一言、『眞子さまは、結婚の決意を固めたようですね。そろそろ私たちも…』と書かれていたのです」(前出の宮内庁関係者)

佳代さんが秋篠宮殿下へ送ったのは、SMSと呼ばれる非常に短い文書を伝えるためのショートメールであったため、正確に殿下へ何を伝えようとしたのは分からない。

しかし、このメッセージが送られたことを知った紀子さまは激怒され、秋篠宮殿下に対し、小室佳代さんからのメッセージを一切拒否するように命令されたという。

「小室佳代さんは長女眞子さまにとって大切な婚約相手の母親ですから、まさかメールを着信拒否するわけにもいきません。

ですが、メッセージの拒否設定を拒む殿下に対して、紀子さまはますます怒りを募らせ、しまいにはそんなにあの女と一緒になりたいのか!?』と仰られました。

この言葉には、周囲の職員も“まさか”と皆一様に驚いたようですが、紀子さまのお怒りはいつまでも収まらず、かれこれ3時間ほど殿下へ不満の言葉を投げつけられておりました」(同前)

妙齢でありながら得も言われぬ怪しげな魅力と美貌を備える小室佳代さん

メッセージに込められた意味は

一見、意味深にも思えるメッセージであるが、これまで、秋篠宮殿下が小室圭さんや佳代さんとの連絡を絶っていたことを考えると、おそらくは、「そろそろ、私たちも眞子さまと圭の二人の結婚について話し合いましょう」という意味だったのだろう。

様々な障害の立ちふさがる眞子さまと小室圭さんのご結婚であるが、早く問題が解決され、お二人が幸せな道を歩めるようになることを願うばかりである。「ああ!秋篠宮さま万歳!」「紀子さまの笑顔が美しい!」という国民の歓びと絶賛の声——それは過去のものになったのか。

紀子さま“絶叫”「私まで皇室出禁に!?」 信子さま「眞子さんと皇籍離脱して、小室圭と暮らしなさい」の慈愛