眞子さま「実はもう結婚しています」“証明書”を前に紀子さま絶叫 その場で破き捨てられる



文/高山麻子

眞子さまの結婚宣言に波紋

11月13日に公表された眞子さまの「お気持ち」が大きな注目を集めている。2018年2月、前年から小室家の内情が次々と報じられたことをきっかけに、「2020年まで結婚に関する儀式を延期したい」と発表されていたこの件。今回、眞子さまは“今後の予定等については、今の時点で具体的なものをお知らせすることができない”と、「なにも発表できないという発表」をされたことになる。

「『週刊朝日』(11月27日号)の取材によれば、眞子さまは今年初め頃に“今年12月をもって、入籍します”という文書をご準備されていたそうです。しかし、宮内庁重鎮の一人から期限には今後触れなくともよいのではないでしょうか”とのアドバイスを受け、あのような形におさめたそうです。

多くの国民は、この件の長期化に対しうんざりしています。期限を言わないほうが良いと進言した宮内庁参与、これを承諾した眞子さまに対しては、国民感情をないがしろにしているような印象を受けます」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

佳子さまも眞子さまを全面的に応援されているという

小室圭さん親族が「新事実」を次々と証言!「眞子さまは破談の決意を」と涙の訴え

眞子さまに寄せられる国民の声

延期発表から実に3年近くが経過し、きっかけとなった金銭トラブルには無言を貫きながらも、“いつになるかわからないけど、大好きだから絶対に絶対に結婚したいの”と堂々と宣言される眞子さまには驚かされるばかりだ。これを受けてネットなどでも様々な意見が挙がっているが、特に印象的なのは秋篠宮家をこれまで応援してきた人々の意見である。

「特に多いのが、“来年以降は公務を控えて欲しい”との声です。しかし、ある皇嗣職に話を聞いた所『眞子さまは今後も総裁職を続けられる。公務もこれまで以上に頑張ると意気込んでいらっしゃる』とのこと。圭さんとの結婚後を見据えて、できるだけ稼いでおきたいということでしょう。

また、“眞子さまはご自身のことしか考えていない。この件のせいで、本来なら国民から愛され慈しまれながらお育ちになるはずの悠仁さまが最も被害を受けている”との声も多く、多感な時期にこのような件に巻き込まれる悠仁さまを案ずる声は、皇室関係者の間で最も聞かれるものです」(同前)

母娘揃っての公務はあるのか

眞子さま、すでに入籍済みとご報告

小室圭さんとの結婚に突き進む眞子さま。今後、11月30日にお誕生日の記者会見を控える中、秋篠宮殿下のご心痛は極まっているという。

「両殿下ともに、あくまでも“お気持ちの公表”に同意したのみ、まだ結婚について完全にお認めになっているわけではありません。認めざるを得ない背景には、眞子さまと小室圭さんに対して強く反対意見を述べられない深い事情があるようです。殿下は記者会見を前に『どうしよう、立皇嗣してごめんなさいして許してもらいたいよ…』とおっしゃっています。また紀子さまは『最初に小室くんいいんじゃない、と言ったのはあなたよ!』と一切を殿下に押し付けられています」(秋篠宮家関係者、以下同)

眞子さまを巡り、頭を悩ませる両殿下。結婚宣言後に眞子さまからある事実を明かされ、さらなる衝突が生まれたという。

「先日、結婚必要宣言の後、ご夫妻と眞子さまの間で改めてお話し合いの場が持たれました。紀子さまからの『小室圭さんはどうしても400万円を精算する気はないのですか?』との問に、眞子さまは『1月の文書がすべてです。解決済みということで、お父様の会見で発言を訂正してくださいませんか? 早く納采の儀をやってしまいたい』とお答えになられたとか。しかし、紀子さまは毅然と『それはNOよ、あなたは悠仁のことをもっと考えてあげて』と諭されたそうです

しかし、紀子さまの強いご意見に、眞子さまはある行動に出られたという。

「眞子さまは机の上に、“Marriage License(結婚許可証)”なる証書を置かれ『これがなにか、お母様なら分かりますね? 私達はサンフランシスコで結婚を済ませているんですよ』とおっしゃったとか」

実は、アメリカの結婚方式は日本とは異なり、米国籍や永住権、就労ビザや住所がなくても結婚証明書を即日発行してもらえる。その結婚証明書を持って挙式を挙げれば結婚が成立するのだ。日本人同士の観光客カップルがアメリカで結婚するということもでき、眞子さまは既に、ICU在学中に小室圭さんとお忍び旅行の際、挙式も済ませてしまったとのこと。

「しかし、紀子さまはアメリカ方式を詳しくご存じなかったようです。眞子さまが『私達の結婚は米国が認めています、日本でもすぐに入籍できる準備が整っているの』とうそぶくと仰天され、その場で『ジーザス・クライスト!』と絶叫。ライセンスを奪い取り破かれました。ちなみに調べた所、ライセンスの有効期限は90日で、眞子さまと圭さんのものは既に期限切れ。圭さんとの旅行の思い出という意味で、大切に保管されていたのでしょう。眞子さまの言動に翻弄され続けるご夫妻が不憫でなりません…」

小室圭さん親族が「新事実」を次々と証言!「眞子さまは破談の決意を」と涙の訴え