信子さま「紀子さんと小室佳代は“同族嫌悪”」のご放言!反社や新興宗教との“お付き合い”



文/木下聡

お気持ち表明されるも課題山積のご結婚問題

現在、恋人の小室圭さんとの結婚が延期状態となっている秋篠宮家の長女眞子さま。国民の間でも、ご結婚に関して賛否両論意見が分かれる中、眞子さまは今月13日にこの問題に関するお気持ちを文書にて発表された。

発表された文書の中には、結婚に関して準備を整えるための期間が必要であることや、国民の反対があっても結婚への変わらぬご意思を持ち続けていることなどが綴られていた。

様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。

しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

今後の予定等については、今の時点で具体的なものをお知らせすることは難しい状況ですが、結婚に向けて、私たちそれぞれが自身の家族とも相談をしながら進んでまいりたいと思っております。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

また、この文書の中では、秋篠宮ご夫妻に加え、天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻も「(眞子さまの)気持ちを尊重して」いると書かれており、皇室記者の中には、この文書の発表を「事実上の結婚宣言」であると、考える者も多いようだ。

「この文書の中で、眞子さまは、秋篠宮ご夫妻に加え、天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻も、結婚を望むご自身の想いを尊重してくれていると述べられているのです。

ご両親と、両陛下と、上皇ご夫妻が結婚を認めている、などとと宣言されては、結婚に反対の姿勢を見せていた宮内庁も白旗を上げるほかないでしょう。まさに眞子さまの粘り勝ち、もしくは眞子さまと小室圭さんお二人の“愛の勝利”といったところです」(全国紙社会部記者)

婚約内定会見にてお互いに見つめ合う眞子さまと小室圭さん。
互いを想い合うお二人の深い愛情が感じられる。

眞子さま、黒田清子さんから「着信拒否」「既読スルー」 不仲の裏に“雅子さま”の慈愛!

小室家の家庭事情を懸念される紀子さま

とはいえ、現在でも紀子さまは、この結婚に関して複雑な思いを抱かているというのが現実のようだ。

「結婚延期の直接の原因となった400万円の借金問題に加え、紀子さまが強く懸念されているのが、小室佳代さんを巡る新興宗教への信仰や交友関係の問題です。

佳代さんが、カルトまがいの新興宗教に帰依していることや、元反社の人物と交友関係を持たれていることに関して紀子さまは大変警戒されているようです」(宮内庁関係者)

小室佳代さんは「大山ねずの命神示教会」という新興宗教に帰依していることが『週刊新潮』にて報じられ、この佳代さんの信仰も結婚延期が決定された原因の一つであるとも噂されてきた。

また、『文春オンライン』は、以前、小室圭さんの父敏勝さんと、敏勝さんの父・善吉さんが自殺した際に、遺産相続の話し合いに小室佳代さんの代理人として知人である喫茶店のマスターが出席したことを報じているが、『女性セブン』の取材によりこの喫茶店マスターは「暴力団関係者」であることが明らかになっている。

「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”“夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう」(同前、喫茶店マスター)

『女性セブン』2019年3月21日号

眞子さまを愛し、眞子さまの幸せを心から願われている紀子さまにとって、こうした事実は、大変気がかりな問題であるようだ。

紀子さまを巡る怪しげな交友関係

しかし、こうした小室家に関する問題について懸念される紀子さまに対して、紀子さまとの不仲が噂される寬仁親王妃信子さまは、「まるで同族嫌悪ね」などと仰られているという。

「小室圭さんの母親の佳代さんを巡る怪しげな交友関係について懸念されている紀子さまですが、実は、紀子さまも父親である川嶋教授を通して様々な怪しげな交友関係を持たれております。

信子さまは、そうした事実についてもよくご承知ですから、紀子さまが、小室佳代さんの交友関係について懸念していることを知られた際には、“紀子さんのお友達だって怪しいものじゃない”と仰られ、“まるで同族嫌悪ね”とバッサリ切り捨てられました(前出の宮内庁関係者)

『週刊新潮』は、紀子さまの父である川嶋辰彦教授と、新潟でパチンコ店の系列企業「三井企画」を営む三井慶昭社長との交友関係が宮内庁にとっての大きな懸念となっていることを報じている。

また、カルトまがいの新興宗教の教祖であり、安倍元総理が心酔し政治的指南役を務めていたことでも知られる池口恵観氏も川嶋教授と非常に親密な関係であるようだ。

これまでに川嶋氏の妻、すなわち紀子妃の実母である和代さんや、舟氏の娘も三井社長と会ったことがあるというから、まさしく家族ぐるみの交遊である。が、

「そうしたお付き合いを、かつて宮内庁が“問題視”したことがありました」

とは、先の川嶋家の事情を知る人物。

「2008年の秋でした。巷で『炎の行者』として知られ、朝鮮総連本部ビル売却問題でも名が挙がった鹿児島・最福寺の池口恵観法主と、川嶋さんが密会したとの記事が週刊誌で報じられたのです」

『週刊新潮』(2019年6月6日号)

紀子さまが、安倍元総理と親密な関係であったことはよく知られているが、実は、この二人の関係を最初に取り持ったのも池口恵観氏であると噂されている。

このような紀子さまを巡る怪しい交友関係の数々について考えれば、信子さまが「紀子さんのお友達だって怪しい」などと皮肉を言われるのもやむを得ないことと言えるだろう。

眞子さま、黒田清子さんから「着信拒否」「既読スルー」 不仲の裏に“雅子さま”の慈愛!