久子さま“激怒”「眞子さん、国民に土下座なさい!」に、小室圭さん「アイツにとってはご褒美ですよ」とニヤリ



文/高山麻子

眞子さま「結婚必要宣言」が嵐を呼ぶ

11月13日、秋篠宮家の長女・眞子さまが小室圭さんとの結婚に関しての“お気持ち”を公表された。今月8日の“立皇嗣の礼”の感動覚めやらぬまま、この1週間は令和皇室にとって激動となった。

眞子さまは文書の中で、渦中の小室圭さんの件について“様々な理由からこの結婚に否定的に考えている人々がいることは承知している”とされたものの、具体的な解決策や、眞子さまご自身が国民に大きな衝撃と不安を与えたことについて、どのようにお考えなのかは示されなかった。その上で、“私達にとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在”と熱く語り、“結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択”と言い切られた。この「結婚必要宣言」をめぐり、皇室内には大きな衝撃が走っている。

眞子さまの心は小室母子に向かい続けているという

眞子さまの文書は“この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました”と結ばれているが、侍従関係者に話を聞くと次のように困惑した様子だ。

「両陛下と眞子さまの間にコロナ禍でお会いする機会はなく、会話らしい会話の機会があったのは立皇嗣の礼の祝賀会の時、非常に短時間。眞子さまがお祝いの言葉を述べられ、両陛下も“ありがとうございます”とお言葉をかけられたとか。

雅子さまは“色々とありますが、体に気を付けて頑張って”ともお声をかけられたそうです。眞子さまは何も指摘を受けなかった事、そして雅子さまの“がんばって”というお言葉を“ご裁可を頂いた”と捉えたのかもしれません。それとも国民に静粛を求めるために、意図的に両陛下を引用なさったのでしょうか。とにかく、両陛下はこの件を静観されているものの、結婚を許可しているという事実はありません」(侍従関係者)

眞子さま「結婚できなければ死にます」 雅子さまに迫った“小室圭さんへの一途な想い”

久子さまの願い

この眞子さまの“不可解な引用”に、皇族方も落胆と怒りを滲ませているという。特に、かねてより小室圭さんとの縁談をよく思っていなかった高円宮妃久子さまの悲しみは深いとのことだ。ある高円宮家の関係者は次のように語る。

「眞子さまと小室圭さんは、ICUの御学友として出会い、自由恋愛を楽しまれてきました。眞子さまの私費で、二人がお忍び旅行に出かけられたことは1度や2度ではないそうです。対して、久子さまは平成26年の次女の典子さん、平成30年の三女の絢子さんの縁談を見事に取りまとめ、宮家当主としてのお覚悟と手腕を発揮されました。女性皇族は慣例的に、まず両親が人脈を広げ、お相手のお人柄や家の歴史などをよく吟味した上で、結婚相手の人選をするというのがセオリーでした。

久子さまはご息女らに、“皇族として生まれても、誰かを好きになって交際することはある。しかし結婚となれば、これまであなた達を見守り育ててくれた人々が安心できるお相手を選ばなければならない”とお育てになったそうです。眞子さまが浮かれてお忍び旅行に出かけていることなどについてもお耳に入れられると、仰天されていました。承子さまも以前、一部週刊誌(週刊女性2018年7月31日号)に“結婚と交際は別です”ときっぱりお応えになっており、これは母・久子さまの方針だとか。

国民感情をおろそかにし、“好きだから結婚したい”とご自身の自由意志ばかりを主張する眞子さまに対しては、皇族らしからぬお振る舞いだと落胆されています。“子供のような駄々でいつまで皆を悩ませるのか”と…。眞子さまのお目を覚まさせるためでしょう。紀子さまを通じて“眞子内親王殿下には、土下座も辞さない覚悟で国民に誠心誠意のお気持ちを話され、期待に応えていくというお覚悟はありますか?”と迫られたこともあるほどだそうです」(高円宮家周辺)

一方、これに対し眞子さまはどのようにお考えなのだろうか? さる皇嗣職はこう話す。

「眞子さまは国民に謝罪など笑止、とおっしゃるでしょう。むしろ、最愛の小室圭さんをいじめ抜いた国民こそが謝罪するべきとお考えでしょう。ご成婚まで、笑顔を貼り付けて公務を淡々とこなされるお覚悟です。小室圭さんの指示で、“稼げるだけ稼いでこい”などと言われているのかもしれません…。むしろそう信じたいです」(皇嗣職関係者)

眞子さまにとってはご褒美?

皇室全体に嵐を巻き起こす眞子さまのご結婚。2019年1月「金銭授受に関しては解決済み」との文書を発表して以降、米国での奮闘ぶりは伝わるものの、それ以外音沙汰がない小室圭さんはどのように考え、今後どうしていくつもりなのだろうか? ICU時代の学友の一人は次のように語った。

「しばらく音沙汰ないので、今現在はどう考えているか推測ですが。高円宮家の絢子さまが結婚された際には、眞子さまが“先を越された!”と混乱状態になって、そのことは笑って話していましたね。高円宮家や他の宮家から反対されていることも、眞子さまを通じて知っていると思います。久子さまの要望に、圭さんだったらどう答えるかな。

多分“土下座謝罪? 眞子なら喜んじゃうでしょ”とでも答えるかもしれません。学生の頃ですが、“眞子は謝る経験がないから、なんてことないことで責められるだけですぐ混乱する。おれが謝れ!謝れ!って言うと、涙流して喜んでるんだよ”って話していたので(苦笑)」(ICUの御学友)

眞子さま「結婚できなければ死にます」 雅子さまに迫った“小室圭さんへの一途な想い”

眞子さま激怒!雅子さまに罵声「圭くんは素晴らしい人なのに!」の絶叫 慈愛の助言に“結婚宣言”を踏みとどまる