眞子さま結婚延期は「美智子さまお年玉300万円」が狙いか 「これは餞別。来年は倍額包みましょう」のおことばも



文/伊藤友香子

眞子さまの結婚に注目集まる

秋篠宮家の長女・眞子さまが今月13日、小室圭さんとの結婚についてお気持ちを公表した。眞子さまは“様々な理由からこの結婚に否定的に考えている人がいることは承知している”とされながらも、“結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です”と堂々宣言された。さる皇室ジャーナリストは次のように話す。

「眞子さまのお言葉には、アイドルか何かの釈明会見のような薄ら寒い印象を受けました。周囲の反対を押し切っても結婚したいというお気持ちの強さだけは感じ取れたものの、では具体的に、小室家の金銭トラブルは解決されるおつもりがあるのか、秋篠宮殿下がおっしゃった“多くの人が納得し祝福する状況”の意味は理解されているのか。核心には触れずに、人々の同情を買うような文書を公表されたことは、内親王としてふさわしいのでしょうか。天皇皇后両陛下も深くお嘆きであると聞き及んでいます」(皇室ジャーナリスト)

11月30日には、立皇嗣の礼を終えられた秋篠宮殿下のお誕生日も控えている。父として、殿下が記者会見で何を語られるのか。秋篠宮家の動向に大きな注目が集まっている。

秋篠宮殿下は、父として何を語るのか?

眞子さま涙…小室佳代さん「財産乗っ取り」の新事実 自宅マンションは「角田家」に奪われていた!

バラバラの秋篠宮家

多くの人々が関心を寄せる秋篠宮家の動向。眞子さまのお幸せのために、両殿下には今後もご説得を頑張っていただきたいというのは、多くの国民の願いである。だが、ある秋篠宮家の関係者は次のように内情を語る。

「秋篠宮殿下は、眞子さまと直接この件について話す機会を避けていらっしゃいます。刺激すれば眞子さまが暴走し、どのような行動に出られるかわからないからでしょう。国民の声、暴走する眞子さまの間で板挟みになり、一番悩み苦しまれているのは秋篠宮殿下でしょう」(秋篠宮家関係者)

一方の紀子さまは、そんな殿下にご叱正を繰り返されているという。

「紀子さまは過去の事を完全にお忘れになったのかもしれません。『“最初に小室君いいね、穏やかで誠実だね”と言ったのはあなた、私は従っただけです!』と責任の所在を殿下に丸投げされています。ただ、眞子さまの暴走を恐れているのは紀子さまも同じです。日々眞子さまのご機嫌伺いに奔走し、説得どころではありません。紀子さまとしては、将来の悠仁さま御即位にケチが付かないように、小室圭さんと眞子さまに“暴露”などという手段を取られないように、できるだけ穏便に過ごしてもらい、静かに皇室を去っていただきたいというところなのかもしれません」(同前)

かつての仲睦まじき秋篠宮ご夫妻

一方の眞子さまは、このような周囲の様子には心を動かされるご様子もなく、毎日私室にこもられ、小室圭さんとのオンライン通話に興じておられるという。小室圭さんは来年5月にフォーダム大学での課程を修了、7月にはNY州弁護士試験を控えている。母の佳代さんと元婚約者との間での金銭授受に関しても、11月1日で400万円の内の一部が債権時効を迎えた。

「この時効というのは、小室家が元婚約者側に“時効です、返済の意思はございません”と伝えなければ成立しないものですが、おそらく小室圭さんはすべての時効を迎える2022年1月以降に、元婚約者に対して何らかの動きを見せるでしょう。途中で動いてしまうと、また物議を呼び起こします。『沈黙は金』とは、佳代さんの信条です。小室さんのキャリアが整うのと、すべての時効が来る2022年1月に、お二人は結婚を改めて宣言されるつもりではないでしょうか」(小室家の元代理人)

美智子さまのご心配

バラバラの方向を向く秋篠宮家。この様子を静かに、じっと見守られているのが上皇后美智子さまであるという。

「美智子さまは、眞子さまと小室圭さんの結婚に裁可を出したことを、なんとか雅子さまのせいに出来ないかと思案されています。また『やはり、紀子のようなどこの馬の骨とも分からぬ者はだめですね、小室圭と同類です』とお嘆きです」(仙洞仮御所周辺)

以前は、美智子さまも女性宮家の創設に大変前向きで、将来は眞子さまにこそ筆頭宮家の当主としてご活躍されて欲しいと願われていたという。しかし、国民の反応をご覧になり、眞子さまには穏便に、なるべく早く降嫁して欲しいとのお考えに至ったというのだ。

先日は『今年の眞子のお年玉は、餞別となるかもしれません。倍額なら納得するかしら?』と悲しげにおっしゃっておられました。漏れ聞くところによると、美智子さまは秋篠宮家のお子様方に毎年300万ほどのお年玉をお渡しになってきたとのこと。

美智子さまの愛情は、金銭の多寡によって示されます。愛子さまには5,000円以上は包まれたことがないとのことです。今年は、眞子さまにさっさと皇室を去っていただくためにも、今まで以上のお年玉をお渡しになって、“結婚資金づくり”に協力されるおつもりなのでしょう。美智子さまの大きな愛情に、涙を禁じえません。ひょっとすると、眞子さまは美智子さまのお年玉倍増という愛情表現を期待され、結婚を来年以降に延期されたのかもしれません」(同前)

眞子さま涙…小室佳代さん「財産乗っ取り」の新事実 自宅マンションは「角田家」に奪われていた!