紀子さま「久子!出てきやがれ!」 高円宮邸に突撃、衝撃の宮家バトルが始まる



文/高山麻子

眞子さまの結婚問題に注目が集まった1週間

“立皇嗣の礼”の感動覚めやらぬ11月13日、眞子さまがついに沈黙を破られた。2018年2月より延期されていた小室圭さんとの結婚延期問題について、現在のお気持ちを文書で公表されたのだ。

眞子さまは文書で「お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在」と、結婚式の誓いのことばさながらに、熱くその思いを綴られた。一方で、2018年11月、秋篠宮殿下がお誕生日会見で提示した「色んな所で話題になっていること、これについてきちんと整理して問題をクリアにすること」、つまり、小室圭さんの母・佳代さんと、元婚約者との間で生じている金銭トラブルの解決については多くを語られなかった。

「この文書を受けて、皇室内でも動揺が広がっているようです。特に、天皇皇后両陛下に“ご裁可”を頂いたかのようなミスリードを誘発する結びの箇所を巡っては、皇族方からも驚きの声が挙がっているようです」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

愛し合う二人は無敵か。
お二人の笑顔がまぶしい。

眞子さま「タイに“隠し子”がいるくせに!」 破られたタブーに、秋篠宮さま“仰天の反論”

久子さまの素晴らしいご決断

特に、かねてより眞子さまの縁談について“もう一度検討し直したほうが良い”とのお考えをお持ちだった高円宮妃久子さまは、秋篠宮家の勝手な振る舞いに業を煮やしているという。

「久子さまはどうやら、事前にこのタイミングで眞子さまが“お気持ち発表”をされることをご存知だったようです。また、眞子さまが陛下と雅子さまの“ご裁可”を得るために、度々赤坂御所に突撃なさったり、雅子さま宛に小室圭さんへの思いをしたためた文書をお送りになってきたことも把握されていたとか。立皇嗣の礼のあとすぐに発表の運びとなることを知られた際は、『それでは、立皇嗣の礼も延期された方がよろしいのではないですか?』と毅然とおっしゃりました。多くの国民が、立皇嗣の礼からの眞子さまの発表という流れをどのように受け止めるか、その結果を見越しての諫言でしょう」(高円宮家消息筋)

しかし、久子さまや皇族方の願いも虚しく、今月8日には立皇嗣の礼が挙行された。その結果、10日の皇室内の祝賀会に、久子さまが唯一ご欠席という事態となった。

「久子さまは、祝賀会を信頼する承子女王に託し、京都、奈良での“正倉院展”のご公務を優先されました。秋篠宮家の振る舞いにもう我慢ならなかったのでしょう」(前出の佐藤氏)

この久子さまの行動は、国民のみならず、皇室内部でも“ご英断だった”と称賛を集めているという。

紀子さまの突撃

一方、ある秋篠宮家の関係者は次のように話す。

「紀子さまは、眞子さまのご結婚について“娘の意思を尊重したい”というお気持ちをお持ちです。しかし、手放しでこの結婚を喜ばれているわけではありません。むしろ、できれば諦めて欲しいと願われています。しかし日常的に眞子さまに『早く国民にガツンと言いたいの。許してくれないと、まこりんも最終兵器彼女になっちゃうぞ!』と迫られていらっしゃいました。意味は理解できないものの、穏やかならざる眞子さまのお言葉は、次第に紀子さまを追い詰めていきました。

紀子さまにとって立皇嗣の礼をできるだけ速やかに行ってしまうことは、悠仁さまの御即位を確たるものにするためにも重要なことでした。悩みに悩みぬき、挙行後すぐの公表を了承されたのです。久子さまに対しては『私の悩みを慮るとか、あって然るべきよ! 皇嗣妃殿下を支えるのは宮家の勤めでしょ?』といら立たれており…。その結果祝賀会では承子さまにピッタリと張り付き、ネチネチとそのことを追求したそうで、『びっくりした顔してたわ、いい気味よ!』などとおっしゃっていました…」(秋篠宮家消息筋)

承子さまはどう受け止められたのだろうか

実は先日、この久子さまの一件をめぐり、紀子さまが高円宮邸に突撃されるという出来事が起きたという。

「紀子さまの溜飲は、承子さまへのネチネチ口撃だけでは下がらなかったのでしょう。先日、紀子さまが直接高円宮邸に突撃されました。玄関ドアをドンドンと蹴られながら『久子!出てこい!教育してやる! 話があるなら直接言え~!』と大きな声で叫ばれたのです。幸いにも、久子さまは外出中であったとのことで安心いたしました」(同前)

数人の職員がなだめ、水を飲んで落ち着いていただいたところ、紀子さまは徐々に落ち着きを取り戻されたという。

『あらいやだ、私としたことが! 今日のことはお忘れになってくださいまし!』と、高円宮の警備の人にっこり笑顔を向けられたのです。大きな声でいいたい事をおっしゃったことで、溜まっていたものが発散できたのかもしれません。あの豹変ぶりは、見るものを圧倒します」(同前)

高円宮邸の前でスッキリとされた紀子さま。集まった警備員らに「御機嫌よう~」とお手を振られながら、軽やかに秋篠宮邸にお帰りになったという。現場に居合わせた警備員の一人は「秋篠宮家が“ご難場”であるとは聞き及んでいましたが、紀子さまの御教育があそこまでの域だとは驚きました。配置換えになったら辞職させていただきます」と震えきっていた。

国民や他の宮家も巻き込んで、大きな波乱となっている眞子さまと小室圭さんのご結婚。この状況は、少なくともあと2年は続くと見られており、皇室関係者の間では、今後さらなる揉め事が生じるのではないかとの懸念が広がっているという。

高円宮家の当主・久子さま。平成時代を通じ、雅子さまと良好な関係を築かれたことでも知られる。

眞子さま「タイに“隠し子”がいるくせに!」 破られたタブーに、秋篠宮さま“仰天の反論”