眞子さま「タイに“隠し子”がいるくせに!」 破られたタブーに、秋篠宮さま“仰天の反論”



文/浜那須あずさ

結婚は必要な選択です

「眞子ぉ、金、ねンだわ」「結婚は必要な選択です」で答えたのは先週、11月13日。

この日、結婚が延期されている眞子さま・小室さんの「お気持ち」を宮内庁は文書で公表した。世間を騒がせたこの文書だが、「天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっている」とされていた点に意外さを感じた人も多かっただろう。

しかし、同時にこうも思ったはずだ。

両親(秋篠宮さまと紀子さま)の了承は得ていないのか?」

と。

婚約内定記者会見。幸せそうなお二人の表情が印象的だ。

眞子さま「皇室追放劇」の全真相 秋篠宮さま“会見”に、小室圭さんが放った“衝撃の一言”

文書公開に難色を示した紀子さま

「実は、秋篠宮さまはあの文書公開に最後まで難色を示していらっしゃったのです…」

と、眞子さま「文書」で秋篠宮さまと紀子さまが触れられていなかった点について、ある秋篠宮家に通じるある人物はこう語ってくれた。

「秋篠宮さまと紀子さまは言うまでもありませんが、この結婚に反対していらっしゃいます。そもそも小室家側に好印象はあまり持っていなかったご様子ですが、一番の理由はやはり、小室さんが誠意を見せてくれないことにあるでしょう。

一昨年の11月、秋篠宮さまが誕生日記者会見で『きちんと整理をして問題をクリアするということ』『多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀を行うことはできません』と、非常に明確に問題解決について小室さん側にボールを渡しているわけですが、それから2年経ちましたが、いっこうに…本当に、いっこうに小室さんは問題を解決しようとしませんよね。

秋篠宮さま・紀子さまサイドとしても、『納采の儀を行えない状況を引き延ばしているのは小室家のほうではないか…』と思うのは当然でしょう」(秋篠宮家に通じる人物)

確かに、2年もあれば400万円くらいの借金を返す段取りくらい誰でもできると言っても過言ではない。それをあえてしないのは「『なるべく引き延ばした方が金が入る』と小室さん側が思っているからだ」というインターネットの噂も根強い。

「眞子ぉ、金、ねンだわ」

「圭クン?今月はいくら必要なの?3千ドル?わかったわかった、LINEペイですぐ送金するッ!」

「ありがてンだわ!」

秋篠宮邸の眞子さま寝室では、夜な夜なこのような会話が繰り広げられており、実は眞子さまは小室さんに“調教”されているとウワサだが、果たしてどうなのだろう。

文書公開前夜の赤坂東邸を襲った「修羅場」とは?

眞子さまの様子が気になる秋篠宮殿下。アンニュイな表情が美しい。

事の真偽は別にして、風当たりが厳しくなりつつある秋篠宮家であるが、秋篠宮さまも紀子さまも、小室さん・眞子さまに“振り回されている被害者”という言い方は少なくともできるかもしれない。

「実は眞子さまはご両親と何度も話し合いを重ねています。しかし、最後まで会話が平行線に終わってしまい、あの“文書”が公開されたということだそうですね。なんでも、文書公開前夜の話し合いは“修羅場”になってしまったとか…」(同上)

秋篠宮家に通じる人物は、眞子さま「文書」の公開に先立って秋篠宮家内で繰り広げられたという“修羅場”をこう語る。

「現在の仮邸は手狭で、込み入った話をする際は宮家内部のことでも、赤坂東邸をお使いになります。文書公開前夜は、紀子さまと眞子さまがお二人で赤坂東邸に入られた後、少しして秋篠宮さまが東邸に来られたとのことで、開口一番、秋篠宮さまはこう言ったそうです。

眞子、やっぱり、圭くんは難しい。眞子、考え直してみて欲しい』と。

すかさず、紀子さまも『私たちの気苦労もわかってほしい』と言いました。紀子さまの日課は“エゴサ”ですので、公務のないときは日がな一日エゴサをしていることもあり、日に日に悪化する世論の悪化にこのままでは悠仁さまへの皇位継承も危ういとお考えなのかもしれません」(同上)

眞子さまは両親からほだされても一向に「圭クンと結婚する!」の一点張りだったそうだ。これこそまさに“聞く耳を持たない”という状況である。

「全部、知ってンだわ!」

秋篠宮家に通じる人物によれば、およそこのような会話が小一時間ほど続いたらしい。

秋篠宮さま:「眞子、圭くんとの結婚はあきらめなさい!」

眞子さま:「イヤよ、イヤ!」

紀子さま:「男ならいくらでもいるでしょ! なんなら久子さまに紹介してもらえるようにお母さん言っとくわよ?」

眞子さま:「ナニよ! 久子さまはお母さまから意地悪されてるんだから、どうせ、腹いせにヘンな男しか紹介してくださらないわ」

上記のような一時間の口論が終わるとふいに沈黙が始まったという。

その後は、“話し合い”ではなく、“静寂”が続いたそうです。テーブルの上に置かれた四角い置時計の針の音が、カチカチと部屋に響きました。その沈黙に耐えられなくなったのか、紀子さまは独り立ち上がり部屋から退出されました。

紀子さまが出ていかれて1分ほどした後、秋篠宮さまが口を開かれ『なあ、眞子!皇族としての身分をわきまえろ!』と。

秋篠宮さまのこの一言が、ついに眞子さまに火をつけてしまいました。眞子さまはテーブルを掌でたたいて、激高し、こうおっしゃったのです。

なによ、お父様だって、タイに“隠し子”がいるんでしょ?全部知ってンだわ!

その後も、『クリントン大統領との晩餐会を欠席して、タイの愛人とナマズ見に行ったんでしょ? 全部知ってンだわ!』と、続いたそうです。

その後『腹違いのお兄さんがタイにいること、ヒサに教えちゃうから!』と言い、『全部、知ってンだわ!』と捨て台詞をはいて赤坂東邸を後にしたそうです。仰天した秋篠宮さま『どこでそれを!』と一人反論され、『眞子がネットのデマを知って、それを信じているなんて』とその場で崩れ落ちたそうです」(同上)

なんと、ついに、眞子さまの語尾が「ンだわ」で終わってしまったのだとか…

「話し方まで変わってしまうとは…小室さんの“調教”は想像以上かもしれません。これから眞子さまはいったいどうなってしまうでしょう…」(同上)

令和2年も年末に近づいた今日この頃だが、いっこうに終わらない小室圭さん問題に秋篠宮家は疲弊していると聞く。今月には秋篠宮さまの誕生日会見が予定されているが、その場で眞子さま結婚問題について、秋篠宮さま・紀子さまが口を開くだろう。

“修羅場”を経て、秋篠宮さまが何を語るのか、注目してみていきたい。

眞子さま「皇室追放劇」の全真相 秋篠宮さま“会見”に、小室圭さんが放った“衝撃の一言”

小室圭さん「結婚できなかったら俺は死ぬしかない!」最愛の恋人を救う眞子さまのご決断