紀子さま「なに勝手に結婚許可してるのよ!」雅子さまを宮邸へ呼びつけご叱責



文/木下聡

波紋を広げる眞子さまのお気持ち文書

今月13日、秋篠宮家の長女眞子さまは、現在延期状態となっている小室圭さんとの結婚に関してのお気持ちを文書にて発表された。文書の中には、結婚の再延期を認める記述と共に、眞子さまの結婚実現への固い決意が綴られている。

私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

「小室圭さんと一緒になれなければ生きていけない」そのような意味にも読み取れる強い決意を眞子さまが表明されたことに驚く国民も多かったようだ。

「ご結婚の延期が発表されてから、すでに2年以上が経過しましたが、いまだに多くの国民が結婚に反対している状況に変わりはありません。

そうした中で、これほど強いお気持ちを表明されれば、国民からの反発を招くことは予想が出来たはずです。しかし、それでも、こうした想いをどうしても国民に理解して欲しいというお気持ちを眞子さまはもたれているのでしょう」(全国紙社会部記者)

婚約内定会見に臨む眞子さまと小室圭さん。
とても幸せそうな様子で互いを見つめ合う様子が微笑ましい。

眞子さま「皇室追放劇」の全真相 秋篠宮さま“会見”に、小室圭さんが放った“衝撃の一言”

眞子さまのお気持ちを尊重される両陛下

また、文書の中で、この他に特に話題となった記述の一つが、天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻のご意向についても触れられていたことだ。

この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました。

天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております。

同前

これまで眞子さまと小室圭さんのご結婚に関しては、「秋篠宮家の家庭内の問題」であると、考えられてきた。それだけに、このように、天皇陛下や雅子さまのお気持ちに関しても文書で触れられたことには、多くの関係者が驚いたようだ。

「これまで、天皇皇后両陛下は、眞子さまのご結婚の問題について公の場では一切言及されておりませんでした。

ですが、このように今回の文書で眞子さまが両陛下のお名前を出されたということは、以前から眞子さまがこの問題について天皇陛下や雅子さまに相談されていたということでしょう。

“私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっている”という記述から、両陛下もこの結婚に賛成しているものと拝察されます(前出の社会部記者)

雅子さまのご結婚許可に紀子さま激怒

平成流を受け継ぐ紀子さま。美智子さま、紀子さまの微笑みが美しい。

しかし、このように眞子さまのお気持ちを尊重されているという両陛下に対して、紀子さまは大変お怒りになられたという。

「紀子さまは、今回の眞子さまの発表された文書の内容を確認された後、大変激高したご様子で開口一番“何で、雅子さんが眞子の結婚を勝手に許可してるのよ!?”と仰られました。

眞子さまのご結婚問題に関しては、平成の時代に上皇陛下がご結婚の裁可を出されたことが、この問題の解決を目指すうえで大きな障害となりました。そのため、また両陛下が結婚を許可したとなれば、再び問題がこじれてしまうとお考えになられたのでしょう。

そのため、紀子さまは側近の職員を通して、両陛下を宮邸まで呼びつけるよう指示されました。天皇陛下は、ご多忙なために、宮邸に足を運ぶことは出来なかったようですが、雅子さまだけが紀子さまからの呼び出しに応じ、宮邸を訪問されたようです。

“一体何があったのか?”と困惑されたご様子の雅子さまに対して、紀子さまは“何勝手に結婚を許可してるのよ!これは私たちの家庭の問題なのだから口を挟まないで頂戴”と怒鳴りつけられました。

さらに、その後も、雅子さまを自室に招き、2時間ほど、“秋篠宮家の問題に口を出さないで欲しい”“勝手なことをして問題をややこしくするのはやめて欲しい”などとネチネチと説教をされていたそうです」(宮内庁職員)

このように、激高された紀子さまに対しても、雅子さまは優しい眼差しを向けられ、「勝手なことをして済まなかった」「どのようなかたちであれ、眞子さんには幸せになって欲しい」といったことを仰られていたという。

眞子さま「皇室追放劇」の全真相 秋篠宮さま“会見”に、小室圭さんが放った“衝撃の一言”