小室圭さん“一時金”を担保に「多額の借金」が発覚 新たな1億円借入れに眞子さま号泣


注:本記事はYoutubeへの転載を許可していません。

https://www.youtube.com/watch?v=khxB9af02s0は、無断転載であり著作権法に違反しています。

文/木下聡

天皇陛下の権威を不正に利用される眞子さま

今月13日、秋篠宮家の長女眞子さまは、現在延期状態となっている小室圭さんとの結婚に関して文書にてお気持ちを発表された。

眞子さまのご結婚への固い決意が込められた文書の発表となったが、多くの関係者らにとって予想外ともいえる内容であったこともあり、大変な波紋を広げている。

様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。

しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち

こうした文書からは、たとえ国民が反対したとしても必ず結婚を実現させたいという眞子さまの強い想いが感じられる。

また、このご結婚に関して「生きるために必要」と述べられていることは、仮に結婚が破談となれば「生きていけない」ということであり、もはやある種の脅迫のようですらある。

さらに宮内庁の内部で物議となったのが、天皇皇后両陛下のご意向について述べられた次のような文言である。

この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました。

天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております。

同前

なぜ、このような文言が問題となっているのかといえば、実際には、天皇皇后両陛下が結婚に関して許可などしていないからにほかならない。

「眞子さまとご結婚問題は、秋篠宮家の問題ですから、天皇皇后両陛下がそうした宮家の家庭内の問題に口を挟まれるなどという無粋なことを行うとは到底思えません。

秋篠宮ご夫妻が反対されているご結婚に関して、親戚に過ぎない両陛下が許可を与えるなどということは、まずあり得ないと言って良いでしょう。

また、仮に天皇陛下が結婚を許可されたというなら、正式にご結婚の裁可を下されるはずです。しかし、現実にはそのようにはされていないのですから、仮に眞子さまのお気持ちに理解を示されることはあっても、結婚を許可されてはいないということです」(宮内庁職員)

こうした問題に関して、宮内記者会にて質問に応じた加地隆治皇嗣職大夫は、「お二人のお気持ちを尊重されたということ」「文章を読んでもらえれば分かります」などと要領を得ない回答を繰り返すばかりであったという。(「眞子さま」結婚宣言で「小室圭さん」圧勝『週刊新潮』2020年11月26日)

一時金を獲得しなければ“生きていけない”小室圭さん

お二人のご結婚に関して、「私たちにとって(中略)生きていくために必要な選択」であると述べられた眞子さま。しなやかで美しい文面ながらも、そこには強い意志が宿っている。一見、意味深な文言であるが、恋人の小室圭さんにとって現在、眞子さまとの結婚と一時金1億5000万円の獲得は、まさに“死活問題”となっているようだ。

眞子さまと小室圭さんのご結婚問題について詳しいあるジャーナリストは、現在の小室圭さんの窮状について次のように述べる。

「現在、フォーダム大学に留学している小室圭さんですが、収入はないため、大学の学費とニューヨークでの生活費は全て借入金で賄っている状態です。

留学1年目こそ、首尾よく奨学金を獲得し、学費の問題をクリアできたものの、2年目は、奨学金の獲得を逃しており、膨大な借金を抱えながら収入のないまま勉学に励んでいるのが現状です」(全国紙社会部記者)

小室圭さんの学費や生活費に関して、「返すアテもなしに、なぜこれほど多額のお金を借りることができるのか?」と疑問に思う国民も多いだろう。実は、小室さんは、眞子さまと結婚した際に手に入る1億円の結婚一時金を担保に借金をしているのだという。

「留学1年目には、皇族の一員である眞子さまと婚約関係にあることをアピールしてフォーダム大学の特別奨学金を獲得した小室圭さんですが、その後の学費や生活費は、眞子さまと結婚した際に入ってくる1億5000万円を担保に借金を繰り返しているようです。

とはいえ、すでにまともな金融機関からはあらかた借り尽くしてしまったために、現在ではほとんど闇金まがいの金融機関から借金を繰り返しているとも噂されております。

事実、大学時代に同級生だったという小室圭さんの友人の一人から話を伺ったところ、かなり深刻な様子で、“眞子と結婚できなければお金を返せない”などとメールが送られてくることもあるようで、時には、ほとんどパニック状態で“もしかしたら東京湾に沈められるかもしれない”となど連絡が入ってくることもあるようです」(前出の社会部記者)

新たな1億円借金問題に眞子さま号泣

この小室圭さんの抱える新たな借金問題に誰よりも心を傷められたのが、他ならぬ恋人の眞子さまである。

「どうやら、闇金まがいの金融から借り続けた小室圭さんの借金は、法外な利率で借りていることもあり、すでに1億円近い金額にまで膨れ上がっているようです。

眞子さまは、このことを知られた際に、大変なショックを受けられたようです。そして、涙を流しながら“何が何でも私が助けてあげるから”“国民が何と言おうと、私たちはこんなに愛し合い、お互いを必要としているのですから”と仰られたそうです。

通常であれば、1億円近い借金を抱えた20代後半の無職男など、見放す他ないように思えますが、眞子さまは逆に“こんなにダメな人なんだから、私が助けてあげなくちゃやっていけない”とお考えになられているのかもしれません」(宮内庁皇嗣職)

現在、「小室圭さんに洗脳されているのではないか?」などとも噂され、その精神状態について心配されてもいる眞子さまだが、同時に、恋人の小室圭さんも、多額の借金にを背負いながら、遠い異国の地で孤独に過ごす日々を、大変苦しい気持ちを抱えながら耐え忍んでいるのかもしれない。

8件のコメント

結婚したければ、結婚すればいい。
ただし、国民の税金による持参金はなしということで。

29
1

もうさんざん税金を使って自分のキャリア形成をしているのだから、ここはきっぱり婚約内定を辞退して、いったん白紙にしましょう。きちんと就職して他人さまからの援助なしに自分で稼いで元婚約者さんに400万円以上をかえしてから、もう一度、真子さまにプロポーズしたらどうですか??二人が本当に愛し合っていたら、何年かかってもその努力をするべきです。今のままで結婚を強行しても国民の理解を得ることは無理でしょう。皇室の存亡にかかわります。

19

《ロ-マの休日》と言う名画がある。主人公は某国の王女様そして不思議な縁で知り合った貧乏な記者。王女は窮屈な付き人生活からから抜け出し,記者と恋人のような短い時間を送る。王女は,しかし,帰国直前に自覚し,王女として,立場を心得,堂々とふるまう。そして,つかの間の恋人だった記者は,王女との会見の場で質問する。
《貴女はこの先どんな生き方をするのですか?》王女は応える《国民のために働く》。
***
さて,某国のお姫様,《K君,恋しい恋しいもう国民なんて知らん私だけ幸福ならいいの!!》ホンマニこの格差に
溜息出ます。これが,2000年の長い歴史伝統を誇る皇室で起こる事なのか…もうこんな皇室なら不要。
お姫様あなたは国民を失望させます。

14

何が何でも私が助けてあげるからって、自分で稼いだお金で言ってくれませんかねえ…

10

何が何でも私が助けてあげるからって、まさか税金で借金の穴埋めをするんじゃないでしょうね。そんなことに使われるために、税金を納めているのではない。

何もかも甘いですね。
人の金を踏み倒す親・息子は税金を踏み倒すそして眞子は働かないから1円もの金の価値を知らない。
今コロナの中で食べる事さえできない人たちの税金を湯水のごとく使って何が結婚だよこの詐欺親子も
眞子や秋篠宮家も同罪だよね。何が一回のお手振りで100万だよ国民はこの100万稼ぐのに何ヶ月もの苦労しているのに・・・
小室の疑惑ばかりの留学親の詐欺問題皇室関係者日本の警察いち早く解決してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。