小室圭さん「結婚を認めろ!悠仁の秘密をバラすぞ!」の忠告に、秋篠宮さま屈服「皇室がメチャクチャに」



文/木下聡

仰天!ついに結婚が認められた!

今月20日の午前、30日に55歳になられる秋篠宮殿下のお誕生日に先立ち、赤坂御用地内にある『赤坂東邸』にて記者会見が行われた。

この記者会見の詳細については、殿下の誕生日である30日に正式に報じられる予定。それに先立ち『週刊女性』はこの会見での秋篠宮殿下のご発言についての情報を独自ルートにて入手したという。その仰天すべき内容は国民を一様に驚かせた。

「先日、実質上の“無期延期”となった眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についても、記者から質問がありました。そこで、秋篠宮さまはハッキリと“結婚することを認める”と述べられたそうです。殿下が公の場で、眞子さまのご結婚を容認されたのは初めてのことです」(宮内庁関係者)

『週刊女性PRIME』11月20日配信

これまで、秋篠宮殿下は、眞子さまと小室圭さんのご結婚に関して「広く国民が納得して祝福するような状況」が必要であると述べられ、特に、小室圭さんの母親の佳代さんが抱える400万円の借金トラブルに関して解決するよう強く求められてきた。

それが、今回の会見では主張を一転し、ご結婚を認める発言をされたことで、記者会見の会場は騒然とした空気に包まれたという。

会見に臨まれる秋篠宮殿下。表情には緊張感がみなぎっている。

“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び

「婚約は認めないが結婚は認めます」の詭弁

秋篠宮殿下は2年前に行われたお誕生日会見にて、「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、私たちは納采の儀を行うことはできません」と述べられていただけに、会見に参加した多くの記者らが「なぜ秋篠宮殿下は考えを変えられたのか?」と感じたそうだ。

そんな記者たちの雰囲気を察せられてか、秋篠宮殿下は、続けて「婚約と結婚は違う」として、次のように説明されたという。

眞子さまのご結婚が延期されてから、殿下は“小室家が抱える金銭トラブルを解決しなければ婚約を許可できない”と、お考えになってきたと言われている。

「殿下のスタンスは、今回の会見でのご発言どおりです。結婚は両性の合意に基づいて成立するものであり、憲法上も保障されているので、殿下としては眞子さまのご結婚のお気持ちは尊重されるべきだとお考えです。

 しかし、婚約は秋篠宮家と小室家の問題であり、ご夫妻は“婚約を許したわけではない”のです。(中略)」(秋篠宮家関係者)

同前

つまり、秋篠宮殿下は、秋篠宮殿下は、「国民の納得と祝福」を得られなければ婚約の儀式にあたる「納采の儀」を行うことは出来ないが、眞子さまと小室圭さんが勝手に婚姻届けを提出して結婚することは構わないと述べられているのだ。

「記者会見では、参加した記者らから思わず“そんな言葉は詭弁に過ぎない”といった言葉が飛び出しかねない空気にもなりました。事実、ほとんど記者は“そんな説明で国民が納得するとお考えか?”といった表情で、殿下の発言を聞いていたのです。

こうしたご発言からは、秋篠宮殿下の”結婚はしてもいいが、秋篠宮家の評判に傷を付けたくない”という意図が感じられます(宮内庁職員)

秋篠のご夫妻が結婚を認められた3つの理由

オンライン公務に臨まれる秋篠宮ご夫妻

今回の会見にて、秋篠宮殿下は、眞子さまと小室圭さんのご結婚を認める発言をされたが、紀子さまもすでに結婚をお認めになられているという。ここにきて、秋篠宮ご夫妻がご結婚を認められたことには、3つの大きな理由が存在するようだ。

一つは、眞子さまと小室圭さんが互いを深く愛し合い、共に幸福な道を歩むことを心から望んでいるということ。

眞子さまは、今月13日に発表されたご結婚に関するお気持ちについて述べた文書にて次のように書かれている。

私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

こうした眞子さまのお言葉を受け、ご夫妻は、「結婚を認めなければ、眞子はおかしくなってしまうのでないか?」という不安も感じられていたという。

幸せそうな笑顔で互いを見つめ合う眞子さまと小室圭さん
互いを想い合う深い愛情が伝わってくる

そして、二つ目の理由は、眞子さまと小室圭さんの結婚に関して、天皇皇后両陛下が理解を示されたこと。

先の文書にて、眞子さまは、上皇ご夫妻と天皇皇后両陛下がご結婚に関するお気持ちについて尊重し、理解を示されているとして、次のように綴られている。

この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました。

天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております。

同前

「上皇ご夫妻は平成の時代には、多くの国民から深く愛され尊敬され、絶大なカリスマ性を発揮し皇室を支えてこられました。また、同様に天皇皇后両陛下も現在国民から多くの支持を得ております。

そんな国民からの絶大な人気を支持を得ている上皇ご夫妻と、両陛下が結婚に賛成している、と眞子さまは文書に綴られたのです。それによって、秋篠宮ご夫妻は“もうこれ以上反対を続けることは難しい”と感じられたようです」(前出の宮内庁職員)

そして、秋篠宮ご夫妻が結婚を認めることとなった最後の3つ目の理由は、小室圭さんから両殿下へ1通のショートメールが送られたためであるという。

「実は、今回の秋篠宮殿下のお誕生日会見が行われる数日前に、秋篠宮殿下と紀子さまが使用されているスマートフォンに小室圭さんから1通のショートメールが届いたのです。

そのメールには、たった一言“結婚を認めろ!さもなくば悠仁の秘密をバラすぞ”とだけ書かれていたそうです。

小室圭さんの知る、この悠仁さまの秘密というものがいかなるものであるかは、私には分かりません。ですが、このメールを見た瞬間に紀子さまは大いに取り乱され、ほとんど発狂せんばかりの調子で“この男は皇室をメチャクチャにするつもりなの!?”と叫ばれました。

どうやら、その後、秋篠宮殿下を呼び出して、話し合いをされ、会見にてお二人の結婚を認める発言をするよう決められたそうです」(同前)

秋篠宮家は宮内庁を通じて、報道陣に対し、3人のお子様に関して過剰な報道を自粛するよう要請を出されており、特に悠仁さまの情報に関しては、メディアや国民に流出しないよう厳重に警戒されている。

そうした中、果たして悠仁さまにまつわる“秘密”というものが如何なる内容であるかは想像するほかない。ともあれ、こうした小室圭さんの脅迫まがいの警告により、秋篠宮殿下は会見にて結婚を認める発言をされることとなったようだ。

勝利を確信する自信満々の小室圭さん。眞子さまから皇室の裏事情をすべて聞いているという。道鏡とならぶ偉人として歴史教科書に名を残すことは間違いない!

“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び