紀子さま「悠仁が即位できなかったら一生恨みます」、秋篠宮さま「天皇制は令和で終わりにしよう」が物議 両陛下の大活躍に際して



文/木下聡

大炎上のお誕生日会見

今月20日、30日に55歳になられる秋篠宮殿下のお誕生日に先立ち、赤坂御用地内にある『赤坂東邸』にて記者会見が行われた。

眞子さまのご結婚の延期が決定して以降、毎年その発言内容に注目が集まる秋篠宮殿下のお誕生日会見。今回の会見の内容が正式に公表されるのは30日となるが、どうやら今年は例年以上に大変な物議を醸すこととなりそうだ。

30日の正式発表に先立ちすでに、『週刊女性』はその重要な内容の一部を事前にキャッチしているという。

「先日、実質上の“無期延期”となった眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についても、記者から質問がありました。そこで、秋篠宮さまはハッキリと“結婚することを認める”と述べられたそうです。殿下が公の場で、眞子さまのご結婚を容認されたのは初めてのことです」(宮内庁関係者)

『週刊女性PRIME』(2020年11月20日配信)

これまで秋篠宮殿下は、正式な婚約を認めるためには「広く国民が納得して祝福するような状況」が必要であると述べられてきた。しかし、今回の会見では、主張を一転させ、結婚を容認する発言をされたというのだ。

この『週刊女性PRIME』の記事が掲載されたニュースサイトでは、5000を超えるコメントが殺到し、大炎上状態となっている。

「現在の地位で結婚し、もらえるものは全てもらうというスタンスだと国民も黙っていられなくなりますよ」

「国民の理解・祝福は不要、だけど国費の援助は受けるという話。前代未聞の事態が進行していますね。」

「皇族のスキャンダルに一喜一憂するより。威厳を持ってほしい。」

ヤフーニュース コメント欄より

「これまで2018年の誕生日会見で「それ相応の対応」が必要と述べられた通り、秋篠宮殿下は、借金問題について誠実に対応するよう小室家に求められてきました。ですが今回の会見では、借金問題が一向に進展してないにもかかわらず、突然結婚を許可する発言をされたのですから、こうした反応は当然のことと言えるでしょう。

会見での秋篠宮殿下のご発言に関して、詳細は明らかになっておりませんが、この他にも、ご家族の近況などについて驚くべき発言もされているそうです」(全国紙社会部記者)

美しい紀子さま。待ちに待った皇后の座まであと少し!

 

“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び

自信喪失の秋篠宮殿下

現在、ネット上では、秋篠宮殿下の結婚容認発言が大変な物議となっているが、そのことに関して、殿下ご自身は「国民からの信頼を裏切ってしまった」として意気消沈されているという。

「今回のご結婚容認に関して、秋篠宮ご夫妻としては、“このまま結婚延期状態を継続して国民からのバッシングに耐え続けるよりは、むしろ結婚を認めてしまった方が批判の声も収まるのではないか?”という打算をもあったようです。

しかし、現実には、こうした結婚容認発言により、国民からのバッシングは収まるどころか、むしろ強まるだけの結果となってしまいました。

殿下としては、良かれと思って述べられた結婚容認発言ですが、期待とは逆の結果となってしまったこともあり、責任も感じておられるようです」(宮内庁関係者)

また、今回の炎上により秋篠宮殿下は大変思い詰められ、なんと「自分には天皇になる資格などない」とまで仰られているという。

「昨年の代替わり以降、天皇皇后両陛下は大変な活躍をされ、多くの国民から愛され尊敬されています。昨年の即位礼の“饗宴の儀”では、世界各国から呼ばれた来賓を相手に、英語やフランス語で交流され、イギリスのチャールズ皇太子が『天皇皇后両陛下は天才すぎる!』と仰天されたほどです。まさにその崇高なお姿は、国家の象徴に相応しい存在であり、見事にその役割を果たされております。国民にとってこれほど喜ばしく、誇り高いことはありません。

また、両陛下の長女の愛子さまも大変健やかに成長され、勉学のみならず、スポーツや芸術、語学といった多岐に渡る分野で才能を発揮され、まさに皇族として相応しい資質や人格を備えられております。

こうした愛子さまのお姿から、両陛下がただ優秀であるだけでなく、教育熱心な良き両親であり、愛子さまへ深い愛情を注がれていることが分かります。

最近では、秋篠宮殿下は、このように大変立派な活躍をされている両陛下の姿とご自身を比較し“俺はダメ皇族だ。とても天皇になる資格なんてない”などと仰られているようです。

また、ある時など、紀子さまや宮内庁の職員のいる前で、“天皇制は令和で終わりにしよう”などと仰られ、周囲の人々を大いに狼狽させたこともあったそうです」(前出の宮内庁関係者)

この秋篠宮殿下の告白した裏には「酒ばかり飲んでアル中状態。抗不安薬が欠かせない」ことが週刊誌(女性セブン2019年5月9・16日号、週刊新潮 2019年5月16日号)によって暴露されてしまったことがあるという。

自由を愛する秋篠宮殿下。皇室一のイケメンちょい悪オヤジとしても名高い。

 

国母となられる紀子さまのご決意

こうした秋篠宮殿下の即位拒否ともとれる発言を聞かれた際に、紀子さまは、大変憤慨し、殿下を厳しく叱責されたという。

「紀子さまは、将来悠仁さまを即位させること何よりも重要であると考えられておりますから、こうした殿下の発言を聞き流すことは出来なかったのでしょう。

弱気な発言を繰り返す殿下を厳しく叱責され、“もし、あなたのせいで悠仁が即位できないようなことがあれば一生恨みます”と仰られました。

弱気になられている殿下に対し、同情の言葉を一切かけられることのない紀子さまの厳しさに、周囲の職員は驚いておりました。しかし、同時に、“これこそが国母となられる女性皇族の威厳なのだ”と妙に深く関心もしていたようです」(同前)

将来天皇となられる、長男悠仁さまに対して惜しみなく深い愛情を注がれる慈愛の心に加え、常に皇族としての威厳を保たれ、決して妥協を許さない厳格を備えられている紀子さま。

かつて、週刊誌に“渦中の女”などと報じられることもあった一人の女性がこれほどまでに立派な皇族となられたのも、ひとえに将来の国母としての自覚と責任感があってのことに違いない。

“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び