“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び



文/木下聡

結婚許可された秋篠宮殿下のご決断

今月20日、30日に55歳になられる秋篠宮殿下のお誕生日に先立ち、赤坂御用地内にある「赤坂東邸」にて記者会見が行われた。

この日行われた記者会見にて、秋篠宮殿下は、なんと眞子さまと小室圭さんのご結婚を認めるお言葉を述べられたという。『週刊女性』が報じた。

会見に参加したのは、宮内記者会に加盟するテレビや新聞のみ。この“事前”記者会見の詳細は30日に正式に報じられるのだが、それに先立って『週刊女性』は秋篠宮さまの発言内容を入手した。

「先日、実質上の“無期延期”となった眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についても、記者から質問がありました。そこで、秋篠宮さまはハッキリと“結婚することを認める”と述べられたそうです。殿下が公の場で、眞子さまのご結婚を容認されたのは初めてのことです」(宮内庁関係者)

『週刊女性PRIME』(2020年11月20日配信)

この秋篠宮殿下のお誕生日会見が行われる前の今月13日には、眞子さまが、ご結婚に関するお気持ちを文書にて発表されていた。

その文書の中で、眞子さまは、小室圭さんとのご結婚を必ず実現させたいとして、次のように述べられている。

私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

眞子さまは、こうしたお気持ちに関する文書を公表されることに関して、冒頭に「両親の理解を得たうえで、改めて私たちの気持ちをお伝えいたしたく思います」とも綴られている。

これまで、この「両親の理解を得た」という文言が何を意味するのか皇室記者らの間では謎とされてきた。しかし、今回の秋篠宮殿下の会見でのご発言により、秋篠宮ご夫妻が「眞子さまのお気持ち尊重し、結婚を許可された」ことが明らかとなった。

また、眞子さまは文書の後半に「天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております」とも綴られている。

こうした文言から、秋篠宮ご夫妻のみならず、両陛下や上皇ご夫妻もお二人の結婚をお認めになり、祝福されていることが明らかとなった。

とても幸せそうな笑顔で互いを見つめ合う眞子さまと小室圭さん。
小室圭さんは太陽のような晴れやかな笑顔を眞子さまに向けている。月のような眞子さまの微笑みが美しい。

 

美智子さま「眞子、もう公務はさせません!」 来年以降のおでまし自粛をご提案

1億円の一時金支給を回避する秋篠宮殿下の苦肉の策

これまで「多くの国民が納得し喜んでくれる状況にならなければ、2人の正式な婚約に当たる納采の儀は行えない」と仰られてきた秋篠宮殿下だが、今回の会見の中で「結婚と婚約は違う」として次のように述べられたという。

ただ、その後に“結婚と婚約は別問題である”ことも強調されたのです」(中略)

「殿下のスタンスは、今回の会見でのご発言どおりです。結婚は両性の合意に基づいて成立するものであり、憲法上も保障されているので、殿下としては眞子さまのご結婚のお気持ちは尊重されるべきだとお考えです。

しかし、婚約は秋篠宮家と小室家の問題であり、ご夫妻は“婚約を許したわけではない”のです。

秋篠宮さまはやはり“小室さんサイドが国民に見える形で金銭トラブルを解決してほしい”という気持ちは、今でも変わっておられません」(秋篠宮家関係者)

同前

「結婚は許可したが、婚約は許していない」とは一見不可解なご発言であるが、この言葉には、結婚における手続き上の重要な意義があるという。

「通常、女性皇族が結婚して皇籍を離脱される際には、納采の儀を行うなど皇室のしきたりに則った正式の手続きを行う必要があります。しかし、今回、眞子さまが婚約をせずに結婚される場合、こうした正式の手続きを経ずに臣籍降下することとなります。

通常、女性皇族が臣籍降下される際には、1億円程度の結婚一時金が支給されることとなりますが、このようにイレギュラーなかたちでの皇籍離脱となれば、一時金の減額は避けられないでしょう。

おそらく、秋篠宮ご夫妻は、眞子さまの臣籍降下に伴う一時金の支払い額を可能な限り減額することで、国民からの批判を最小限に抑えようと考えられているのではないでしょうか。場合によっては、一時金の支給無しでの結婚となる可能性もあるでしょう」(宮内庁関係者)

小室家は、一時金の支払い拒否に強く抗議

道鏡・呂雉をも凌駕すると名高い小室圭さんと佳代さん。皇室の歴史を塗り替える偉業を成し遂げたことは間違いない。

先の宮内庁関係者の話によると、こうした一時金の支払い減額の問題について眞子さまはしっかりと理解されているはずだという。

「眞子さまは、今回のご結婚に関して、宮内庁の重鎮らともよく相談されておりますから、こうした問題については深く理解されているはずです。

つまり、眞子さまは、たとえ皇籍を離脱して金銭的に困窮することがあっても、愛する小室圭さんと結ばれたいと強く願われているということです」(同前)

一方で、こうした一時金の支払い減額に関して、小室家側は強く抗議しているという。特に小室圭さんの母親の佳代さんは「これでは約束が違う」として法的措置の検討も行っているようだ。

「今回、秋篠宮殿下が“結婚は許可したが、婚約は許していない”という主旨の発言をされたことが報じられた後、小室圭さんの母親の佳代さんは、すぐさま宮内庁に電話を入れてきました。

その際、佳代さんは、“納采の儀を経ずに結婚しても、一時金は1億5000万円全額支給されるのでしょうか?”と職員を問い詰めたそうです。

また、対応した職員が“全額支給されるかは分からない”と答えたところ、“聞いていた話と違います!約束を守って満額支給するというのが、皇室の立派な伝統です!”と絶叫に近い調子で騒いでいたとか。

さらに電話を切る直前には、“担当の上芝直史弁護士に相談させてもらいます。民事訴訟も検討します”と言い、法的装置を検討までチラつかせてきたようです。とはいえ一時金が支給されるのは眞子さまであって、小室母子ではないのですが」(同前)

小室母子にとってみれば、眞子さまに支給される一時金は「自分たちのモノ」という意識が強いのだろう。思い返せば、今回のご結婚の問題がこれほどこじれることとなった原因は、もともと小室母子が借金問題に誠実な対応を取ってこなかったことにある。

一時金支払い拒否そのものの是非はおいても、借金問題を放置し続けてきた小室母子が、こうした理由で秋篠宮家を訴訟しても、国民からの同情や理解を得ることは難しいだろう。

美智子さま「眞子、もう公務はさせません!」 来年以降のおでまし自粛をご提案