小室圭さん「留学費」の保証人は“眞子さま”だった…「私たちは“一蓮托生”です!」 紀子さま発狂で宮邸騒然



文/木下聡

ついに結婚を許可された秋篠宮殿下

今月20日、秋篠宮殿下は55歳になられる30日のお誕生日に先立ち、赤坂御用地内にある「赤坂東邸」にて記者会見を行われた。

会見にて秋篠宮殿下は、現在、延期状態となっている眞子さまと小室圭さんとのご結婚を認める発言をされたという。『週刊女性』が報じた。

会見に参加したのは、宮内記者会に加盟するテレビや新聞のみ。この“事前”記者会見の詳細は30日に正式に報じられるのだが、それに先立って『週刊女性』は秋篠宮さまの発言内容を入手した。

「先日、実質上の“無期延期”となった眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についても、記者から質問がありました。そこで、秋篠宮さまはハッキリと“結婚することを認める”と述べられたそうです。殿下が公の場で、眞子さまのご結婚を容認されたのは初めてのことです」(宮内庁関係者)

『週刊女性PRIME』(2020年11月22日)

この秋篠宮殿下の誕生日会見が行われる以前には、9月11日に行われた誕生日会見にて紀子さまが、ご結婚に関して「長女の気持ちをできる限り尊重したい」と述べられており、週刊誌等のメディアでは「事実上の結婚容認発言」とも報じられた。

こうした紀子さまのご発言に続いて、今回秋篠宮殿下が正式に結婚を容認する発言をされた。これまで、ご夫妻が反対を続けてきた眞子さまの結婚であるが、成立は時間の問題といってよいだろう。

「この会見が行われる前の13日に、眞子さまは結婚に関するお気持ちを文書にて発表され、ご結婚実現への強い決意について語られました。

これまで小室圭さんとの結婚に強く反対されてきた秋篠宮ご夫妻のお気持ちを、最終的に動かしたのも、こうした眞子さまの強いお気持ちにほかなりません」(宮内庁関係者)

眞子さまは、13日に公表された文書にて、ご結婚実現への想いについて次のように述べられている。

私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち

このように、眞子さまの小室圭さんを深く愛し、共に幸せになりたいと強く願われる御心に秋篠宮ご夫妻が強く心を打たれたことは想像に難くない。

また、眞子さまの結婚には、天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻も賛成し、祝福されているようだ。特に、上皇陛下は代替わりに前に、結婚の裁可を下されていることもあり、眞子さまには是非結婚して幸せになって欲しいと強く願われていたという。

先の文書でも、眞子さまは「天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております」と綴られている。

幸せそうな様子で互いを見つめ合う眞子さまと小室圭さん
お二人の表情から互いが深く愛し合っていることが伝わってくる

 

“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び

ご夫妻が結婚を許可されたもう一つの理由

このように、小室圭さんのことを想う眞子さまの強いお気持ちに心打たれた秋篠宮ご夫妻であるが、結婚を許可された理由はそれだけではないようだ。実は、秋篠宮殿下が会見を開かれる直前にある大変な事態が発覚したという。

「結婚に関するお気持ちを文書にて発表された後、眞子さまは秋篠宮ご夫妻に対し、“小室家の借金は私の問題でもあります”と仰られました。

“一体どういうことなのか?”といった表情をするご夫妻に対して、眞子さまは続けて“私は小室圭さんの借金の保証人になっています。美しく愛し合っている私たちは一蓮托生です”と口にされたのです」(前出の宮内庁関係者)

眞子さまが小室圭さんの保証人となられたということは、小室圭さんが借金を返せなくなれば、秋篠宮家が借金を背負うこととなる。

これまで、小室母子の抱える借金問題の巻き添えを食らってきた秋篠宮ご夫妻にとって、これほど逆風な事態もないだろう。

「果たして小室圭さんがどれほどの額の借金を抱えているのかは定かではありません。しかし、フォーダム大学の高額の学費やニューヨークで生活費を考慮するならば、おそらくその借金の額は数百万~数千万円ほどの額になっているのではないでしょうか。その大部分は、圭さんが日本で務めている奥野総合法律事務所から借りているようですが、それだけでは足らず様々な金融機関からつまみ食いしているとか…。

しかもお金を借りる際に必要な担保や保証人ですが、まさにその担保が“眞子さまとの結婚”であり、保証人が“眞子さま”なのです。これはつまり、小室圭さんが借金を返せなければ、代わりに眞子さまが数千万の借金を背負うことになります。

こうした事実を明かされた際、紀子さまは、ほとんど発狂せんばかりの勢いで眞子さまに対し“あなたは秋篠宮家の恥です!皇族としての矜持はないのですか?”と仰られました。

その後は、しばらくして少し落ち着きを取り戻された後に、“一時金があれば、借金も全て返せるでしょう。もうあなたは顔も見たくありません”と口にされました」(同前)

一時金支給減額を検討?

美しい眞子さまの微笑み。この美しいプリセンスが、小室圭さんには「札束の山」に映っていたという。

 

秋篠宮殿下は、結婚の許可をする発言をされた会見にて、「結婚は許可したが、婚約することは許していない」とも述べられた。殿下は、皇室における正式の手続きを行わないことにより、臣籍降下の際に支払われる一時金を減額させることも検討されているという。

「一時金を全額支給すべきか、減額すべきか、という問題について、秋篠宮ご夫妻は大変悩まれているようです。

1億5250万円の一時金を全額支給した場合、国民感情の激化は避けられないでしょう。しかし、一方で、一時金の支給を大幅に減額、もしくは支払いを全額拒否した場合、結婚後に眞子さまと小室圭さんが経済的に困窮することはほぼ確実です。

経済的に困窮した眞子さまと小室圭さんがどのような選択をするかは分かりません。しかし、たとえば仮に暴露本を出版するなどした場合、皇室の品位と信頼を貶めることともなりかねません。

現在のお二人の状況を考慮するならば、一時金を減額することは可能かもしれません。ですが、こうしたリスクについても考慮するならば、全額支給し、お二人を経済的に支援する方が結果的にリスクは少ないと秋篠宮ご夫妻は判断されるかもしれません(同前)

ご夫妻が共に結婚を許可された現在、すでに問題は結婚を成立させるか否か、ではなく、どのようなかたちで結婚を成立させるのか、という段階に移っているようだ。

“一時金無し”に小室佳代さん難色「民事訴訟を検討します」と宮内庁に警告 眞子さまの微笑みは再び