悠仁さま「お母さま!眞子が自分をマッサージしてる!」 紀子さま凍りついた“秘め事”


*本記事はYouTubeへの引用を一切許可していません*

当サイトの記事の著作権は執筆ライターに帰属し、Youtubeへの転載は例外なく認めておりません「詳細」。

Youtubeチャンネル「https://www.youtube.com/watch?v=hrttTlroPGI」への転載は許可されておらず、著作権を侵害しています。

文/高山麻子

秋篠宮殿下の記者会見

今月13日の眞子さまの「お気持ち公表」が依然として注目を集めている。眞子さまは「結婚は心を守りながら生きていくために必要な選択」など、熱のこもった表現を随所で用いながら、小室圭さんの存在の大きさを国民に訴えかけた。この箇所は特に多くの関係者を震撼させた部分であるようだ。皇室内部でもこの事を重く捉え「結婚を認めないと、眞子さまは自ら命を絶ってしまうのではないか」との懸念が広がり、容認方向に傾きかけているという。

そして今月20日、30日に控える秋篠宮殿下のお誕生日を前に、記者会見が収録された。眞子さまのお気持ち公表を受けて、殿下が父としてどのような言葉を語られるのかに注目が集まっていたが、なんと殿下はついに「結婚することを認めたい」とおっしゃったという。一方、’18年の会見で殿下がおっしゃった「多くの人が納得し祝福できる状況」「問題をクリアにすること」との宿題は未達成だ。そのこととの整合性を取るためなのか、殿下は記者からの「納采の儀は行うのか?」との問に対し「結婚と婚約は別」とおっしゃったという。宮内庁OBの小内誠一氏は次のように話す。

「殿下の出した宿題に小室家が取り掛かる様子はありません。秋篠宮ご夫妻はこの2年9ヶ月の間、眞子さまに言葉を尽くして説得を重ねてきたはずです。しかし、眞子さまはすでに小室さんのマリオネット状態にあり、『解決済みったら解決済み!』と主張され続けた―。親心としては“眞子に幸せになってほしい”と願っておられ、今の状態でも結婚を認めざるをえないところまで追い込まれてしまったように思います。しかし“納采の儀”を行えば、殿下ご自身の過去の発言は何だったのかと追求を受けることになるでしょう。そのため、納采の儀や告期の儀など、皇室の婚約儀式を経ずに降嫁される道を探られているのでしょう」(小内誠一氏)

小室圭さんが愛しそうに見つめるのは眞子さまか、その先にある皇室利権か。

 

紀子さま実家「川嶋一族」が、眞子さま“結婚宣言”に関与!「皇室に入り浸り、裏で操っている」と関係者

眞子さまの吐息に悠仁さまもびっくり

眞子さまの父として、皇位継承順一位の皇嗣として、このような結婚を許していいのか―。殿下の懊悩は深まる一方であるという。秋篠宮に極めて近い立場の人物は次のように内情を明かす。

「記者会見の収録を終えた後も、殿下の周囲には淀んだ空気が流れています。ご自身でも、言葉遊びのような会見の内容を自省されるような場面もあります。悠仁さまとお出かけになる予定も、連日連夜、深酒に溺れ、昼夜逆転の生活を送られているため、当日紀子さまが代わりに悠仁さまと外出されました。悠仁さまが『お父さまは僕のことが大切ではないのですか?』と悲しげにおっしゃっていたのが印象的です。紀子さまも、寂しそうな悠仁さまのお顔をご覧になり、涙をこらえているように見受けられました」(関係者、以下同)

まさに一家離散状態の秋篠宮家。特に皇室関係者が懸念するのが、悠仁さまのお育ちになる環境のことだ。連日のように家族での言い争いが起きていたこの3年あまりの期間。悠仁さまはお茶の水附属小学校を卒業され、来年には受験を控えられるなど、多感な時期を迎えられている。

「眞子さまを巡っては、既に多くのメディアで報じられている通り、たくさんの修羅場がありました。特に両殿下が意見の食い違いから起こすケンカの熱量は凄まじく、連日のように宮邸リビングに高級食器が舞うこともございました。このような激しいぶつかり稽古は、両殿下の体力、気力も次第に奪っていたのでしょう。そういったお疲れも、『もう容認してあげよう』という空気に至った一因かと思います」

また、この関係者は、多感な時期の悠仁さまが、眞子さまの“秘め事”にふれることを紀子さまが大変恐れていると話す。

眞子さまは、在宅時には私室にこもられていることが多く、その殆どの時間を小室圭さんとのオンライン通話をつなげた状態で過ごされています。今年の夏頃のことです、夏休み中だった悠仁さまは、『眞子に遊んで欲しい』とそのお部屋を訪ねました。ところが、悠仁さまがお声をかけようとしたところ、眞子さまのお部屋から『ん…圭くん、愛してる』という、吐息交じりのお声が聞こえてきたとのこと。

悠仁さまは大変驚かれ、紀子さまに『お姉ちゃんが自分をマッサージして息苦しそうにしてます!助けてあげたい!』と伝えられました。紀子さまはこの意味をすぐに理解されたのでしょう。『悠仁、ねぇねは圭お兄ちゃんとリングフィットで遊んでいるの、悠仁は勉強の時間だから、ねぇねの部屋には近づかないようにしましょうね』とおっしゃったのです」

眞子さまの微笑に紀子さまも戦慄

ところが先日、紀子さまが戦慄する出来事があったという。

「紀子さまと悠仁さまが外出から戻られた際、ご家族は眞子さまを除いて皆外出中でした。紀子さまは『悠仁、ねぇねにただいまの挨拶はしなくていいわよ』と何度も念押しされていました」

その後、悠仁さまはお手洗いに向かわれたというのだが、ここで事件が起きた。

「悠仁さまは『お母さま大変!ねぇねがトイレで息苦しそうにしてる!ぼく助けてあげたい!』と大きなお声で叫ばれたのです。紀子さまは血相を変えて、『悠仁、お願い、そこから離れて!』と悠仁さまを戻させました。

しばらくして、顔を紅潮させた眞子さまが、お二人の元にやってきました。そして、『悠仁、心配してくれてありがとう。お姉ちゃんはお腹が痛くて、自分の指で自分の身体をマッサージしてただけなの』とニコリ微笑まれたのです。悠仁さまは眞子さまの笑顔にすっかり安心し『はい!』と可愛らしくお返事されました。紀子さまだけが、おぞましいものを眺めるように眞子さまを見つめていたのが印象的です…」

悠仁さま。多くの国民から愛される純粋でお優しい親王だ。

紀子さま実家「川嶋一族」が、眞子さま“結婚宣言”に関与!「皇室に入り浸り、裏で操っている」と関係者


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。