小室圭さん“皇女制度”で「ハッピーセレブ」な結婚生活 「あいつは優秀なATMです」と満面の笑み


文/木下聡

皇族数減少に対応する政府の秘策

現在、皇族数の減少が続く中で、公務の担い手の確保が政府や宮内庁にとって重要な課題となっている。そうした状況で、政府は、女性皇族が結婚した後にも、公務を行うことを可能とする新制度の設立を目指しているという。『毎日新聞』が報じた。

政府が皇族数減少に伴う皇室活動の担い手確保策として、女性皇族が結婚した後に「皇女」の尊称を贈り、公務への協力を委嘱する新制度の創設を検討していることが分かった。皇籍を離れた後も活動に関わってもらい、皇室の負担軽減を目指す。結婚後も皇族の身分を保持する「女性宮家」の創設は、女系天皇の容認につながる可能性があるとして見送る方向だ。政府関係者が23日、明らかにした。

「政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱」『毎日新聞』(2020年11月24日配信)

この制度が創設された場合、“皇女”は特別職の国家公務員となる。政府は、天皇皇后両陛下の長女愛子さま、秋篠宮家の長女眞子さま、次女佳子さま、既に結婚して皇籍を離脱されている上皇ご夫妻の長女黒田清子さんなどを新制度の主な対象として想定しているという。

これまで、皇族数の減少や、それに伴う公務の担い手の減少に対する対策として、女性宮家創設が有効な手段として検討されてきた。

今回、政府が本格的な検討を開始する新制度は、女性宮家創設に代わる有効な手段として、与野党含め多くの議員が賛成しているという。

眞子さま「皇女としてハッピーな生活を送ります♪」、小室圭さん「準皇族として国民の期待に応えたい」。

 

紀子さま実家「川嶋一族」が、眞子さま“結婚宣言”に関与!「皇室に入り浸り、裏で操っている」と関係者

幸福で経済的にも豊かな結婚生活を望まれる眞子さま

仮に、今回検討されている新制度が創設された場合、結婚後も公務に伴うお車代などが支給されるため、眞子さまにとって経済的な安定を得るうえで大きな助けとなりそうだ。

そうしたこともあり、今回の新制度に関しては、眞子さまも大変喜ばれているという。現在、小室圭さんは、定職に就いておらず、お二人は将来設計に関して少なからず不安もあったようだ。

「眞子さまは、小室圭さんのことを深く愛し、また信頼されてもいますがが、一方で、小室圭さんが現在無職であることに関しては、深く憂慮もされていたようです。

ですが、今回の新制度が成立した場合、眞子さまは、謝礼付きの公務を通じて安定的に収入を得ることが可能となりますから、将来の結婚生活における経済面での不安は減少することとなります。

このことは眞子さまを大変安心させたようで、こうした情報を知られた際には、期待に声を弾ませながら“まあ、圭君と結婚出来たら幸せだけど、やっぱりお金も沢山あった方が安心だものね。結婚してもセレブな生活を続けたいわ”と仰られておりました(宮内庁職員)

このように、当事者となる眞子さまは、今回提案された新制度の成立を強く歓迎されているようだ。

正真正銘の皇女としての活躍が期待される愛子さま。頭脳明晰・成績温和・容姿端麗と完全無欠のプリンセスだ。

 

小室圭さんも歓喜

今回の新制度に関しては、眞子さまの恋人の小室圭さんも大変喜んでいるという。このニュースを知った直後に、小室圭さんは大学時代の友人に喜びのメールを送信したという。

「小室圭さんも眞子さまとの結婚後の生活について、特に経済面で不安を抱いていたようです。眞子さまが結婚後も公務を継続できると知った際には、喜びのあまり旧友にメールで”あいつは本当に優秀なATMですよ笑”とメッセージを送り付けたそうです」(全国紙社会部記者)

現在、フォーダム大学の留学費用やニューヨークでの生活費のために多額の借金を抱える小室圭さんにとって、この新制度はまさに願ったり叶ったりといったところだろう。

ネット上では、新制度に関して「税金の無駄遣いではないか?」「なぜ、臣籍降下した一般人が公務を出来るようになるのか?」などといった批判的な意見も書きこまれているようだ。

賛否両論の声が上がっている新制度であるが、先の『毎日新聞』の報道によると、早ければ年内にも検討状況を大島理森衆院議長に報告する見通しであるという。

紀子さま実家「川嶋一族」が、眞子さま“結婚宣言”に関与!「皇室に入り浸り、裏で操っている」と関係者


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。