悠仁さま「アテクシ・ミテコって美智子さまのこッ…!(モゴモゴ)」 紀子さまから“鉄拳制裁”の帝王学!


文/浜茄子あずさ

仙洞御所での午餐

秋篠宮殿下は11月8日、皇位継承権一位(皇嗣)となられたことを内外に宣明する立皇嗣の礼に臨まれた。出立の朝にはご両親を見送る悠仁さまの写真が公開され「皇統は秋篠宮殿下から悠仁さまに!」「悠仁さま万歳!」「愛子さんの出る幕はなかったね!」と一部の秋篠宮家派から聞かれた。

健やかに成長される悠仁さまのお姿は、皇室を愛する国民にとってこの上ない歓びだろう。将来天皇天皇として期待の高まる悠仁さま。紀子さまが「レオナルド・ダ・ヴィンチの再来!」「イケメンかつ天才」「帝王学が自然と身についている!」と絶賛するほど、両親からの寵愛を一身に受ける悠仁さま——。今回は、そんな悠仁さまの心温まるエピソードを紹介したい。

「あれは10月の半ばことでした…」

上皇職周辺の人物が、現状をつぶさに教えてくれた。開

「あれは、“立皇嗣の礼”が11月に挙行されると発表された少し後です。秋篠宮家ご一家が仙洞御所に招かれ、午餐をなさる機会があったのです」

内廷(天皇皇后両陛下)では即位礼に続き、訪英、愛子さま高校ご卒業・大学ご入学と慶事が続いている。その一方で小室圭問題を炎上させ続けるる秋篠宮家と、一向にご健康状態も芳しくなく、引越しの進まない上皇御夫妻には国民の懸念・心配が高まりを見せつつある。

思春期を迎える悠仁さま

悠仁さま

 

両親と次男一家の間ではどのような会話が交わされたのだろう。

「お話はいたって自然に朗らかなものでした。特に、数ヶ月見ないだけで背が伸びる成長期真っ盛りの悠仁さまのご様子に上皇ご夫妻もお顔を緩めていらっしゃいましたね。

ただ、成長は喜ばしい限りですが、悠仁さまは同時に思春期・反抗期を迎えつつあるのも事実。今回の午餐の場でもスマホを持ち込み、両殿下と上皇御夫妻がお話の間などは時折ゲームをしたり、Youtubeなどを見て退屈そうにされることもありました。

それを見た眞子さまが『ちょっとヒサ!スマホはしまいなさい』とおっしゃるのですが、悠仁さまは分かった素振りをなさりながらも時間が経つとスマホいじりを繰り返す… 端的に申しまして『KKに洗脳されているお姉さまから注意されたくないよ』という雰囲気がありありと分かりました」

業を煮やした眞子さまが、悠仁さまに「悠仁、スマホばかり見てるけど、何を見てるの?」と話を振ったらしい。すると、悠仁さまはスマホを片手に「両陛下のニュースだよ」とお答えになったという。中学生ですでに“エゴサ”を身に着けるのも驚きだが、さらにこう続けたという。

『両陛下はすごいなあ、延期になってしまったけどイギリスに国賓で行かれるんだ… お母さまもコロナが収束したら海外公務をするんでしょ? 今年もコロナがなければ私的訪問でオランダとスペインを訪問する予定だったものね。でも、皇嗣妃になったのに、なんで私的訪問なの?』

と…。

悠仁さまの衝撃発言…

「眞子さまにしてみたら、上皇ご夫妻としている会話に悠仁さまを入れようとされて話を振ったのでしょうが、裏目に出てしまった様子…

実をいうと、最近の悠仁さまは、ご両親やお姉さま方を両陛下や愛子さまと比較して『やっぱ、両陛下はウチと違うよなァ…』と’’皮肉’’めいた自虐発言をされることもしばしば。今回の発言も『オランダとか、スペインとか、お姉さまのゴタゴタが終わるまであまり無理しないでいいんじゃない?』と本音をほのめかしたものでした」

言ってみれば’’思春期の中学生らしさ’’を見せた悠仁さまだったが、上皇職周辺は「ここまでは宮邸でよくある話」と言い、「今回はさらに周囲が凍り付くことをおっしゃったのですよ」と、こう続けた。

「悠仁さまの発言に対し、紀子さまがすかさず、『でもね悠仁、あなたも上皇后陛下の公務への取り組みは知ってるでしょ? 外国でいろんな人に会うのは大切なことなのよ』とおっしゃいました。すると、悠仁さまは周囲が凍り付くようなことをおっしゃったのです。

『ねえ、お母様、ネットに書いてる“アテクシ・ミテコ”っておばあさまのことでしょ?』と」

慈母と謳われた優しい美智子さま。名前の通り美しく聡明なイメージを国民に植え付けた。

 

“アテクシ・ミテコ”っておばあさまのことでしょ…

「これには皆、唖然としました…が、悠仁さまと美智子さまのソファが遠かったのが不幸中の幸いでした。悠仁さまの発言をよく聞き取れなかった美智子さまは『ヒサ、なにか言ったかしら?』と聞き返されましたが、とっさに紀子さまが悠仁さまの口を押えたのです。

『“アテクシ・ミテコ”って…おばあさまのコッ…!(モゴモゴ)』

すんでのところで発言を封じることに成功しました。まさにあの電光石火の動きは“鉄拳制裁”による紀子さまの帝王学なのだと確信しました」

アテクシ・ミテコ…とは美智子さまを表すネット上のスラングだということは、本サイト読者の皆様には言わずと知れたことだ。まさに間一髪である。

「私は、口をモゴモゴさせる悠仁さまを見た上皇さまから『餅が詰まったのかな?お茶を持ってきて』と言われてお茶を取りに行ったので、その後のことはよく分かりません。ですが、御茶を運んできた後も午餐は和やかな雰囲気で続いていましたので、おそらく無事に収拾できたのだと思います」

上皇職周辺の人物は興奮冷めやらぬ様子で話を終えた。

帝王学(?)を学んだ悠仁さま?

神道家の葦津珍彦は「大御心は天皇の個人の意思よりも、遥かに高い所にある。もし天皇が大御心に反する発言を仰せになったなら、これは『聞いてはいけない』ということになる」と述べ、大御心とは天皇の個人的な気持ちの表明ではないとした。

今回の悠仁さまのご発言もまさに「聞いてはいけない」ことだったといえるだろう。母・紀子によって発言を力づくの“鉄拳制裁”で封じられた悠仁さまだったが、これも良い帝王学(?)になったのかもしれない。

もっとも、自然な形で学ぶのが帝王学である気もするが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。