小室圭さん「殿下ぁ~娘の教育もできない人に、天皇ンなる資格ないと思ンだわ」に、秋篠宮さま「お前が言うな!」とキレる


文/浜那須あずさ

KK問題と皇室

刻一刻と移り変わる世相にあって、いっこうに解決の糸口を見出すことができないKK問題。今年もいよいよあとわずか数日後に秋篠宮さま誕生日会見が迫ってきた。

昨日(11月27日)の皇嗣職大夫定例会見でも記者団から小室圭さんに関する質問が出たが、「眞子さまから発表した通りです」「静かに見守っていただきたい」と、通り一辺倒の答えだったらしい。

11月30日に公開が予定されている秋篠宮さま誕生日会見の「収録」自体は、11月20日に無事に終わっているが、その様子はどうだったのだろうか。

会見に同席したある皇室ジャーナリストに聞いた。

「ご存知の通り、同じ言葉の繰り返しや代名詞が他の皇族方と比べて多いのが秋篠宮さまの会見です。会見の文字起こしをすると前後の文脈が意味不明になることが常なのですが、今回の会見はとりわけ“いつも以上”でした…会見の収録が終わった後、宮内記者会の部屋で『これは、相当に心労がこたえているのかな…』と、記者たちのもっぱらの話題でしたね」(皇室ジャーナリスト)

皇室ジャーナリストは「そう言えば」とさらにこう続けた。

「記者会見では、事前に皇嗣職に質問内容を送付しておくのですが、実は、皇嗣職から差し戻された質問がありました。それはある全国紙の出した『仮に、親族にトラブルがある人との結婚を許可してしまったら、天皇としての資格に影響を及ぼすとはお考えになりますか?』というもので、かなり言葉を選んではいますが、要するに『娘の教育もできない人に、天皇の資格はあるのですか?』ということです。

この質問事項には、もちろん皇嗣職から紀子さまと秋篠宮さまに渡って、お二人も目を通されていたと言います。これがきっと記者会見まで尾を引いていたのでしょうね。言ってみれば国民から『天皇になる資格』を問われてしまったわけですから。

紀子さまはもちろん、会見中ずっと、いつもの温和な紀子さまスマイルでしたが、肌の質や声には憔悴の色を隠しきれていませんでしたね」(同上)

誕生日という慶事の記者会見で、マスコミから天皇の資格を問われるとは、たしかに、紀子さまと秋篠宮さまのお辛さは察するにあまりある。

将来的には天皇の座も視野に。小室圭さんの野望は止まらない!それを応援する眞子さまの表情も明るい。

 

「小室圭さえ消せば…」紀子さま“究極の解決手段”に、秋篠宮さま「さすがにヤリスギィ!」の絶叫

宮邸での紀子さまのご様子

となると気になるのが、宮邸でのご様子だ。秋篠宮家関係者に「20日の記者会見収録を受けるにあたって変わったことはなかったか?」と確認するとこう教えてくれた。

「記者会見では他にも様々な質問があります。それぞれについてどのようなことを答えてよいか、事前に推敲するわけですが、今回の記者会見では眞子さまの結婚問題についての質問もありましたので、それを紀子さまは事前に眞子さまと確認されたそうです。

紀子さま『あなたの結婚についてだけど、どう答えればいいかしら?』

眞子さま『自由に答えれてくださっていいわよ。どうせ私は結婚するから』

紀子さま『でもね、眞子。お父様は皇位継承者。あなたが小室さんと結婚をしたら、お父様が天皇になるときに問題になるかもしれないのよ?』

こう紀子さまに言われた眞子さまは、爽快に笑ってこうお答えになったそうです。

『そんなの簡単よ、お父様が天皇にならなければいいだけじゃない?』

思わず、紀子さまが『なんてこというの!眞子!』と言うと、眞子さまは捨て台詞のように、『お父様が即位しなければそれで済む話でしょ?圭クンもそう言ってるもん!』と仰ったと…」(秋篠宮家関係者)

この眞子さまの言葉はきっと、秋篠宮さまと紀子さまにとっては、まるで『殿下ぁ~、娘の教育もマトモにできない人は天皇なる資格ないと思ンだわ』と小室さんが嬉々として笑いかけてきているように聞こえたことだろう。

これにはさすがに紀子さまも秋篠宮さまも「小室に言われたくない」「お前が言うな!」と思ったに違いない。

眞子さまとすでに「一体化」した小室さん

小室圭さんに“隷属”させられた眞子さま!

 

この現場をみた宮邸職員は、『まるで、眞子さまの背後に小室さんが立っていて、眞子さまの声が小室さんの声と二重に交じって聞こえた』と言っていました。この、いわば高次元のアストラル体となって眞子さまに憑りついた“エア小室さん”が嬉々として放った言葉が、奇しくも記者団からの事前質問の内容に酷似していたわけです。

記者会見収録での秋篠宮さまと紀子さまが憔悴していた原因はきっと、そういうことではないでしょうか」(同上)

もはや、小室さんの陰から離れられないのが、秋篠宮家の運命なのかもれない…

なお、冒頭の皇室ジャーナリストによれば、昨日(11月27日)の皇嗣職大夫の定例会見で「誕生日会見収録に先立っての秋篠宮邸でのご家族の様子」に関連する質問をしたところ、「プライベートのことなので、お答えいたしかねます」とのことだったらしいが、真相はいかに。

いよいよ、秋篠宮さま誕生日の記者会見が11月30日に近日公開となっている。来年からは、またあの素敵な紀子さまスマイルに満ち満ちたナイスカップルの会見に戻っていただきたい、そんな国民の願いは果たして届くのだろうか。

「小室圭さえ消せば…」紀子さま“究極の解決手段”に、秋篠宮さま「さすがにヤリスギィ!」の絶叫


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。