「小室圭さえ消せば…」紀子さま“究極の解決手段”に、秋篠宮さま「さすがにヤリスギィ!」の絶叫


文/佐藤公子

「眞子の気持ちを考えると…」と吐露

眞子さまは今月13日に“お気持ち”を発表し、「結婚は生きていくうえで必要な選択」と、小室圭さんへの深い愛を告白された。これに先立ち紀子さまは9月11日の誕生日文書において「長女の気持ちを尊重したい」と母親としての愛情を滲ませ、11月20日の秋篠宮殿下の誕生日会見では「二人の意思を尊重し、結婚を認める」と前向きな発言している。よって“納采の儀”を執り行うかは不確かだが、眞子さまと小室圭さんの結婚は確定的となった。

また眞子さまは13日の文章中で「私たちそれぞれが自身の家族とも相談をしながら進んでまいりたいと思っております」と述べており、親子のあいだで建設的な会話が育まれているようだ。昨年6月24日に開かれた欧州訪問前の会見時、秋篠宮殿下は「娘と話していない」とノーコメントを貫かれ、紀子さまは「同じでございます」と回答するにとどまった。それから1年半ほどのあいだに、親子の間で会話が交わされたことは喜ばしい限りだ。だが関係者によると、この件についてご夫妻と眞子さまとの間に、具体的で踏み込んだ話し合いはこれからの課題であるという。

「殿下も本音としては、娘の好きになった相手だから結婚させてやりたいと、そう思われていらっしゃるのです。ですが小室家が金銭問題の円満解決に向けて前に進んでいない以上、それをストレートに認めることは難しい。眞子さまの今後の長い人生を考えた時、やはりこの婚姻は認められないと、その様なお気持ちを固めておられます。

しかし、あくまでも破談の決断は眞子さま本人に下してほしいとのお考えで、そっと見守られているのです。眞子さまのご性格を熟知されている殿下だからこそ『変に周囲が引き離そうとすれば、それだけ二人の愛は深まる』と、そう思われているようです。秋篠宮ご夫妻は親として優しく眞子さまを見守られています」(宮内庁職員)

秋篠宮さま“大荒れ会見”「暴飲・服薬」ろれつ廻らず撮影停止!「とても皇嗣務まらぬ」と関係者

紀子さま、留学延期で「自然消滅」狙う

秋篠宮ご夫妻。理想のカップル、理想の夫婦として国民から愛された。

 

さて、眞子さまと小室圭さんの一件が表沙汰になって以来、秋篠宮ご夫妻のあいだにも隙間風が吹いていると度々報じられてきた。その隙間風は一層強まっているようだ。

「実は、紀子さまは『このまま放置しても、眞子の気持ちが小室から離れることはない』と断定されて、実力行使に出ることを検討され始めていたのです。具体的には、小室さんに留学を延長出来ないか打診する、眞子さまの連絡手段を一切取り上げてしまうなどの策です」(皇嗣職)

小室さんは現在、奥野総合法律事務所に籍を残したまま、事務所からの資金援助を受けてフォーダム大のロースクールに通っている。JD(法務博士)コースを修了すれば、NY州の司法試験の受験資格が得られるのだが、代理人によれば「キャリアプランを練っているところ」ということで、’21年の卒業後の進路は決まっていない。

「弁護士資格を取得するのか、はたまた帰国し古巣に戻るのかも未定です。そこで紀子さまは、小室さんが日本に帰国しないよう、SJD(法学博士)コースに入ってもらい、留学延長をさせてしまえばいいと考えられたようです。『博士号をとるまで勉強を頑張る』というのはとても前向きでポジティブな響きがあり国民からの賛同も得られやすい。しかもそうなれば小室圭さんはあと3年間、日本に帰国せずアメリカに留まることになります。眞子さまの前から小室圭さんが消えてさえくれれば、事態は改善すると判断されているようです。

ですがこの事を巡って殿下と口論になりました。『KKがフォーダム大学に留学して2年以上が経過しているが、眞子はあいつにゾッコンだ。それにいきなり留学延長なんて発表したら眞子が結婚を強行するかもしれない。さすがにヤリスギィ!』と叫ばれる殿下に、紀子さまは『ならどうすればよいのですか? 眞子は“馬の耳に念仏”状態です。もうしばらく離れ離れにさせるのがベストです』と反撃され、非常に険悪なまま殿下は会見の収録をなさったのです。これが20日の朝に起きた出来事です」(同前、皇嗣職)

両家で解決し、会見を!

世間からここまでの“大反対”をされ、眞子さま本人のみならず、ご一家全体への批判が強まっている中、眞子さまは未だご結婚の決意が固いという。頑なな心を変えるにはこうするしかないと、紀子さまも苦肉の策として「小室さんの留学延期」を検討されていたに違いない

「殿下のお気持ちも紀子さまのお気持ちも理解できる部分がありますが、お二人共“問題を先送り”しているようにも見えてしまいます。やはり再度、秋篠宮家と小室家の間で今後のことを相談する機会を持ち、その上で国民に事情を説明するべきだと感じますね…。今の所、秋篠宮家、小室家双方ともに不誠実さが目立ちます」(皇室ジャーナリスト)

先日収録された誕生日会見では、殿下の口から「(小室家の金銭トラブルについて)説明すべきだと思います」とのお言葉もあった。12月に入れば小室さんも冬休みを迎える。この間に、解決に向けての話し合いが進むことを祈りたい。

愛する二人は無敵。眞子さまの美しい笑顔が眩しい。小室圭さんの瞳には「金のなる木」が映っている。

秋篠宮さま“大荒れ会見”「暴飲・服薬」ろれつ廻らず撮影停止!「とても皇嗣務まらぬ」と関係者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。