眞子さま、元婚約者に400万円の“損害賠償請求”へ 小室圭さん「皇室に逆らった責任とるべき」 秋篠宮さま“大荒れ記者会見”を受け


文/佐藤公子

秋篠宮殿下のお誕生日

11月30日、秋篠宮殿下の誕生日にあわせ、20日に収録された会見が公表された。最も注目を集めたのは眞子さまと小室圭さんの結婚問題についてであり、殿下は「結婚することを認める」と発言された。続けて「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と述べられ、今回の“結婚容認”はあくまで憲法の精神に則ったものであることを強調された。

だが宮家当主として、結婚は認めても、婚約(納采の儀)は認めない方針だ。2018年の11月の誕生日会見において秋篠宮殿下は「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」と述べているが、今年の誕生日会見では「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」と語られ、加えて「結婚と婚約は違います」とも述べられた。

「憲法第24条に“婚姻は両性の合意にのみ基づく”と定められている以上、結婚については殿下もお認めになるほかありません。今回の会見の最後に仰った『両性の合意のみに基づくということがある以上,そうでないというふうには私はやはりできないです』というお言葉には、『本心としては反対だが、建前上認めるしかないという』という考えがにじみ出ているように思います。

いずれにせよ、“納采の儀”を執り行うためには、国民からの祝福が必要という姿勢は今も崩されていません。眞子さまは“駆け落ち婚”しか選択肢が残されていないことになります」(皇室ジャーナリスト・高山麻子)

確かに今回の記者会見を分析すると、「結婚することを認める」(問3)、「結婚については意志を尊重する」(関連質問3)と発言された際に、殿下は必ず「憲法にはそう書いてある」と補足されている。建前と本音は別にあるのだろう。

記者会見に臨まれる秋篠宮殿下。緊張感漲る表情が精悍だ。

 

元婚約者は意気消沈

30日に解禁された秋篠宮殿下の誕生日会見——婚約延期の主原因の一つは、母・小室佳代さんとその元婚約者との間に起きた金銭的なイザコザだ。400万円の金銭授受について小室家は「あれは贈与」との立場を崩していないが、元婚約者側はメールなどの証拠を出しながら「あれは貸与だから返して欲しい」と懇願している。

今回の秋篠宮殿下のお言葉を受け、元婚約者は何を思うのか? その胸中を語ってくれた。

「私と佳代さんとの間に起きた一件が、お二人の結婚延期の原因になっているとすれば大変心苦しく思います。先方の代理人・上芝直史弁護士とは2度お会いしていますが『お金目当て? いくら欲しいの?』と嘲笑されました。

秋篠宮さまが2018年に『それ相応の対応』を小室家に求めていましたので、私もいろいろ期待していました。ですが、圭くんは『あれは贈与で解決済み』という文章を発表するだけでした(2019年1月)。小室家がそこまでカネが大切なら、400万円は差し上げます。先方代理人との話し合いもこれっきりにしたいと思います」(元婚約者)

この元婚約者Xさんが2017年12月に「金銭トラブル」を公表したことが、翌年2月7日に発表された「婚約延期」に繋がった。Xさんはそのことに罪悪感を覚えているようだった。

「あの400万円は老後の生活のためのなけなしのお金で、あれさえあれば家を失うことはありませんでした。ですが眞子さまの幸せを思うと、身を引いた方がよいのかもしれません」(同前、元婚約者)

そう語るXさんの眼には涙が浮かんでいた。だが小室家の代理人・上芝弁護士は次のように一刀両断。

「Xさんは、守秘義務のないフリージャーナリストを代理人に立てています。私との会話を週刊誌の記事にするつもりでしょう。守秘義務のある弁護士を代理人にしていただく必要があります」(上芝直史弁護士)

眞子さま激怒「責任を取るべき」

魅惑の婚約内定記者会見。美しい眞子さまの笑顔が国民の心を奪った。眞子さまの瞳には「海の王子」が映っている。
恋は盲目——もはや小室母子の言葉しか耳に入らない。

意気消沈する元婚約者Xさん——すでに9月11日の紀子さま誕生日文書が公表された時点で「もう金は要らない」とメディアに告白していたが、好転しない事態に心身ともに疲れ果ててしまったようだ。これに付け込んで攻勢を強めているのは小室母子——と思いきや実は眞子さまであるという。さる皇嗣職が語る。

「眞子さまは、ご両親と会話をされる時間よりも、小室母子と会話をされる時間の方がはるかに長い状況が続いています。宮邸ではセキュリティの都合上、ネット回線の使用状況は常にモニタリングされていますが、眞子さまは四六時中、アメリカと横浜(小室佳代さんのマンション)へ通信されておられます。言葉遣いなども、小室圭さんに似てきて『なンだわ』といった、独特のイントネーションで話されることが多くなりした。

眞子さまが13日に“お気持ち”を発表した後、佳代さんの元婚約者の方が『心苦しい』というコメントを発表されました。それを知るや眞子さまは激高され『カネ欲しさに週刊誌に情報を売ったくせに、善人ぶるのはズルいンだわ!皇室に逆らった責任を取ってもらうために、400万円の損害賠償請求の裁判を起こしてやりたいンだわ!』と叫ばれました。眞子さまの本心ではなく、小室圭さんのホンネだと信じたいです。これも美智子さまが国民の声を『雑音』と評価されたからでしょう」(皇嗣職)

眞子さまの熱い想いは誰にも止められない。次の発表は、コロナ禍が収束した後「結婚しました」という事後報告になるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。