秋篠宮殿下「ママ助けて!」の号泣を受け止める美智子さまの慈愛 「マザコン疑惑」に紀子さま氷の視線



文/木下聡

上皇ご夫妻へ挨拶に伺う秋篠宮殿下

先月11月30日、秋篠宮殿下は55歳のお誕生日を迎えられた。お誕生日の当日に、殿下は紀子さまと共に上皇ご夫妻のおられる東京都港区の仙洞仮御所へ、55歳となられたことの報告の挨拶に出向かれた。

現在、上皇后美智子さまは、新型コロナウィルスの対策に大変気を使われており、報道陣に集まって欲しくないというご意向もあり、挨拶は報道陣には知らせずひっそりと内密に行われた。

この日は、秋篠宮殿下が20日に開かれた記者会見の内容の詳細が発表されたこともあり、世間から、殿下に対して賛否両論、様々な意見が寄せられた。

そうした中、秋篠宮殿下は、ネット上に書き込まれる厳しい批判的な意見に大変悩まされたようだ。

「秋篠宮殿下は、眞子さまのご結婚に関して、多くの国民から理解され、祝福される状況で結婚を実現して欲しい、と強く願われてきました。

また、そのような祝福を受ける状況にならなければ結婚は許可できないとも考え、そのように述べられてきたのです。

しかし、今回の結婚許可宣言は、眞子さまの強い結婚実現への熱意に押されるかたちでなし崩しになされたものです。そのため、これまでの述べられてきたお考えを覆す決定を残念に思う国民の多いようです」(全国紙社会部記者)

眞子さまは、先月11月13日に発表された文書にて「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と、小室圭さんへの深い愛情と、ご結婚への強い決意のお言葉を述べられた。

殿下は、こうした眞子さまの熱意に根負けするかたちで、結婚を許可したといってもよいだろう。

とても上品で可愛らしい笑顔で恋人の小室圭さんを見つめる眞子さま
婚約内定会見では幸せそうな表情で見る者の心を癒した

秋篠宮殿下は、上皇ご夫妻のもとへ挨拶へ伺う際に、こうした現在の眞子さまのご結婚の問題や、国民からの反応についても相談されたようだ。

「ママ助けて!」の叫び

現在、秋篠宮家は世間からの強い逆風にさらされている。そうした状況で、秋篠宮殿下も様々な深いお悩みを抱えられているという。

「秋篠宮殿下と紀子さまは、上皇ご夫妻への挨拶を済ませた後、最近の状況について様々なお話をされたようですが、殿下は、現在抱えられているいくつかの悩みに関して、美智子さまにお話をされている途中、あまりの辛さのためか思わず“ママ苦しい!助けて”と仰られました。

美智子さまは、こうした殿下の叫びを母として、優しい慈愛の心をもって受け止められたのですが、一方で、紀子さまからの視線は冷ややかなものでした。

おそらく、紀子さまは“私だって困っているのに”という思いを抱かれてるのでしょう。また、唐突にこうした叫びを発せられた殿下に対して“この人はマザコンなのではないか?”といった疑念も浮かんだのかもしれません」(皇嗣職)

美智子
上皇后となられた現在も美しく、気品に満ちた振る舞いをされる美智子さま
優しい慈愛の精神は今でも国民の心の支えとなっている

壊れかけの殿下

とはいえ、殿下がこのような叫びを発せられたからといって、“マザコン”などと決めつけるのは早計である。むしろ、こうした叫びは、殿下が現在心身共にボロボロな状態になっており、SOSを発せずにいられな状況にあることを示しているのだろう。

『週刊新潮』は昨年、秋篠宮殿下が「睡眠導入剤」と抗不安剤である「SSRI」を手放せない状態になっていることを報じた。(『週刊新潮』2019年5月16日号)

また『女性セブン』は、殿下の飲酒量が増えていることを報じ、「お酒に酔われ、眞子さまの現状に愚痴をこぼされる場面が増えたそうです。また、度重なる飲酒がたたって肝臓を悪くされているようです」という宮内庁関係者の証言を紹介している。(『女性セブン』2020年12月10日号)

秋篠宮殿下は、代替わり後、今上陛下の次に天皇となる「皇嗣」という大きな責任を伴うお立場となられたがが、おそらく、日々相続を絶するプレッシャーと戦っておられるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。