紀子さま、マスコミと宮内庁へ小室圭さんへの総攻撃を指示「アイツに結婚を諦めさせろ」


文/木下聡

宮内庁長官が異例の“小室家批判”

現在、婚約内定者の小室圭さんとの結婚が延期状態となっている秋篠宮家の長女・眞子さま。これまで、お二人の結婚については先行きの見えない状態が続いていたが、先月11月に秋篠宮殿下がお誕生日会見にて、結婚を許可するご発言をされた。

この秋篠宮殿下の結婚を許可するご発言を受け、宮内庁は、お二人の結婚への準備を進めている。しかし、そうした状況で、今月10日、宮内庁の西村泰彦長官は定例記者会見にて、小室圭さんに対して“苦言”を呈した。

西村長官は、小室家サイドに対し「説明責任を果たすべき方が果たしていくことが極めて重要だ」と発言。宮内庁長官が、内親王の婚約内定者に対して、苦言の呈するというのは極めて異例の事態であるという。

「もともと、お二人の結婚が延期となった原因は、小室圭さんの母親の佳代さんが元婚約者の男性A氏との間で抱えていた借金トラブルでした。

しかし、すでにA氏は『週刊現代』の取材に応え“今後、小室家に対して返金を求めることは一切いたしません”と語っており、借金問題は事実上すでに解決しているのです。

こうした状況で、宮内庁が小室圭さんに“苦言”を呈し、お二人の結婚を阻止しようとすることは、一般国民である小室圭さんの婚姻の自由を踏みにじることにほかなりません」(全国紙社会部記者)

小室圭さんは“理想”の結婚相手

借金問題の発覚以降、多くのメディアや国民からバッシングを受けている小室圭さんであるが、2年前に眞子さまとお二人で婚約内定会見を行った際には、沢山の人々がお二人の幸福な結婚を心から祝福した。

また、紀子さまも当初は小室圭さんのことを「理想の結婚相手」であるとして絶賛されていたという。

『文藝春秋digital』(2020年1月29日配信)は、「紀子さまのほうは、圭さんをすぐに気に入られ、絶賛されていました。『こんなに素晴らしい方はいない』『(結婚相手として)理想的』とまでおっしゃっていた。眞子さまは恋人を認めてもらえたことに、心から喜ばれていました」という秋篠宮家関係者の言葉を紹介している。

もちろん、結婚相手として完璧な存在とまでいうことはできないものの、小室圭さんの優秀さに疑いの余地はない。

フォーダム大学の留学1年目には、成績優秀者(学部150人中15位から37位のグループ)に入り、大学のホームページに名前が掲載されている。また、学生でありながら投稿した論文が米国の専門誌に掲載されるなどの快挙も成し遂げているのだ。

また、『HTB北海道ニュース』は、秋篠宮殿下の結婚許可発言が報道された後に「個人的には応援していたので結婚したら嬉しいなと思います。思いあってる感じが素敵だなと思っていました。二人で頑張って欲しい。」といった道民からの祝福の声を伝えている。

週刊誌やネットメディア等では、激しくバッシングされる一方で、このように困難に直面しても互いに愛を貫き通すお二人の姿を温かく見守ろうとする国民も多いのではないだろうか。

異例の“苦言”の裏に紀子さまからの極秘指令

では何故、宮内庁の西村長官は突然、こうした異例の“苦言”を口にしたのだろうか。実は、この西村長官の“苦言”の裏には紀子さまからの“極秘指令”があったのだという。

「先月のお誕生日会見にて、秋篠宮殿下は、眞子さまと小室圭さんの結婚を許可する発言をされましたが、紀子さまは現在でもお二人の結婚に強く反対されているようです。

とはいえ、借金問題も解決してしまった現在、紀子さまにはお二人の結婚を阻止する術はありません。ですが、そうした中でも、紀子さまは“なんとか、小室家の側から結婚辞退を言い出すように仕向けられないか?”とお考えになられているようです。

そこで、現在、宮内庁を通じて、政治家やマスコミに対して“小室家をバッシングするように”という指令を出されているのです。

政治家や官僚、マスコミからの激しいバッシングに音を上げ、小室圭さんが“結婚辞退”を宣言する。そうした状況に持って行くことが紀子さまの狙いであるようです」(皇嗣職)

紀子さまは、時に「小室に結婚を諦めさせろ」と絶叫されることもあるという。とはいえ、こうした目論見が成功する可能性は低いと言わざるを得ないだろう。

現在、佳代さんの抱えていた400万円の借金問題が解決した現在も小室圭さんはフォーダム大学の留学費用などのための多額の借金問題を抱えているが、これらの借金は眞子さまと結婚し一時金を得なければ返済は難しい。

「日本で嫌われているなら、結婚一時金を使ってアメリカで暮らせばいい」おそらく小室圭さんは、そのように考えているのではないだろうか。

1件のコメント

私も角田圭氏は嫌いですが、秋篠夫妻も最初は気に入って散々餌付けをしてたくせにね。
ご自身が泥をかぶって「破談」とハッキリ言えばいいのに、メディアを使って追い込むのもこれまた卑劣。
だから眞子さんが反発するんですよ。「私の幸せ云々より、悠仁を天皇にしたいだけなんでしょ?」って。今や眞子さんも大概ですけどね。
尤も、この両家が暴露合戦や泥試合になったところで、両陛下には何の被弾も無いので楽しく観戦しております。角田親子はどんな凄いネタを握っているのかな??
あ、税金費やすのはほどほどにお願いしますねー。

121
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。