小室佳代さん週刊誌メディア等へ“訴訟攻勢”を宣言 「手始めに文春を」紀子さまもターゲットに


文/木下聡

現在も国民からの理解を得られない眞子さまのご結婚

先月11月20日、秋篠宮殿下はお誕生日会見にて、現在延期状態となっている眞子さまと小室圭さんの結婚を許可する発言された。

これまで、小室圭さんの母親の佳代さんが元婚約者の男性A氏との間に抱えてる400万円の借金問題のために、結婚延期が続けられており、秋篠宮殿下も「借金問題を解決するまでは結婚は認められない」という主旨の発言をされてきた。

しかし、この会見では、これまでのお考えを変え、お二人の結婚を認められた。果たして、この会見が行われるまでに、秋篠宮殿下にどのような心境の変化があったのかは、推測するほかないない。

ともあれ、秋篠宮殿下が結婚を許可する発言をされたことで、今後、宮内庁はお二人の結婚のための準備を粛々と進めていくこととなる。また、複数のメディアが、早ければ来年の秋ごろには結婚が実現するのではないかとも報じている。

とはいえ、こうした状況になっても、「いまだ多くの国民がお二人の結婚を祝福していない」という状況に変わりはないようだ。

先月13日に眞子さまが、ご結婚に関するお気持ちを文書にて発表されたことを受け「文春オンライン」は11月14日より12月1日まで、以下のアンケートを行った。

Q. 眞子さまのご結婚について、みなさんはどう考えますか。次のA~Cの選択肢の中からひとつを選び、あわせてその理由もお答えください。

A.  佳子さまのお言葉のように、 眞子さま一個人としての希望がかなう形が望ましい。
B.  秋篠宮さまのお言葉のように、多くの国民が納得し、喜ぶ状況になるまで結婚は待つべきだ。
C.  どちらとも言えない。

回答は、結婚に賛成するAが21.4%、現時点での結婚に反対するBが56.1%、どちらともいえないというCが22.5%となった。こうしたアンケート結果からも、いまだに多くの国民がお二人の結婚に納得していないという状況が浮き彫りとなっている。

とても可愛らしい笑顔で小室圭さんを見つめる眞子さま
現在、二人は幸せな結婚生活の実現に向け準備を進めているという

小室佳代さん、週刊誌メディアからのバッシングに反撃

とはいえ、小室圭さんと、眞子さまの互いに愛し合う気持ちを素直に認め、結婚に賛成する国民ももちろん存在する。

先の「文春オンライン」のアンケートで、結婚に賛成するAの回答を選んだ読者の中からは、「皇族と言っても1人の人間。おふたりが幸せになってくださることが国民にとっての幸せなのではないかと思ってしまう」(女性・28)といった意見も寄せられた。

また「圭さんの母親の問題で世間が大騒ぎしたなかでも、二人の気持ちは変わらないところがすごい。素直に応援したいステキな“お気持ち”の文だった」(女性・43)という、お二人の固い絆と愛情を称賛し、応援する意見もあったようだ。

お二人が深い愛情で結ばれていることに疑いの余地はない。このように深く愛し合う眞子さまと小室圭さんの幸せを心から願う国民も多いのだ。

「現在、ネットや週刊誌等のメディアでは、お二人の結婚に反対する意見が優勢ですが、国民の中にはお二人が結婚し幸せな生活を手にして欲しい願う人々も、もちろんおります。

また、小室圭さんの母親の佳代さんなどは、お二人の幸せを心から願っており、このような国民からの強い反対は、週刊誌等のメディアの煽動によって発生したと考えています。

そのため、今後は、小室家やお二人の結婚に対して批判を続けたメディア各社に対して訴訟なども念頭に、反撃を行う準備を進めているようです」(全国紙社会部記者)

今月10日、西村泰彦宮内庁長官は定例記者会見で、小室家の“金銭トラブル”について「説明責任を果たすべき方が果たしていくことが極めて重要だ」と発言した。

この西村長官の発言に対して、小室圭さんの代理人弁護士である上芝氏は、『女性自身』の取材に応え次のように述べている。

「今後はスタンスを変えていくということです。問題を円満かつ誰もが納得できる形で解決するために、これまで週刊誌の記事に対して批判や反論はしてこなかったのですが、現状では誤った情報が事実のように扱われてしまっています。今後はしっかりと正すべきところは正していく、ということです」

『女性自身』(2020年12月29日号)

「どうやら、小室さんサイドは、週刊誌報道等によるバッシングはすでに“一線を超えてしまっている”と考え、今後は、報道内容に対する抗議のみではなく、法的手段に訴えることも検討しているようです。

また、小室佳代さんなどは、現在、近隣住民などに“手始めに週刊文春を訴えたい”などとも言っているようです」(前出の社会部記者)

小室圭さんの母親の佳代さん、ふとした時に見せる表情が周囲の人々に美しさを感じさせる
現在でも多くの男性を魅了してやまないようだ

最終的なターゲットは紀子さま

こうした法的措置の検討の相手は、マスコミのみではない。どうやら、佳代さんは、最終的には秋篠宮家を相手取った訴訟を起こしたいと考えているようだ。

佳代さんは、以前から「私や圭がメディアで批判されるのはおかしい。事実でないことばかり書かれていて、その情報源はどう考えても秋篠宮家としか思えません。これは、圭と眞子さまを引き離そうとする陰謀なのだと思います」などと近しい人に漏らしていたという。(『週刊新潮』 2019年8月15・22日号)

「佳代さんは、なんとかして、これまで結婚に反対を続けてきた紀子さまを”ぎゃふん”と言わせたいと考えているようです。

どうやら、ここまで小室家の悪評が立ったのも、“紀子さまの陰謀に違いない”と確信しているようで、弁護士などにも、“なんとか秋篠宮家を訴えられないか”と相談を持ちかけているそうです」(同前)

現在、眞子さまと小室圭さんのご結婚への準備が進められている中で、裏では、少々厄介な事態が進行しているようだ。

9件のコメント

「川島紀子VS角田佳代の戦い」かぁ〜、胸熱だな。
皇室特権に集る同じ穴のムジナ同士、こりゃ見ものだなwww

210
3

川島紀子が本来(戸籍上)の名前です。成婚後、宮内庁から「川嶋」と名乗るようにアドバイスされたとか?

88
1

キコvsカヨ。

初代KK対二代目KK母。

ハブとマングースの戦い。

幻魔大作戦@令和、妖怪同士の死闘。

108
1

写真のキャプション
>ふとした時に見せる表情が周囲の人々に美しさを感じさせる

え?って2度見しちゃったよ。
ホントにそんなふうに思うオジサマたちいるの?
普通のおばちゃんじゃん。

他の記事でも「美魔女」っていうキャプションがついてて、
どこをどうやったらそんなキャプションになるのか、ほんとに不思議だわ。

まぁ宮家を相手に訴訟でも何でもやってくださいよ。
散々お金たかって贅沢な暮らしも、SPつけて優雅なタクシー出勤(パート)もさせてもらっておいて、
どの口が言うと、狐子様に言われちゃうわよー。
むしろ言ってもらった方が金の流れも何もかも分かって、
国民はスッキリするし、結婚話は破談or皇族特権はく奪で降嫁の方向になるでしょうし、
宮家も皇位継承にはふさわしくないと、国内外に示せるってもんです。

97
1

小日向の子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。