美智子さま「小室圭さん、会見を開きなさい」 上皇后が描く“眞子さま結婚”への最終計画


文/佐藤公子

天皇家と秋篠宮家の明暗

12月9日、お誕生日を迎えられた皇后雅子さま。雅子さまは今年57歳となられ、多くの国民の祝福を受けてこの日を笑顔で迎えられた。誕生日に合わせて、4000字以上の文書を公開された雅子さま。その大半が、今年コロナ禍に見舞われた国民を案ずるものとなっており、皇后さまのお優しいお心が、国民の祝福の声の大きさに反映されていると言えるだろう。愛子さまも、12月1日には19歳のお誕生日を迎えられた。来年成年皇族となられる愛子さまが、公務をこなされていくことを楽しみに待つ国民は多い。

一方、温かく穏やかな雰囲気が漂う天皇家とは対象的に、秋篠宮家には依然として殺伐とした空気が漂っているという。この空気は当然、11月13日の眞子さまの「お気持ち発表」によりもたらされたものだ。眞子さまは小室圭さんとのご結婚について、2018年2月7日の文書発表以来初めて口を開き、3年近くの延期期間の間にも心変わりせず、今も小室圭さんとの結婚を熱望されていることを明かし、多くの国民はこれに驚愕した。

《私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》

発表に伴い、両親である秋篠宮殿下と紀子さまも、この文書に目を通されたという。ある皇嗣職によると眞子さまと秋篠宮殿下は、ここで意見の衝突を起こされたとのことだ。

家族円満のアピールも寒々しい

殿下と眞子さまの意見

「眞子さまの文書は当初、もっと強烈だったそうです。小室圭さんへの報道の手を緩めないマスコミ、小室家の“贈与”という主張を受け入れず、金銭の返済を求め続けた佳代さんの元婚約者A氏への恨み言など、かなり熱のこもった文章だったとか。秋篠宮殿下は当然これに違和感を感じ、眞子さまに対して、小室圭さんに人前に出て来て、これまでの経緯をしっかりと説明していくことを求められたのです」(皇嗣職の一人)

この意見の相違は、秋篠宮殿下の記者会見の“歯切れの悪さ”につながった。秋篠宮殿下は「結婚を認めるということ」とおっしゃる一方で、婚約と結婚は別、結婚には様々な段階があるとされながら、小室圭さんに対して“目に見える形”での解決を促した。

「殿下が記者会見でお話になった憲法のくだり、『これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば,親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています』という部分は、眞子さまのご意見を反映させたものです。

実は、秋篠宮ご夫妻はご自身らのご結婚の経緯から、眞子さまや佳子さまには幼い頃から『好きになった相手と結婚しなさい』とおっしゃってお育てになりました。当時は東宮家との対比から、国民の理想の家族がごとくもてはやされていた両殿下ですから、手塩にかけて育てた娘が、小室圭さんのような相手を連れてくる可能性など微塵もお考えになっていなかったのでしょう。ご夫妻のおおらかさが、眞子さまに小室圭さんのような人物を近づけさせたとも言えます」(同前)

これゆえ、殿下の自責の念は深まる一方であり、宮邸には日々どんよりとした空気が蔓延しているという。

美智子さまが眞子さまに示す愛情

このような状況の中、今月10日には宮内庁長官の西村泰彦氏が、定例記者会見の場で渦中の小室圭さんについて「説明責任を果たしていくことが極めて重要だと考える」と述べた。これまで、宮内庁がここまで小室家に踏み込んだ事を話す機会は無く、この背景にはある人物の働きかけがあったことが明確だ。仙洞仮御所の内情に通じる皇室ジャーナリストは次のように話す。

「西村氏に指示を出したのは上皇后美智子さまです。美智子さまはこの件について長い間口を慎まれてきましたが、秋篠宮殿下や眞子さまのお悩みには、常日頃から率先してお応えになってきました。これ以上秋篠宮一家が苦しむのを黙って見ているわけにはいかない、そんなご決意を込めての指示だったのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

ただ、上皇后さまの思い描く眞子さまご成婚までのストーリーは、国民感覚とは少し異なるものだという。

「国民は、宮内庁や秋篠宮殿下の要請に応えて、小室圭さんと佳代さんが記者会見なりを開き、これまでの経緯について正直に、丁寧に回答していくことを求めています。小室家の誠意ある対応を見れば、国民感情もお二人を応援する方向に傾く可能性も残されています。

ただ美智子さまは、小室家にありのままを話させるのは危険だとお考えの様子。『記者会見を開くのであれば、全てこちらの指示通りに動いていただきたい』とお考えです。端的に言って、美智子さまは、小室圭さんが眞子さまの支援で奨学金の返済を完了しつつあることを国民に悟られることを恐れていらっしゃるのでしょう。おそらく、小室さんの高校生時代のアルバイト経験や、就職後の収入などについてアリバイを作ることで、美談を作り上げ、メディアを使って盛大な祝福ムードに持ち込もうとされているのではないでしょうか」(同前)

上皇后の慈愛が眞子さまと小室圭さんに注がれ続ける限り、お二人は無敵だ。


3 件のコメント

  • 目立ちたがり屋のオバーサン、諸悪の根源はアナタですよ。
    一国民としてはKKクンの会見と共に、一連の騒動の発端であるご裁可や女性宮家、皇女制度についてのご説明を希望いたします。
    久々に注目浴びること間違いなしです。
    あっ、説明の際には蚊の鳴くような声は止めて、女官にハイヒールを投げつける時のような大声でお願いします。

    200
  • まぁ~やはりと言うべきですよね。
    平成時代から、己の口は汚さず誰かに指示して言わすのが得意なお方とくれば、あの方ですよね。
    宮内庁長官の口を借りて、当時の東宮家を批判させたのは、そうです。平成時代の女帝様ですよね。
    天皇迄をも掌で転がせる程の力を持ってられたんですから。
    マスコミを使って美談に仕立て上げるのが、想像出来てしまうのですよね。
    マスコミも挙ってあれだけ小室さんをバッシングしていたにも拘わらず、手のひら返しで称賛して祝意を打ち出すんでしょうね。
    只、平成時代と令和の時代が違うのは、SNSが浸透した為に下々の者にでも真実が分かる様になった事ですね。
    <秋篠宮眞子さんの為の皇女制度>と<血税を使っての持参金>には、断固反対です❗❗

    217
  • >「ご夫妻のおおらかさが、眞子さまに小室圭さんのような人物を近づけさせたとも言えます」

    天皇家をお助けするという本来の宮家としての義務を同じ立場の常陸宮夫妻というよき先達から学ばず、
    兄への妬み嫉みを自愛の女優である母から植え付けられそれを性格の根底にもつ礼宮。

    さらに貧しい育ちから成り上がりで美人局のような結婚、自愛の女優に取り入り女帝を継承せんと子供の養育にも心を配らず、せっせと公務もどきを新設しお車代集金お出ましをご公務と称して邁進したゴキサマ。

    国民は雑音、国民は皇室を敬い平伏すのが当然と自愛の女優と美人局母に教えられて育った馬鹿子姉妹。

    お気の毒ですが、天皇ご一家とは弟宮一家でありながら雲泥の差となって表われ八割方の国民の知ることになりました。
    そして夫一族を破滅させ、金に執着し、後妻業をする邪な親子を呼び寄せたのは必然でした。
    秋篠宮家のおおらかさとは言いようです。邪が邪を呼び寄せたのです。
    この悪の平成4人組+角田親子+3人のダミアンの終焉に国民は思いを馳せています。

    最後のあがきに女性宮家がだめなら皇女制度、日本の弁護士資格なくとも外国の弁護士資格を有効にする法案も国民から見えないところでかってにきめていたりやりたい放題。

    くだらない小芝居でマスコミや政権まで動かす越権行為で平成から今まで天皇ご一家や国民を苦しめた人が生きている限り次男一家の暴走は続くのかもしれない。

    120
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。