美智子さま、皇室サイトにも強いご指導 「眞子の件には一切関与していません」


文/高山麻子

眞子さまご結婚が再炎上

令和2年も師走を迎える中、眞子さまのご結婚問題が急速に進展を見せている。事の経緯については、読者の皆様はすでにご存知の通りである。2018年2月7日、前年から活発に報じられていた小室家の“過去”について、皇室側の対応が追いつかずに、眞子さまと小室圭さんの結婚に関する行事が事実上の無期限延期状態となった。

そして11月13日、秋篠宮殿下の立皇嗣の礼を終えてすぐのタイミングで、眞子さまが現在のお気持ちを表明された。11月30日、秋篠宮殿下は事前収録のお誕生日会見で、「娘の結婚の意思を尊重する」と述べられ、「憲法でも、結婚は両性の合意に基づく」と、容認に至った根拠を示された。同日、小室佳代さんと係争中であった元婚約者のX氏の独占インタビューが『週刊現代』に掲載され、A氏は「お二人の幸せを祈ることにした」と債権放棄の意思を明らかにした。

『週刊新潮』に謝罪と訂正を求めた美智子さま

そして、12月10日、宮内庁長官の西村泰彦氏が、小室圭さんについて「小室さん側が説明責任を果たすことが重要」との考えを示し、現在このことがさらなる波紋を呼んでいる。

「宮内庁のトップが、一国民に対してこのような要請をするのは極めて異例のことです。多くの人は、この長官の発言の背景に、秋篠宮殿下の先の会見での『目に見える形での対応が必要』と述べたことを思い浮かべたと思います。報道各社も、秋篠宮家から強い要請があったと報じました」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

また、最も大きな問題となっているのが、『週刊新潮』(12月24日号)である。『小室圭・佳代さんに美智子さまからの最後通牒』との見出しで報じたが、これが宮内庁のタブーに触れたのか、即座にこれを否定する文書が宮内庁から発表されたのだ。

先般,長官は上皇上皇后両陛下に本年度補正予算のご報告に上がっていますが,その折,上皇后さまは報告をお聴きになるだけで,ご発言は皇室の皆様のご健康についてご無事を問われることだけでした。眞子内親王殿下のお話は全く出ておりません。今回の記者会見での長官発言は,記者質問に応じて,長官としての考えを述べたものであり,また,小室さんの代理人と会ったのも,長官自身の判断によるもので,事前に上皇陛下や上皇后さまのご指示を受けたとか,お諮りをしたとか,あるいはご意向を汲んだといった事実は全くありません。

週刊新潮12月24日号の記事について(令和2年12月18日)

更に、文書は次のように続く。

眞子内親王殿下をめぐる週刊誌報道については,既に宮内庁ホームページで二度にわたり,上皇上皇后両陛下が首尾一貫して一切の発言を慎まれていること,また,上皇后さまの名の下に様々な事実に反する報道がなされていることに上皇上皇后両陛下も深く傷つかれ,お心を痛めておられることを説明してきました。86歳というご年齢でご自分も病いを持たれながら,上皇陛下のお世話を唯一の務めとして過ごしておられる上皇后さまに対し,このようなことが引き続き行われていることは誠に遺憾であります。

同前

「宮内庁はこれまでも、報道に対して謝罪と訂正を要求してきました。その大半が美智子さま関連のものに対してです。当然、美智子さまも発表される文書には目を通されていますから、『週刊新潮』の記事に対し、美智子さまがかなり強く遺憾の意を示されていることがわかります。眞子さまと小室圭さんの結婚にご裁可を出されたのは、平成時代の皇室、つまり上皇陛下と美智子さまですが、美智子さまは一貫してこの件から距離を取られています。たとえ美智子さまが裏でこの件について様々な支援をされていようと、表立っては『静かな環境を守りたいので、眞子の件は私達とは関係ありません』と強調しておきたいのでしょう」(同前)

上皇陛下と美智子さま。

当サイトにも指導が

今回、宮内庁が公式に謝罪と訂正を要求したのは『週刊新潮』の記事のみである。しかしどうやら美智子さまの苦情は宮内庁を通じて方々にあったようだ。ご多分に漏れず、当サイトの主催者・小内誠一氏のもとにも、「今後は眞子さまの件で、美智子さまの名前を出すことのないように」との指導が入ったらしい。

「受け取ったメールについては、読者に向けて公開することのないように、との指導を受けていますので、読者の皆さんにどう伝えていくかは検討中です。事実を事実としてきちんと伝えたい思いはありますが、いかんせん美智子さまの威光はあまりにも強いので…。とにかく、一国民として、美智子さまのお体や精神面にストレスを与えないように、十分な配慮をしながら報道していく必要があるということです。たとえそこに美智子さまのご意向が影響していたとしても、あくまでも矢面に立つのは宮内庁や天皇皇后両陛下、つまり令和の皇室であると伝えるようにする必要がありそうです」(小内誠一氏)

前代未聞の皇室ゴシップとなった眞子さまのご結婚。美智子さまはこの危機を、箝口令で乗り切ろうとされている。


6 件のコメント

  • 裁可を下したのは上皇ご夫妻ですから
    却下なさればいいだけの事ではありませんか?
    そうなされば、様々な憶測をされずに済みます。ぜひお願い致します!

    434
    2
  • 「美智子さまのご意向が影響していたとしても、あくまでも矢面に立つのは宮内庁や天皇皇后両陛下、つまり令和の皇室であると伝えるようにする必要がありそうです」
    小内さん、天皇皇后両陛下を巻き込まないでいただきたい。とんだとばっちりです。
    是非よろしくお願いします。

    410
    2
    • 来年のカレンダーは今上天皇皇后両陛下より上皇夫妻が最初にありますよね
      やはり序列は上皇夫妻の方が上だとの思いがおありなので
      ここは一つ、その威厳で格好良く一言、この結婚はノーと言っていただければ
      さすが美智子さま!!よくぞ言って下さいました
      と国民はスッキリ致します
      その一言をお待ち申し上げます

      300
      3
  • 今回の宮内庁ホームページでの国民へのアピールで見えるかされたのは、上皇上皇后に補正予算な説明がされたということ、天皇であられたときからそうであったわけで、じゃぁ秋篠宮家の宮殿の法外な金額も、ご自身らの公邸改築費用についても諾として受け入れられてきたことがいまさらながらはっきりしました。贅沢三昧ワガママ放題の秋篠宮家優遇、期せずしてあきらかになりました。もあじたばたしないで国民の審判をうけられればよいのです。いつもながら、自分等の責を一国民、くないちょうのお役人におしつけないでください。

    313
    2
  • 平成の女帝さま
    日本国憲法第21条には
    「言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」とあります。

    102
    1
  • 国民があてくしをキラウノデアレバ
    国民がいやがるあの詐欺師、ジゴロ親子を
    よろこんで皇室に入れます!とか何とかの記事を読みました。
    晩節をこれ以上汚し皇室の威厳をこれいじょう貶められませんよう
    眞子問題から逃げる事を
    国民はマナコパッチリ開けて見ていますから‼

    11
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。