美智子さま、紀子さま、佳代さんが言論弾圧で結託「誠実な報道を」法的措置も辞さぬ覚悟で


文/木下聡

宮内庁、『週刊新潮』の報道に抗議

今月18日、宮内庁は、『週刊新潮』(12月24日号)が報じた「小室圭・佳代さんに美智子さまからの最後通牒」と題する記事に対して、HPにて内容を否定する文書を発表した。

『週刊新潮』の記事では、今月10日に西村泰彦宮内庁長官が眞子さまと小室圭さんの結婚問題に関し、「(小室さん側に)説明する責任がある」と異例の苦言を呈したことについて、「もっぱら上皇后さまの強い“ご懸念”が影響しています」と報じた。

しかし、宮内庁は、こうした報道内容を強く否定。HPにて、西村長官の発言は「長官としての考えを述べたもの」とした上で、「(上皇ご夫妻の)ご指示を受けたとか、お諮りをしたとか、ご意向をくんだという事実は全くない」と強調した。

「美智子さまは、皇后陛下であった時代から、週刊誌を愛読されており、大手出版社の発行する週刊誌を全て皇居に取り寄せ、大変熱心に熟読されておりました。

特に、美智子さまが好まれたのが、ご自身を称賛し、その活躍を大々的に報じた記事や、紀子さまや秋篠宮殿下など秋篠宮ご一家のご活躍を賛美する記事でした。

一方で、ご自身や秋篠宮家に対して批判的な内容の記事にも注意深く目を光らせ、そうした内容の記事があれば、即座に宮内庁に内容を否定させる、といったことも日常的にされていたようです」(上皇職)

平成の時代には、大変なカリスマ性を備えた慈愛の皇后陛下として、多くの人々から愛され、尊敬されてきた美智子さまであるが、そのように国民から愛され続けたことの裏には、こうしたたゆまぬメディア対策の努力があったようだ。

美智子
平成の時代には、慈愛の皇后陛下として多くの国民から愛され尊敬されてきた美智子さま
現在でも変わらぬ気品と美しさを保たれている

メディア対策強化を目論む美智子さまと紀子さま

現在、加熱する週刊誌やネットメディアによる皇室報道に対し、美智子さまや紀子さまは、強い懸念を抱き、メディア対策の強化を希望されているという。

「昨年の12月13日に行われた記者会見にて、宮内庁の上皇職は、“9月以降、美智子さまが血の混じった嘔吐を複数回されていた”という衝撃的な発表をしました。

その際、宮内庁は嘔吐の原因として、“週刊誌報道にストレスを感じられた結果として胃に負担がかかった”ためであると説明しています。

果たして、こうした説明が事実であるかは分かりませんが、美智子さまが週刊誌による報道の過熱化を懸念され、なんとかそうした過激な報道を抑制するよう望まれている、ということは確かなようです」(前出の上皇職)

また、眞子さまのご結婚の延期が決定して以降、秋篠宮家に対する風当たりが強くなっていることから、紀子さまも、過激な報道を控えるよう要望されているという。

美智子さま、紀子さま、佳代さんで言論弾圧トリオ結成も

さらにこのお二人の他に、現在、週刊誌等の報道に頭を悩ませているのが、小室圭さんの母親の佳代さんだ。

先月11月20日には、秋篠宮殿下がお誕生日会見にて、眞子さまと小室圭さんの結婚を許可する発言をされた。こうして、お二人の幸せな結婚生活の実現へ向け、良い方向へと進んではいるのだが、一方で、いまだに多くの国民がお二人の結婚に反対する状況が続いている。

「小室佳代さんは、眞子さまのことを大変気に入っておられ、“とても上品で、可愛らしく、心優しい性格の持ち主で、圭にとっても理想の恋人であり、結婚相手です”とことあるごとに絶賛されているようです。

しかし、そんな眞子さまとの結婚を多くの国民が反対していることについては、大変心を傷められているようです。

また、そうした国民からの反対の原因は、週刊誌等を中心としてマスコミによるバッシングが関係しているとも考え、なんとかマスコミ報道を控えて欲しいとも願っているそうです」(全国紙社会部記者)

とても可愛らしい笑顔で小室圭さんを見つめる眞子さま
小室佳代さんはお二人の幸福な結婚の実現を心から願っているという

これまで、紀子さまや美智子さまとギクシャクした関係であった佳代さんだが、実は、最近ではこうした反マスコミという点で、協力しようという動きも見せているという。

「紀子さまや、美智子さまは、なんとかマスコミ報道に対して効果的な反撃を行いたいと、強く望まれているようですが、お二人は、皇族という身分のため、メディアに対して法的措置を講じることが出来ず、実質的に過激な報道を野放しにした状況が続いております。

そうした中で、お二人は、一般国民である佳代さんと手を組んで、なんとか報道を過激化させるメディアに対して反撃を加えられないか、と画策されているようです。

具体的には、お三方で、様々な情報を共有し、週刊誌等が問題のある内容の報道を行った際には、宮内庁のHPに反論の文章を掲載させると同時に、小室佳代さんが、“報道内容は名誉棄損である”として法的措置を講じる、という計画のようです。」(前出の上皇職)

これまで、比較的自由な報道が許されてきた皇室関連報道であるが、今後は、様々な方法が規制が強化され、自由な言論が制限されていく可能性もあるようだ。

5件のコメント

呆れますね。雅子さまに対し、マスコミと結託して散々バッシングをしておいて。雅子も陛下もそのことに対し、何ひとつ弁明なさらず、黙って耐えていらっしゃいましたよ。秋篠宮の件は、いわば身から出た錆でしょう。自分たちの不始末は握りつぶし、尻拭いのためにさらに国民の税金を投入しようとする、このような輩が次期天皇?日本は終わっています。

347

最強タッグ‥‥
「離間の計」で髪の毛掴み合い
憎まれっ子世にはばかる
はぁー 長生き

209
1

この記事のようなことが本当に画策されているとしたら、
このお二方は皇族としての品格も矜持も捨てたってことですね。
やればやるほどドツボにハマるのに。
なんならとことんやって、崩壊しちゃえばいい。

273

紀子さまや、美智子さまは、なんとかマスコミ報道に対して効果的な反撃を行いたいと、強く望まれているようですが、お二人は、皇族という身分のため、メディアに対して法的措置を講じることが出来ず、実質的に過激な報道を野放しにした状況が続いております。

どの口が言うのだろう?きつねにつままれたような気分です。メディア操作で平成だけでなく、皇太子妃時代からのしあがってきた女帝サマと、
それを踏襲して婚約前から利用してきたキコサマ。。
佳代さん含めて、オンナで地位と権力とお金のある男を落とし、回りからは反対されても『私たちは純愛です』みたいな感じでメディア使って売り込んで、
都合の悪いことは握りつぶして、正統なる後継者、そして紛い物である自分達がほど遠い、まばゆく輝く本物の方雅子さまを貶めるためにあれこれしてきたのに。

言論の自由です!しかも真実も多い報道を自分の不都合で消したいだけだろうに。
嘘八百と偏向報道ばかりの秋篠宮関連記事ほんとに見たくない。
皇室カレンダーも先代は要りません。あっても一度脇にひっそり、くらいでよい。
ほんとは秋篠宮家のも要らない。オール天皇家だけ、途中に常陸宮様ご夫妻、三笠宮家や高円宮家の方々がお出ましになるとなお嬉しいです。

72

平成の女帝サマ
日本国憲法第21条には
「言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」とありますよ。

59

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。