美智子さま「紀子さんのことは見捨てます」巻き添え怖れ、小室問題に白旗


文/木下聡

抗議殺到の眞子さまご結婚問題

先月11月30日、お誕生日に伴う記者会見にて、現在延期状態となっている眞子さまと小室圭さんの結婚について認めるご発言をされた秋篠宮殿下。

殿下の結婚許可発言を受けて、一部では祝福の声も上がったようだ。ネットニュースには局所的ではあるが、次のようなコメントも挙がっていた。

〈これだけ固い決意があればきっと幸せになるかと思う。幸せな家庭を築いていただければなと思います〉

〈個人的には応援していたので、眞子さまが結婚したら嬉しいなと思います。長い遠距離恋愛を経てもなお思い合っている感じが素敵だなと思っていました。二人で頑張って欲しい〉

しかし、一方で、お二人の結婚に関しては、現在も厳しい意見が多く見られる。特に、秋篠宮殿下がお二人の結婚を許可する発言をされて以降は、宮内庁に対して、多くの人々から抗議の電話が相次いでいるという。

そうした中、宮内庁の西村泰彦長官は今月10日に行われた定例会見にて小室圭さんに対して、400万円の〝借金問題〟を念頭に「説明責任を果たすべき方が果たしていくことがきわめて重要だ」と発言した。

「小室圭さんへの“異例の苦言”とも報じられた西村長官の発言ですが、実際には、単純に借金問題の解決の経緯を国民に分かりやすく説明して欲しいという要望のようです。

こうした発言を行う以前に、小室圭さんの代理人弁護士とも相談を行っていたようで、どうやら、小室圭さんに対する“苦言”というよりも、むしろ、小室圭さんが国民に対して説明を行うための“お膳立て”といった面が強いようです」(宮内庁職員)

こうした西村長官の発言を受け、小室圭さんは近日中に結婚に関する何らかの発表を行う可能性が高いようだ。

とても幸せそうな様子で微笑み合うお二人
上品で可愛らしい眞子さまと、凛々しい小室圭さんお二人の婚約内定発表は多くの国民から祝福を受けた

小室問題の矛先は美智子さまにも

このように、現在も物議を醸している眞子さまと小室圭さんのご結婚問題だが、この問題は思わぬ方向にまで飛び火しているようだ。

『週刊新潮』(12月24日号)は、西村長官の発言後に、「小室圭・佳代さんに美智子さまからの最後通牒」と題する記事を掲載した。

この記事では、「長官がここまでイレギュラーな発言をしたのですから、その背後にいらっしゃるのはおのずと四方、すなわち天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻となります。中でも今回は、もっぱら上皇后さまの強い“ご懸念”が影響しています」という宮内庁関係者の言葉が紹介された。

この『週刊新潮』の記事を受け、宮内庁は「事前に上皇陛下や上皇后さまのご指示を受けたとか、お諮りをしたとか、あるいはご意向を汲んだといった事実は全くありません」とする文章をHPに掲載し、西村長官の発言に関して、美智子さまの関与を否定した。

小室問題に匙を投げる美智子さま

果たして、美智子さまが実際に、西村長官の発言に関与していたかは分からない。しかし、美智子さまが宮内庁に『週刊新潮』の記事に対する抗議文を掲載するよう依頼したことは確かなようだ。

「“愛読書は週刊誌”などと揶揄されることもあるほど、美智子さまは週刊誌を熟読されており、特に皇室関連の記事には必ず目を通されております。

そうした中、今回の『週刊新潮』の記事は大変遺憾に思われたようで、職員を呼び出し、“このような事実はない”と否定するよう強く命ぜられました。

小室圭さんの問題に関しては、上皇陛下が結婚の裁可を出されたこともあり、以前、上皇ご夫妻もバッシングに晒されることとなりました。

そうした過去の苦い経験から、小室圭さんの問題とは関りを持ちたくないとお考えになられたのでしょう。

現在では、“小室さんの問題は紀子さんがなんとかしなさい”と仰られており、“秋篠宮家の問題は、秋篠宮家で解決して欲しい”と願われているようです」(上皇職)

これまで、美智子さまの頭を悩ませることの多かった眞子さまと小室圭さんのご結婚問題であるが、現在では「なるようにしかならない」といった“Let it be”的なお考えを持たれているようだ。

4件のコメント

こういう反論を書かせるところが皇族らしくない、という気持ちを抱かせます。絶対に反論しなくては気が済まないという御性格なのでしょう。

403

大人しくしてるのがご自身の為です。老兵は死なず ただ消え去るのみ。

181

雅子様にエールを へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。