小室圭さん皇室特権の実態が明らかに 秋篠宮さまの“腹心”、奥野善彦氏とのトライアングル


伊藤友香子

眞子さまと小室圭さんのいびつな関係性

秋篠宮殿下の容認宣言を受け、眞子さまと小室圭さんの結婚は確定的となった。今でも多くの国民がこの縁談に反対する状況が続いているが、それでも若いお二人は結婚実現へと突き進んでいる。

眞子さまと小室圭さんの関係性について、純粋な愛情が双方にあって欲しいというのは多くの人の共通の願いだろう。しかし、複数の専門家が「眞子さまは小室母子による洗脳に近い状態にある」との指摘をしている。最もインパクトを与えたのが、『週刊新潮』(2020年11月26日号)での、精神科医・片田珠美氏の指摘だ。

今の眞子さまは「惚れ込み」の状態にあると考えられます。フロイトは「惚れ込み」と「催眠」の類似性をこう指摘しています。前者は恋愛対象を過大評価し理想化する。後者は催眠術にかかれば、催眠術師を過大に評価して同じく理想化する。その結果、批判力を失ってヒトは三つの状況に陥るのです。

端的に言えば「隷属」「従順」「無批判」。つまりは自分自身の自主性が相手にすべて吸収された状態です。

「「眞子さま」結婚宣言で「小室圭さん」圧勝」『週刊新潮』(2020年11月26日号)

「片田氏の指摘は決して的はずれなものではなく、むしろ実情に近いと感じます。小室圭さんはICU卒業後、大手メガバンクに難なく就職、その後は2年ほどで退職し、一橋大学大学院で学びながら、法律事務所でパラリーガルとして勤務していました。

一般的には、それほど余裕のある20代前半を過ごせる経歴ではない。しかし、小室圭さんの代理人である上芝直史氏は、『ICUの学費は奨学金でまかない、ほぼ返済を終えている』とメディアに対して説明を行っています。眞子さまが小室圭さんの助けとなり、金銭支援、就職斡旋などをしてきたことも、皇室内部、関係各所から良く伝え聞く話です。眞子さまの愛情はおカネや人脈を提供することによって示され、小室圭さんは眞子さまの愛情をそれらの“利益”によって計っている。いびつな関係性と言えましょう」(皇室ジャーナリストの木下聡氏)

圭くんの幸せは私の幸せとばかりに、持てる全てを彼に提供してきた眞子さま

多くの国民が小室圭さんを嫌う二つの理由

これまで、結婚後の収入に関して楽観的な見通しを立てているように見えた小室圭さん。この楽観的な姿勢と、眞子さまとのいびつな関係性が「皇族の結婚相手として相応しくない」と見なされる原因となっている。

「小室母子への懸念は、元婚約者が債権放棄したからといって払拭できるものでは無くなっています。秋篠宮家を常に隠れ蓑にしつつ『自分は将来ビッグになるから』とばかりに勉学にしか励んでいない29歳の若者は、内親王の伴侶に相応しいでしょうか。

また、元々法学に関して門外漢の小室圭さんの実力だけでは、フォーダム大学で最高位の奨学金を得ることは困難だったはず。それを入学時に“日本のプリンセスのフィアンセ”と全面に押し出すことで叶えてしまったのです。この他にも、日本の法律事務所から留学中の生活費の支援を受けたり、教授との個人セッションを受けるなどの様々な特別待遇を受けている彼には、結婚前から皇室とのコネクションを活用しまくっているという印象しかないのです」(前出の木下氏)

深まる皇室特権疑惑

さらに、小室圭さんの生活費の支援を行っている奥野総合法律事務所の代表である奥野善彦弁護士と秋篠宮殿下との繋がりは皇室ファンの間では周知のこととなっている。

「小室圭さんへの惜しみない支援を行っている奥野総合法律事務所の代表、奥野善彦弁護士はかつて、自然保護団体である公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の監事をしていました。WWFジャパンの名誉総裁は秋篠宮殿下です。

秋篠宮殿下は、総裁を務める団体の関係者としばしばプライベートで飲みに行かれるほど懇意にされており、奥野善彦氏はいわば秋篠宮殿下の腹心です。ほぼ確定的に、奥野氏は小室圭さんのスポンサーを受けることで、秋篠宮家とのコネクションを太いものにして、メリットを享受しようとしています。このように国民の苦労を顧みずに、小室圭さんを甘やかしてきた秋篠宮殿下の身内贔屓には嘆息しかありません。これらの実態について、秋篠宮、小室両者に説明の義務があると感じます」(前出の木下氏)

眞子さまは、来年7月の小室圭さんの弁護士試験終了を待ち、2021年中の成婚を望まれているという。ご結婚の前に、小室家の過去や、小室圭さんのこれまでの皇室利用について多くの人が納得する説明がなされることを祈りたい。

3件のコメント

「国民の苦労を顧みずに、小室圭さんを甘やかしてきた秋篠宮殿下の身内贔屓には嘆息しかありません「」

原点はそこです。

特定の団体の人と懇意になれば、皇族方にはわからずとも「威を借る」「利権」が産まれる。
事、この縁談が破談になれば、今度はコム側がこれまで知り得た「隠せねばならなかったこと」を「世間に出して金に換えよう」とするかもしれない。

いわゆる謝礼付きの「公務」が減っても、皇族費は必ず入ってくる。
生活に何の心配もしたことのない宮であるから、簡単に「金」で済まそうとする。
コム側の問題は論外であるが、本をただせば、宮の「甘さ」以外の何ものでもない。
讒言する人が仮にあっても、「理解できない」「理解しない」で来た結果が今の状況です。
愛だ恋だといっても、金が付いて回る。きれいごとを夢見ていられるのは、国民の苦労を顧みずに今日も生きている誰かさんだけです。

483
2

秋家は金はいつでも不自由なく湧き出る税金が使えるから、金に対しては、皇室特権を誰にどれだけ利用しても、自分達は痛くも痒くも無い。利用し放題ですからね。自分達や子供達も全部、入学から卒業、仕事、資格、まで、夫婦揃って博士号まで特権利用。使わなければ損感覚。こんな方々を国民は絶対に尊敬などしません!小室さんと大してレベルは変わらない!

240

小○さんは秋家の真似してるだけ。特権を使い放題でこれからも何処までも好き勝手するでしょう。それを応援するのが秋一族なんですよ。この一族は皆揃って血税を食い散らす!

34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。