なぜ秋篠宮さまは「結婚容認」したのか? 「国民の卑しさが長期化の原因」誕生日記者会見から見えた本音


文/佐藤公子

秋篠宮殿下、55歳のお誕生日

11月30日に55歳の誕生日を迎えた秋篠宮殿下。同日、事前収録されていた記者会見が国民に向け公開された。ここ数年、秋篠宮ご夫妻は会見で必ず眞子さまのご結婚についての回答をされており、今回も注目されたのはその件についての回答だ。以下に引用する。

娘の結婚について,つい先日,一週間ほど前になりますけれども,長女が今の自分たちの気持ちというものを文書で公表いたしました。皇嗣職大夫の,気持ちを尊重するということでしたね。

それは結婚することを認めるということです。これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば,親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています。

秋篠宮皇嗣殿下お誕生日に際し(令和2年)

「認める」ということを初めて表明された秋篠宮殿下。しかし、続けて記者から「殿下が以前記者会見で指摘された“多くの人が納得し喜んでくれる状況”となったと受け止められていらっしゃいますかどうか」と問われると、以下の通り述べられた。

私が多くの人に納得し喜んでもらえるというお話をしたわけですけれども,実のところ多くの人というのを具体的に表すことはなかなか難しいと思います。長女の結婚について反対する人もいますし,賛成する人もいますし,全く関心の無い人もいるでしょう。どれをもって多くというふうに客観的に言うことができるかというとなかなかそれは難しいわけですけれども,あくまで私の主観になりますけれども,感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています。で,そのことは娘も恐らく同じ気持ちを持っていると考えております。

同前

ここからわかる事は三点ある。

  1. 結婚について、秋篠宮家の総意としてお認めになることにした
  2. 眞子さまとの間で「国民の理解を得られる状況に無い」との共通認識はある
  3. 国民の声を承知した上で、娘の気持ちを尊重したいので、結婚を認めたいと思っている。

ということだ。

家族愛を全面に押し出した集合写真。今は空々しさを感じるのみだ。

様々な声「想定通り」「後押ししている」

今回の殿下の会見については、様々な反応がある。

羽鳥慎一モーニングショー(11月30日放送)において、石原良純さん(気象予報士、タレント)は「僕は、多くの人が『若い2人がこの年月、ここまで頑張ってやってきたんだから、認めざるを得ない』と思っていると思いますけどね」と語った。一部の国民からも「これほど強い思いならば、幸せになるように応援したい」という声が挙がっている。

たしかに今回の殿下の会見からは「長女の気持ちが最も尊重すべきものであり、自由に結婚させてあげたい、国民の皆さんにもそれを理解して欲しい」とのメッセージを感じる。はたして何が本音なのだろか? さる秋篠家付き職員は次のように推測する。

「殿下の会見は、建前であって本音ではないと思います。12月に入り、秋篠宮ご夫妻と眞子さまは何度も話し合いをされており、毎回のようにそこで衝突が生じています。なので殿下と紀子さまの本音としては『本当は結婚に反対、いまでも翻意を待っている』なのでしょう。しかし、結婚は両性の合意のみに基づくという建前上、『長女の気持ちをできる限り尊重したい』と発表せざるを得なかったのでしょう」(秋篠宮家付き職員)

一方、さる宮内庁幹部は次のように裏幕を語る。

「今回の殿下の容認の意向は、ぎりぎりまで宮内庁側に知らされませんでした。事前にメディアに流出することを恐れてのことかと思いますが、同時に、周囲からご決定についてとやかく言われることを避けたかったとも取れる。殿下にとって国民や宮内庁の意見など雑音に過ぎず、可愛い娘の結婚を望み通りに叶えてあげたい、それだけを願っておられるのではないでしょうか?」(宮内庁幹部)

国民の声を「雑音」とするのは美智子さま直伝のテクニックであろうか。

紀子さまは結婚を積極的に認めている?

秋篠宮殿下の容認宣言や、宮内庁・西村長官が小室さんを名指しで「説明責任」と言ったことからも、すでに結婚は確定事項となり、あとは小室圭さんの対応次第という状況まで来ている。また、この2年の間に秋篠宮両殿下と眞子さまの間で「話合いのない状況」から「話し合いを重ねる状況」に移ったことは、国民としても喜ばしい限りだ。だがその話し合いの結果が「結婚容認」であるならば、それは小室母子の思うツボに他ならない。

秋篠宮殿下が2018年11月の誕生日会見で出した「それ相応の対応」も「国民の祝福」も得られていない状況で、なぜこれを待たず殿下は結婚容認に舵を切ったのだろうか? 皇室ジャーナリストの高山麻子氏は次のように語る。

「今回の発表には驚かされました。状況は改善していないにもかかわらず、新たな懸念の“皇女制度”や、元婚約者側の降参宣言を受けても、結婚容認されるとは…。殿下のお気持ちを巡っての解釈は様々ですが、私は、殿下はむしろ眞子さまと小室圭さんの結婚を積極的に容認しているように感じます。そもそも『400万円程度でどうして騒ぐのか?』程度にしか考えておらず、結婚の延期は、狭量で卑しい国民にあると考えているのではないでしょうか? 『国民は眞子と小室くんの結婚を祝福するのが当然』というヤケクソな本音が透けて見えるようです」(高山麻子氏)

殿下の本音が、いったいどこにあるのか様々な見解があるようだ。だが、「結婚容認」を公式見解として発表したことに違いはない。国民から愛される皇室。秋篠宮家の美しい家族愛。これらはどこに行きつくのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。