紀子さま「小室家への裏支援」公金横領で東京地検が“捜査開始”を検討か 暴かれる宮家の闇


文/木下聡

小室家の抱える金銭問題

先月11月20日、秋篠宮殿下は、55歳になられるお誕生日に先立って行われた記者会見にて、現在、延期状態となっている眞子さまと小室圭さんの結婚について認める発言をされた。

秋篠宮殿下の結婚許可発言を受け、ネット上では、「とても素敵で魅力的なカップル。結婚したら嬉しいと思う」「とても上品で可愛らしい眞子さまとエネルギッシュで努力家の小室圭さんはとてもお似合いだと思う。お二人で幸せな家庭を築いて欲しい」などといった応援や祝福の声も上がった。

とはいえ、先の会見の中で秋篠宮殿下も述べられていたように、現在も、多くの人々がお二人の結婚に納得していない状況であるのが現実だ。

中でも、小室家に関して特に話題となることの多いのが、金銭問題である。結婚延期が決定される原因ともなった小室圭さんの母親の佳代さんが元婚約者の男性A氏との間に抱えていた400万円の借金問題については、A氏が債権放棄を宣言するというかたちで解決したものの、その他にも小室家の金銭問題について不明な点が多い。

また、小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士は、雑誌『女性自身』の取材に応え、「圭さんは、ICU在学中は奨学金を利用していました。入学金と1学期目の授業料などは圭さん自身の貯金から支払い、それ以降の学費は全額、奨学金で賄っています」と述べ、400万円の借金は小室圭さん学費に使用されたとする、これまでの週刊誌等の報道内容を否定している。(『女性自身』2020年12月15日号)

上芝氏は、このように述べることで、「金銭トラブルは、小室圭さんの母親の佳代さん個人の問題であり、小室圭さんとは直接の関係はない」ということを主張したかったのだろうが、しかし、その場合でも、「果たして、400万円の借金は何に使われたのか?」という新たな疑問が生じることとなる。

小室圭さん奨学金完済の謎

また、先の上芝氏の発言が正しければ、小室圭さんはICU入学から卒業までに600万円以上の貸与型奨学金を借りていたことになる。しかし、なんと、小室圭さんは、この600万円を超える奨学金についても、すでに完済間近なのだという。

上芝氏は、『女性自身』(2020年12月29日号)の取材に応え「圭さんが眞子さまの一時金を当てにしていることなど一切ありませんし、そうしなければならない状況でもありません。現状、奨学金のうち貸与型のものについては、ほぼ返済を終えています」とも述べている。

これまで小室圭さんが正社員として働いていた期間は、卒業後に新卒社員として『三菱東京UFJ銀行』に勤務していた1年のみ。

小室圭さんが極めて優秀であり、同時に勤勉な努力家であることは、多くの人々が認めるところである。

そのように、真面目で誠実な性格の持ち主である小室圭さんが、これまで奨学金返済のために精一杯努力し、その優れた才能と能力を生かし懸命に仕事に励んでいたであろうことは想像に難くない。

しかし、それでもこれほど僅かな期間しか働いていないのに、大学卒業後に600万円以上の奨学金をほぼ返済し終えたというのはにわかに信じがたい。

また、ネット上では、現在でも、フォーダム大学で全額返済不要の奨学金を獲得したり、日本で勤務していた法律事務所から留学期間中も給与と同等の金額を受け取るといった“特別待遇”に対して疑問の声も多く上がっている。

ニューヨークのフォーダム大学で留学を続ける小室圭さん
学業成績も優秀で、在学中に執筆した金融に関する論文が専門誌に掲載されるなど目覚ましい成果も上げている

秋篠宮家の裏支援と公金横領疑惑

実は、こうした小室圭さんの特別待遇や、金銭問題の解決の裏には、秋篠宮家から裏支援があるのではないか、といった疑惑もあるようだ。

「実は、小室圭さんがパラリーガルとして勤務していた奥野弁護士事務所の代表である奥野弁護士は秋篠宮殿下と大変懇意な関係であることがしられております。

そのため、現在、小室圭さんが弁護士事務所から受け取っている支援金は、実際には秋篠宮家から出たお金が弁護士事務所を経由して、小室圭さんに渡っているのでないかと噂されているのです。

また、どうやら、小室佳代さんの元婚約者の男性A氏が債権放棄を宣言する前には、紀子さまがA氏に接触し、400万円のお金を振り込まれていたようだ、とも噂されております。

秋篠宮ご夫妻は眞子さまのことを大変心配されているため、小室圭さんを支援したいというお気持ちはよく理解出来るのですが、しかし、皇族のお金はほとんど全て元を辿れば国民の税金なのです。

仮に、秋篠宮ご夫妻が、実際に小室家を金銭的に支援しているとすれば、それは国民からの税金を使って私的に知人を支援していることに他なりません」(宮内庁職員)

こうした疑問を抱いているのは、実は宮内庁関係者や皇室愛好家だけに限られない。実は東京地検も現在、秋篠宮家を巡る不審な金銭の流れに対して疑問を持ち、捜査の開始まで検討されているという。

「これまで、菊のカーテンなどとも呼ばれ、事実上のブラックボックスと化していた皇室周辺の金銭事情ですが、現在では、これまでのタブーを打破し、東京地検なども捜査の手を伸ばすことを検討しているようです。

仮に、実際に捜査が開始されるとすれば、“公金横領疑惑”ということになるでしょう。もちろん、皇室に対して、こうした捜査が行われることは、歴史的にみても“異例の事態”と言えます(検察関係者)

果たして、こうした小室家を巡る問題をきっかけに、宮家の抱える闇が白日の下に晒されることとなるのだろうか。


11 件のコメント

  • 小室親子の警護費、眞子さまからの支援金、これらも国民の血税ではないのでしょうか?
    これらを是非解明してください。

    790
    4
  • 秋篠宮家に関しては空のスーツケースを大量に持って海外に行き、中身を調べないことを良いことに大量の献上品を持ち込んで、それを業者に売り捌いているという話もあります。
    高い改築費も一部を建設業者が裏から秋篠宮家に流しているという噂も。
    また川嶋家の別荘のインテリア費用も秋篠宮家から出ているという噂もあります。

    内廷皇族にならないのは、こういった自由を残しておきたいというのも一つの理由だとか。
    お金の流れをキチンと把握するのは必要でしょう。元は税金なのですし、皇室特権を振り回すのも皇族としてあるまじき姿です。

    729
    2
  • 6000万婚前旅行費、眞子さんの21歳の若さで出せる金額ではありません!
    徹底的にこの当時から洗い流してください!

    733
    2
  • 仮説だけど、美智子さん紀子さん雅子さんの実家は今は大金持ち
    妃達の親族は政界財界と繋がり不労所得を得ている
    開かれた皇室とは言うけど、結局特権階級が増えただけ国民は彼らを養わなければならない
    そして今皇女制度で更にその特権階級を増やそうとしている
    皇室というのは悪害の源かも知れないと言う仮説
    彼らは綺麗な服を着て帽子を被り、文章を読み上げるだけで神的扱いを受けているけどそんなの誰だって良いのだ

    138
    145
    • 皇后雅子様の御実家小和田家は、雅子さんが皇室へ入られたから大金持ちになったのでは有りませんよね。
      元々が裕福な家柄ですよ。

      美智子前皇后の御実家正田家は、元々が実業家て資産家ですが、明仁皇太子妃となられてからは政財界とのパイプが出来、閨閥で栄えられました。
      マスコミ業界にも大きな力を持っていて、雅子皇太子妃バッシングにも加担していたのですよ。

      皇族と結婚して一番美味しい思いをしたのは、何と言っても紀子さん実家の川嶋家でしょうに。
      お父様は、学習院大学講師から教授への出世。
      男子を産んでからは、別荘迄も買って貰えたのですからね。

      呉々も同等にしないで下さいませね。

      310
      1
    • 美智子の実家・正田家は、明治、大正そして昭和ひとケタ頃まで、正田家(醤油醸造業)は群馬県で納税額100位にも入っていなかったけれども、美智子が東宮妃になってから、正田家は美智子の妹・恵美子を昭和電工(すでに第二水俣病を起こした原因企業と言われていた)に嫁がせたり、他親族も財界と閨閥を築いて、さらに大金持ちになった。

      雅子の実家・小和田家は、父が外務省事務次官。超大金持ちとは言えないけれど、アッパークラスであることは間違いない。

      母の小和田優美子の父・江頭豊について。
      東京帝大法科卒業後、日本興業銀行入行。人事部長、中小企業金融公庫理事、取締役資金部長、常務取締役大阪支店長を経て、経営再建中のチッソに派遣され、社長、会長になる。

      雅子皇后の妹2人が財界へ嫁いだ事実は無い。

      川嶋家。
      紀子が秋篠宮と結婚する時、マイホームではなく職員住宅住まいだったのは有名な事実で、紀子の嫁入り支度は全て宮内庁が支払い、母・和代さんの手袋代まで宮内庁へ払わせたとか。
      その職員住宅から出立する時、模造真珠をつけたのも有名な事実。

      最近「紀子の父・辰彦はパチンコ会社の社長と懇意であり、一緒に韓国旅行を楽しんだ。」という記事が出ているから、金持ちになったと言えるかも。

      239
      2
  • 東京地検よりも、税務署が目を付けるのでは?

    奥野弁護士が、自分の事務所で雇っている従業員の小室圭がステップアップするために、留学費用を支給している。

    それは立派だと思う。

    では、その留学費用は、事務所の経費から出ているのか?
    奥野弁護士のポケットマネーから出ているのか?

    どちらから出ているにしろ、着手金、手数料、報酬、顧問料などから留学費用を出したと思われる。
    資産運用からの収益かもしれない。

    何千万円もの資金援助ができるなら、それなりの収益とか所得があるはずで、それなりの納税がなされているはず。

    納税額に見合わない資金援助だとすれば、それはどこから出ている金なのか?

    東京地検より税務署が先に動きそう。

    438
    1
  • 木下さん、本当ですか。ビックリしました。
    東京地検が本気で動き出したら、日本の民主主義も成熟に向かっていると思います。
    清らかな皇室を多くの国民は敬愛支持しています。

    276
    1
  • 『もう一人の「明治天皇」箕作圭吾(みつくりけいご)』という本が今年出版された。昭和天皇の父は箕作元八(みつくりげんぱち)で、箕作圭吾の弟!!と書いてある。
    明治天皇すり替え説は以前から有ったが、箕作圭吾という人物が明治天皇にソックリなんだが!!
    【安重根】も伊藤博文暗殺の理由の十五か条で、裁判において「伊藤博文は孝明天皇を殺害した!!大韓帝国民(当時)2千万人は皆んな知っている!!」証言している!!知らないのは日本人だけ!!
    浩宮様は祖母の香淳皇后が旧宮家であるので平成天皇の実子なら皇族の血が入っているが、昭和天皇や明治天皇が箕作家の人間でも関係ないが、秋篠宮さまが父親が違う疑惑があるのであれば、DNA鑑定して出自をハッキリさせて頂きたいものだ。

    大韓帝国とは1897年から1910年の滅亡に至るまで李氏朝鮮が用いた国号

    103
    3
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。