小室圭さん親族が“警告”「このままでは眞子さまが危ない!」 佳代さんの“仰天行動”が物議


文/佐藤公子

盲目状態の眞子さま

眞子さまは11月13日に、今年2月に延期の期限を迎えていた小室圭さんとの結婚について“お気持ち”を発表した。その中で眞子さまは「結婚は生きていくうえで必要な選択」と思いを情熱的に語った。また父・秋篠宮殿下と母・紀子さまもそれぞれの誕生日に際し「長女の気持ちを最大限尊重する」という立場を明確にされており、眞子さまと小室圭さんの結婚は確実となった。

だが秋篠宮殿下は11月20日に収録された誕生日会見において「二人の結婚を認める」と明言されながらも、「結婚と婚約は別問題」とし、さらに「多くの人が喜んでくれる状況にあるとは認識していない」との現状認識を示された。秋篠宮殿下は、2018年の誕生日会見において「国民が祝ってくれる状況にならなければ“納采の儀”はできない」と述べていることから「宮家として“納采の儀”を執り行うことはできないが、2人が結婚したいというのならばその気持ちは尊重する」という立場を示したと考えられる。元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように分析する。

「眞子さまが進むべき道は二つあると考えられます。一つは、国民の声に耳を傾け『多くの人が喜んでくれる状況』に至ってから結婚をする道です。このためには小室家が金銭トラブルなどについて真摯に向き合い、誠実な対応をとる必要があるでしょう。

ですが今回、発表された文章は眞子さまお一人の署名しかなく、小室圭さんとの連名ではありませんでした。眞子さまの結婚が延期になっている最大理由は小室家に課題があるわけですが、当事者は黙ったままです。ゆえに『多くの人が喜んでくれる状況』が近く得られるとは考えにくい。

ですから二つ目の道、つまり“納采の儀”を経ずに眞子さまは結婚を強行されると思います。もちろん皇室の婚姻行事をしないで結婚となれば異例中の異例であり、ある意味、皇族としての社会的責任を放棄したのと同義です。ゆえに眞子さまのみならず秋篠宮家への批判も免れないでしょう。ですが眞子さまは『恋している自分が美しくて大好き!私は悲恋のプリンセス!“ロミオとジュリエット”のジュリエット!アナ雪のエルサよ!』と酔いしれている状態だとか。もはやご両親も宮内庁もなす術無しのようです」(小内誠一さん)

麗しのプリンセス眞子さま。美しさは永遠だ。小室圭さんへの愛の深さに国民一同驚かされた。

本記事は、2020年11月27日掲載記事の再掲です。

眞子さまも知らない小室家の「本当の姿」

眞子さまの驚くべき盲目状態。『週刊新潮』2020年11月26日号で、精神科医の片田珠美さん(ラカン派精神分析が専門)が「眞子さまは“惚れ込み”の状態」にあり、隷属・従順・無批判の三状況に陥っていると指摘しているが、まさにその通りの状況のようだ。しかしお二人の発表が「国民の祝福」を呼び寄せることなどあり得るのだろうか?

「小室家への国民の想いは荒れる一方です。メディアが明らかにした小室家の闇はあまりにも深い。皇室のみならず、一般家庭のお相手だとしても『ご遠慮』する家庭です」(週刊誌記者)

小室圭さんの母・佳代さんの借金問題が晒されてから、次々と「闇」が明らかになった。その中でも最も深い闇が、小室家の「連続自殺問題」だろう。

圭さんの父・敏勝さんのみならずその両祖父母までも自殺したことが明らかになっている。保守派の論客として有名な西尾幹二氏も「小室氏が父親と祖父をともに自殺で亡くしていると聞いて、私は足下から恐怖感に襲われました」と述べている(Will2019年4月号)。

今回はこの小室圭最大の「闇」である、父・敏勝さんの自殺問題について深堀していきたい。

2002年3月5日未明――。

小室圭さんの父・敏勝さんが縊死を遂げた時刻だ。

「ご実家で療養していた敏勝さんを、佳代さんが強引にマンションに連れ戻した矢先の出来事です。(敏勝さんの)お母さまは、佳代さんに大変お怒りでした」(敏勝さんの近縁者)

縊死ではなく、焼身自殺を遂げたとの声もネットにはあるが――。

「焼身自殺ではありません。首吊りです。火葬される前の敏勝の姿もこの目で見ています。首にアザがあったので間違いないでしょう。場所は自宅近くの鶴見川河川敷にある水門です」(同前、敏勝さんの近縁者)

そういって筆者を自殺現場まで連れて行ってくれた。下の写真がまさにその現場だ。

自殺した水門は、小室家から北に20分ほど歩いた場所にある。

鶴見川河川敷
小室敏勝さんと角田佳代さんの結婚式。

自死前の敏勝さんの状況

2002年3月5日未明に敏勝さんは一人外に出かけ、それを佳代さんと圭さんが追っていくと、縊死した敏勝さんを見つけたという。事件性はなかったのか?

「当時、敏勝が精神的に参っていたことは私も知っています。実家で療養していた時、夜中に寝巻のまま一人で歩き、警察の厄介になったこともあり、いつ自殺してもおかしくない状況でした」(同前、敏勝さんの近縁者)

だが、少なくとも実家にいたときは敏勝さんの状態は安定しており、徐々に回復傾向にあったという。それを無理やり横浜の自宅に戻したのが佳代さんだ。

「自殺する前から、敏勝さんのお母様は『こうなったのは佳代さんが悪い。離婚しなさいと言っているのだけど…』と何度も仰っていました。実家に敏勝さんを呼び寄せた理由も、うつ病の原因が佳代さんにあると思ったからでしょう。

ですが自殺の10日前ほどに佳代さんが突然乗り込んできて、敏勝さんを横浜の方に連れて行ってしまったそうです。佳代さんは『敏勝がいないと、圭の学校の送り迎えが大変』だとか『うつ病は甘え』だとか言いたい放題言って、敏勝さんを連れて帰ったそうです。そういう意味では、“佳代さんが殺したようなものだ”というのは当然でしょう」(同前、敏勝さんの近縁者)

『週刊文春』2018年5月3・10号によれば、小室本家筋の縁者が、小室圭さんの父・敏勝さんの自死について「あなたが殺したようなものだ」と語っている。小室家ではこの認識が広く受け継がれているようだ。

「圭くんの父・敏勝さんだけではなく、祖父と祖母も相次いで自死しています。眞子さまが圭くんと一緒になるということは、このままでは眞子さまの命も危ないということです」(同前、敏勝さんの近縁者)

奇しくも眞子さまは「結婚は生きるために必要選択」と13日に発表された文章で語った。結婚できなければ生きていけない——裏を返せばそういう意味だ。だが小室家の親戚筋は「結婚しても命が危ない」と語る。

敏勝さんの自殺現場を前に、筆者は思わず合掌した。

笑顔で婚約内定記者会見に臨む眞子さまと小室圭さん。素敵な微笑みが眩しい。2017年9月3日

2件のコメント

鶴見川なのですか?
つい先日のNewsポストセブン(小室圭さんの父と祖父の自死に新証言 母・佳代さんが放った言葉と嫁姑問題 2020年12月17日)には現場は多摩川で、第一発見者も小室母子ではなく、立川警察署から連絡が入ったとありますが。

昼間、国立音小の保護者会にお父さんが来ていたというから、多摩川が正しいのでは? また第一発見者が小室母子だと小室母とその仲間による陰謀を疑うレベルですが、警察ではその印象が随分変わりますので、是非事実の確認を。(べつに小室母子の肩を持っているのではない。)

76
4

事実はどうだったのでしょうか?自死の当日、保護者会に敏勝氏は来ていた
それからの行動が国立のアパートに帰ったのか?大倉山の自宅マンションに帰ったのか?
二つの説がありセブン記事では親族、友人を国立のアパートに集め敏勝氏の捜索をしていたが24時間経ってから警察に行方不明届を出したという。その後、警察から多摩川の近くで自死の敏勝氏を発見の連絡を受けたとある。
もう一つは当初の記事確か大倉山の行きつけの喫茶店夫婦の証言でした。夜中、大倉山のマンションで寝ていたら玄関戸がバタンと音がして夫が居ないので圭を抱きかかえ後を追って自死した夫を見つけ佳代さんが第一発見者になっていると話していますね
一晩中泣いて話をする佳代さんをマンションの近くまで車で送ったそうな。
これはとても大事なことでキチンと洗いなおしてほしいし事件性を感じます

65

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。