眞子さま「結婚後は年に一回海外旅行に」の夢 「皇女制度創設を楽しみにされている」と関係者


文/高山麻子

2021年の皇室

2021年の皇室は、愛子さまが20歳の成人皇族を迎え、眞子さまが30歳の節目を迎えられる。眞子さまを巡っては、小室圭さんとの結婚が急展開を見せており、11月30日の秋篠宮殿下の誕生日会見では、初めて「二人の結婚を認める」という発言があった。

「眞子さまと小室圭さんは、2021年7月の小室圭さんの弁護士資格受験を待って、2021年中の結婚を目指しておられるそうです。皇女制度創設が決まれば、眞子さまが皇女の第一号となることが想定されます」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

この皇女制度をめぐっては、国民からの強い反発がある状況だ。ネットニュースなどには、次のようなコメントが並ぶ。

〈結婚相手の収入が不安でも生活できるように、眞子さまの為に創設するのでしょう〉

〈世の中には変化しているのだから、皇室とて公務の棚卸し等をまず検討するのが先では〉

〈皇位継承を男系皇族に限定せず女性が天皇になれるよう法令を改定することが大切。歴史的にも世界的にみても男系皇族だけが天皇になれることに必然性はない〉

憲法違反となる可能性も

結婚後の皇族女子に特別職の国家公務員となってもらい、公務の担い手を確保、公務員としての手当も支給されるという皇女制度。いまだ検討段階にあるものの、ある政府消息筋によれば「皇女制度の創設はほぼ確定的な状況」という。

一方、野党ではこの件について異論が挙がっており、立憲民主党の枝野幸男代表は「安定的な皇位継承を確保するための具体的な論議が最優先。これを徹底討論してもらいたい」としている。また、国民民主党の玉木雄一郎代表も、「皇女は天皇の娘を指す言葉だ。それ以外の女性皇族に使っていいのか」との意見を述べている。

また、これまで検討されてきた「女性宮家」とは異なり、皇女は一般国民となった元皇族女子に適用されるものだ。日本国憲法には職業選択の自由(憲法22条)があり、「皇女」の辞退者が出る可能性もある。更に、憲法14条には「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。華族その他の貴族の制度は、これを認めない」の条文がある。皇女に対して支払われる手当の金額は、一説には年額600万円とも、1500万円とも言われている。

「皇族出身ということで、その将来が未来永劫にわたり国から保証されることに、微妙な思いを抱く国民も多いようです。もし眞子さまと小室圭さんがご結婚し、皇女制度の第一号となる運びとなれば、このことをめぐり大きな論争が起きる可能性が高いのです」(同前)

眞子さまは非常に前向き

また、ある秋篠宮家の職員は眞子さまが「皇女制度」の第一号となることに非常に前向きであることを明かす。

「やはり、眞子さまの心配は、小室圭さんとの結婚後の生活のことでした。これまでのように潤沢な資金で、小室圭さんのやりたいことを最大限応援していきたい、お二人で年に一回は海外旅行にも行きたい、そんな理想的な生活を叶えるために、皇女制度はうってつけのもの。これまで小室圭さんについて様々な批判をぶつけられ、おつらい思いをしてきた眞子さまにとっては、まさに怪我の功名とも言える制度です。眞子さまは国民がどのような意見をお持ちであろうとも、皇女を辞退されるという道はお選びにならないでしょう」(秋篠宮家の職員)

眞子さまと小室圭さんについては、2021年も引き続き大きな関心を集めそうだ。

眞子さまを見つめる小室圭さん。その眼差しは、眞子さまマネーに向けられている

10件のコメント

年一回の海外旅行なんて中流レベル
内親王に生まれながら随分と控えめなことで

43
227

税金をたっぷりと使って留学(しかも単位まで落として!)した後に、小室と「6000万」もかけて“ヨーロッパ旅行”を楽しむようなお方です。。。
庶民と同じレベルの「海外旅行」となる訳がないでしょう!しかも、皇女制度で得たお金で旅行するというのはまたもや税金を使用した旅行となる!!

海外旅行行きたいなら小室の稼いだお金で行って下さいよ❗そもそも、小室は弁護士になったら、一億円プレーヤーになるんでしょ?
だったら、一時金も皇女制度も眞子さん達には全く必要なくない?

235

超豪華長期旅行なのですよ。
飛行機はファーストクラス、ホテルももちろん五つ星の最高級のスイートルーム。沢山の職員が付いていき、スタイリストも付く。そのためのドレスや着物も皇室のお金で新調。

庶民が行く旅行とは全く違いますので。

350
1

公務とはいえスキャンダルまみれの眞子さまをお呼びしたいという団体があるのでしょうか。

428

慎ましく月2万円の献立とかな本を立ち読みなさってた頃が懐かしいですね

皇女制度で海外旅行?
どんどん厚かましくどんどん気が大きくなり
それに比例してどんどん国民の心が離れていってますけど
雑音だからいいんですよね

346

そもそも、皇女制度という特別身分の制度を持ち出したのは、眞子夫婦の経済を支えること以上のねらいがあるんだ。

悠仁に子供が生まれないときに(噂どおりにもしチャージ症候群ならその可能性も大いにある)、眞子を皇族に戻しやすくのが本当のねらい。

皇女制度なんか通したら、そのうち眞子圭の子供が天皇になるぞ。
要するに女性宮家と同じ、皇統の維持を狙った制度で、公務の担い手の確保は表向きの言い訳。

323

皇女制度=女性宮家

かつて中曽根さんが「大型間接税というものを導入することはありません。」と言いつつ消費税を導入したのと同様のことなんでしょうか?

227
1

結婚しないで内親王のままのほうが、数十億の秋篠宮の新装豪邸に住める。まさか眞子様の部屋が6畳間一つということはないと思うので、小室氏も平安時代のように通婚をして、秋篠宮邸に流連すればよい。
内親王のままなら,今,税金から出ている皇族費の912万円は永久に出るし、皇女制度など使わなくてもVIPで警備付きで国内海外旅行に行けるのではないか。小室母だって秋篠宮様の旅行のように随員として連れていける。
さらに結婚しなければ国民から非難される理由もない。戸籍上の夫婦なんて気にしなくても困らない。もし、子供が出来ても小室氏は子供を認知すればよいだけで、今の皇室典範には規定がないけど、内親王の子供だから皇族にするしかないだろう。

5
50

男性はずっと妾を持ってきたんだから、小室は男妾でいいでしょう。だって眞子さん自体が(結婚するときは皇籍を離れる時と思ってきたと言いながら)駆け落ちするほど愛してないんだから。
ただ、子供は産まない、産むなら赤ちゃんポスト、お手当は自分で稼いだ額からだけ、にしてほしい。

結婚しないで内親王のままのほうが、数十億の秋篠宮の新装豪邸に住める。まさか眞子様の部屋が6畳間一つということはないと思うので、小室氏も平安時代のように通婚をして、秋篠宮邸に流連すればよい。
内親王のままなら,今,税金から出ている皇族費の912万円は永久に出るし、皇女制度など使わなくてもVIPで警備付きで国内海外旅行に行けるのではないか。小室母だって秋篠宮様の旅行のように随員として連れていける。
さらに結婚しなければ国民から非難される理由もない。戸籍上の夫婦なんて気にしなくても困らない。もし、子供が出来ても小室氏は子供を認知すればよいだけで、今の皇室典範には規定がないけど、内親王の子供だから皇族にするしかないだろう。

1
41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。